口臭よサヨウナラ〜舌苔の支配からの解放〜

 

koushuu

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

さて、今回の講座では「口臭対策」といたしまして、
人間関係を構築していくうえで、
最も重要な臭いである「口臭」の対策についてお伝えしていきたいと思います。

 

まず始めに自臭症でないか確認を

人間は、会話をするときに面と面を向き合って話をします。
そのため、人と接するについて避けて通れないのが、口臭です。

口臭については、コンプレックスをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実は私自身も、口臭に非常に大きなコンプレックスを抱えておりました。

今も鮮明に覚えておりますが、私が口臭を気にするようになった原因は、
中学生時代に同級生から口の臭いについて指摘を受けてからです。

それ以来、非常に長い期間人前で堂々としゃべることが出来ずにおりました。

「自分の息は臭い」という強迫観念が常に付きまとっていたからです。

 

ちなみに、私の場合は実際に口臭があったと思われますが、
自分の口臭を気にされている方の中には『自臭症』と呼ばれる症状の方もいらっしゃいます。

自臭症とは、自分が嫌な臭いを発生ていると思い込んでしまう症状のことです。

口臭対策において最も難しいのは、自分で自分の口臭の臭いが判断できないところです。

自臭症の疑いがある方は、一度、歯医者さんに診てもらうのが良いです。
一発で判断してくれます。

臭いについては、家族や友人には、お願いしにくいでしょうし、
また、お願いできたとしても正確な答えが返ってくるとは限りません。

人に「口が臭いね」なんて言えるのは、基本的にデリカシーの無い人だけです。

ハードルは非常に高いですが、自臭症疑いの方は
一度、歯医者さんへ行かれることをお勧めします。

 

口臭を改善する方法

と、いうことで、この講座をお読みの方は、
自臭症でない方と見なさせていただき解説を始めたいと思います。

口臭を改善するのに必要な対策は以下のとおりです。

○ 歯磨きをする
○ 舌をケアする
○ ガムを噛む
○ 臭いの原因となる食事を控える
○ 胃を正常に機能させる

上記の事項がきちんとできれば口臭は予防できます。

 

歯磨き

まず、歯磨きです。
口臭対策の基本中の基本と言ってよいでしょう。

ちなみに私は、歯磨きを一日に3~4回します。

「やりすぎだ」と、思われる方もいると思います。

私も、他の方と比べ多いとは思います。
しかし、もう慣れたのでなんとも思いません。

平日であれば、以下のようなタイミングで歯を磨きます。

○ 出勤の前(6~7時)
○ ランチの後(12~13時)
○ 夕食の後(18~19時)
○ 寝る前(24~28時)

至極当然のタイミングだと思ってます。

やはり、食後には歯を磨くことが口臭を予防する上で重要となります。

ただし、歯磨きをたくさんすればいいということを申し上げたいわけではありません。
口臭対策を講じるにあたっては、歯磨きが必要最低限の方法ということです。

社会人であれば、業務上歯磨きが難しいこともあるかと思いますが、
その際は、ガムを噛むなどの対応ができれば、良いと思います。

 

また「歯を徹底的に磨き上げなければならない」と誤解をしないでください。
前の記事でお示しした通り、臭い対策においてやり過ぎはよくありません。

私の場合は、やわらかい毛の歯ブラシを使い、
歯磨き粉は、どちらかというと少量、
磨き方は、軽いタッチで微振動を加えるように、
あまり歯に刺激を与えないように磨いています。

口臭を改善しようとするあまり、
固い歯ブラシを使い、
大量の歯磨き粉を出して、
強く激しくブラッシングする、
これはよくありません。

歯は、一生をかけて使う消耗品です。

固い歯ブラシで激しくこすれば、歯が削られていきます。

また、磨きすぎにより、歯茎が下がってしまい、
知覚過敏の原因にもなりかねません。

丁寧に、やさしく磨いてあげましょう。

 

また、歯磨きの前後で高刺激な洗口液(具体名は出しませんが・・・)
これを使用する方もいると思いますが、多用は控えた方がよいです。

洗口液にはエタノールなどの成分が多く含まれているものがあります。

口腔内は粘膜で覆われており非常にデリケートなエリアです。

なので、洗口液を使いすぎると粘膜や舌がダメージを受けたり、
口内が乾燥したりするなど、正常に機能しなくなってしまう恐れがあります。

私も洗口液は使いますが、ここぞの状況でしか使いません。

一日数回、適宜適切に歯磨きが出来ていればまずは問題はないでしょう。

 

舌のケア

さて、二つ目は舌のケアです。

口臭対策において最も重要で最も難しい部分です。
ここが口臭対策の肝(きも)となりますので、良く読んでみてください。

さて、口臭対策について、知識が付いてくると、
歯磨きだけでは解決できない問題であり舌のケアも非常に重要なんだ、と気づきます。

あなたもすでに舌のケアをされているかもしれませんね。

舌の表面には、舌苔(ぜったい)と呼ばれる白い付着物が付いています。
これが口臭の原因の最たるものと私は考えています。

これを取り除くことである程度口臭を改善することができます
・・・が、やり方を間違えるとかえって口臭が悪化してしまうこともあります。

まず、絶対にやってはならないのは、舌を歯ブラシでこすることです。
これは、口臭対策においては絶対にNGです。

舌の表面は、非常にデリケートであり、傷がつきやすいです。
歯ブラシのような強力なアイテムに耐えられるようにはできていないのです。

舌の表面が傷つくことで、逆に舌苔が付着しやすくなり
かえって口臭が酷くなってしまいます。

口臭に気を使われている方が多く陥る負のスパイラルがここなのです。

 

では、どのように舌苔を取り除けばよいのでしょうか?

私のお勧めする舌苔の除去方法は「濡れたティッシュで軽くこする」です。

やり方は至極簡単です。

まずは、口を軽くゆすぎます。
これは、舌の表面の唾液を適度に取り除くためです。ただし、軽くでいいです。

次に、ティッシュを2枚ほど適当にとり、軽く丸めて水に濡らします。

そして親指以外の指の上に乗せ、舌を出して、舌苔を軽くこすり取りましょう。

そうすると、黄色っぽい汚れが付着していると思います。

ティッシュを裏返して、もう一度軽く、舌の上をこすります。

これだけでOKです。

 

ただし、これも歯ブラシほどではないですが、
舌にダメージを与える行為には変わりありません。

やりすぎると、舌がザラザラになり
逆に舌苔が付着しやすくなってしまいます。

やり始めると、癖になってしまいがちですが、
できれば一日一回程度にしておいてください。

神経質な方は特に気をつけてください。重要なのは、適度適切です。

ちなみに、口腔内が安定してくると、ティッシュで軽くこするだけで舌苔はほぼ除去できます。
逆に、口腔内が不安定であると、何回こすっても舌苔は除去しきれません。

そんなときは、この講座全体を良く見返していただき、口腔内を安定させましょう。

 

ガムを噛む

歯磨きの後は、キシリトール系のガムを噛むことをお勧めします。

ガムを噛むと唾液がたくさん出て口腔環境が良好になりますし、
またほのかな香りもまとうことができます。

歯磨きをする時間のない忙しい社会人の方でも、
ガムを噛んでおけば、とりあえず口臭はカバーできるでしょう。

また、ガムを噛むことで出てくる「唾液」は消化酵素の一つでもあるので、
胃腸の機能を安定させる効果も期待できます。

なので、ガムは常に常備しておきましょう。

 

ただし、女性と会話するような時に甘い香り(グレープ系やベリー系)は
控えた方が良いかもしれません。

嫌な口臭がするのは論外ですが、口から甘い香りのする男性もキモいです。

実は私も甘いガムが大好きなのですが、
会話する前には、水やお茶などでリフレッシュします。

加えて、一般常識的なことですが、目上の方と話す時、
特に管理職の方と話すときには、ガムはご法度です。

この年代の方の中には、人と話す時にガムとは何事ぞ!
と思っている方もいらっしゃいますので、適宜適切な対応を心掛けましょう。

 

臭いの原因となる食事を控える

悲しいかな、身体が欲するものほど臭いの原因になりがちなのです。

 

コーヒー

その筆頭がコーヒー。

私は、超が付くほどのコーヒー好きです。
特にアイスコーヒーは美味しすぎます。

自己をコントロールをしなければ、一日に5杯くらいは軽く飲んでしまうでしょう。

しかし、素敵な香りのコーヒーですが、
舌に舌苔が付着しやすく、口臭の原因になります。

特に、缶コーヒーは舌苔になりやすいです。
飲むなら、喫茶店のコーヒーやコンビニにある淹れたてコーヒーなどが良いかもしれません。

飲んだ後、しばらくしたらガムを噛むことをお忘れなく。

 

にら

意外に強力なにおいに変化するのが、にらです。

ランチに野菜炒め定食などを食べたときは要注意です。

にらには「アリシン」という物質が入っており、
これは胃から肺に移り、息自体を臭くしてしまうのだそうです。

この物質は、熱に弱いそうなのですが、
私の良くいく中華料理屋は、あまり炒めてくれないので、
臭いがより強烈になってしまい、困っています(涙)

 

にんにく

そして、口臭に多大な影響を与える食材。
それは、にんにくです。

そんなの知ってるよと言われてしまうかもしれません。
しかし、にんにくの恐ろしさは単純なにんにく臭だけではありません。

あなたの口臭を、嫌な臭いに変化させてしまうのです。
しかも長時間。

何回歯を磨いても、なんだか嫌な臭いがする。
なんだろう。

そんな時、原因はにんにくだったりします。

いわゆるにんにく臭ではなく、あなたの口臭を数倍に膨らませるような
そんな負の能力を持っているのです。

さらには、にんにくの臭いは消化器官で吸収された後、全身に回り
あなた自身を臭い人間に変化させます。

とてつもない破壊力を持っているのです。

なので、デートの3日前から控えた方が良いと思います。

とはいえ、にんにくおいしいですよね。
私は、にんにくを投入したこってりラーメンを食べることが至福の一時です。

 

胃を正常に機能させる

上記のような注意点を踏まえた上で、最高の口臭予防をお伝えします。

それは、バランスのとれた食生活です。

これは、理屈もなにもないのですが、私の経験値です。

世の中には、本当に口臭の無い女性っていますよね。
(男で無臭はあんまりいないのですが)

私は、さりげなく職場の女性に食生活を聞くようにしているのですが、
口臭の無い女性は、とにかく食生活がきちんとしています。

そして、食後の歯磨き、ガムなどキチンとメンテナンスもしています。

逆に、しょっちゅうお菓子などを間食している女性は
臭いがあったりします。

バランスのとれた生活習慣って難しいと思いますが
モテるために少しずつ、自分をカスタマイズしていきましょう。

 

ブレスケア様

最後に、一時的口臭対策として最強のアイテムをご紹介します。

今夜はデート、ということを忘れ、にんにく入りラーメンなどを食べてしまった場合。
このままでは、キスが上手く出来ても、そこで終了。なんてことにもなりかねません。

そんな我々を救ってくれるスーパーアイテムがあります。
胃から嫌な臭いを消し去って下さります。

それは・・・ブレスケア様です。
ちなみに「噛むブレスケア」ではなくカプセルタイプの方です。

ストロングミント← 私の愛用している「ストロングタイプ」

詰め替え用もありますが、確か、500円くらいします。
ちょっと高いですが、効果は最強。

私は、デート前には必ず服用します。是非お試しください。

 

記事をお読みいただいて、ありがとうございました。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ