職場でモテるために直すべき3つの課題

 

shokubade

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は「職場でモテるために直すべき3つの課題」について解説をさせていただきたいと思います。

非常に細かい部分が多いですが、このようなことに気を付けられるかどうかで、職場という「他人の目がひしめく」環境でモテるかどうかがきまるのです。

では、解説を始めます。

 

 

仕事の出来ない男はモテない

まず、職場でモテるための大前提として、
ガイダンスでもお伝えしたとおり
仕事の出来ない男はモテません。

ドラマやマンガのように、
駄目男がモテることは現実社会ではないのです。
仕事が出来ない男がモテる理屈はありません。
モテの市場は、非常にシビアなものです。

 

学生時代などは、イケメンが非常にモテ
女性にキャーキャー言われることでブランディング(価値)が高まりました。

しかし、社会人になると、イケメンだけではモテなくなっていきます。

カッコいいと言われても、仕事が出来ないと、
カッコいいというレッテルは貼られるものの、モテることはないです。

職場においては、仕事の出来ない男は価値の低い男と見なされるからです。

 

女性は一人にしか抱かれたくない

では、どうして、こんなにもシビアなのでしょうか?

これは恋愛の基礎とも言うべきことですが、
「女性にとって抱かれたい男は1人だけ」だからです。
男性は、様々な女性を抱きたいと思いますが、
女性は、たった一人の男性にしか抱かれたいと思いません。

その女性にとって、最も価値のある男のみが、抱けるのです。

これは、恋愛アプローチだけの話ではなく、
ストリートナンパなどの短時間のアプローチにおいても同じです。

ストリートにおいては、短時間でその女性にとっての
最高価値の男になることで、口説くことができるのです。

 

モテるために直すべき3つの課題

では、実際に職場でモテるためにするべきことについての
解説を始めたいと思います。

まずは、マイナス部分の改善するということです。

モテについては、全般的に、
マイナス部分をなくすことが一番重要だと思っています。

ここからは、職場でのマイナスをなくすということで、
仕事のやり方などに言及することになりますが、
モテの為と思って我慢してください。
(職場でもないのに、仕事の注意なんて聞きたくないですよね)

 

ルーチンをおろそかにしない

まず、一つ目は、ルーチン業務を怠らないということです。
仕事の出来ない人の典型の一つと言えます。

社会人経験が増えていくにつれ、
本来業務やルーチン以外のイレギュラーな対応が増えていきます。

突発的に企画書を提出しなければならない。
懸案だった課題を解決しなければならない。
新規事業を立ち上げることになった。

非定型的な業務は、時間も質も問われてきます。
こうなると、通常はルーチンがおろそかになりがちです。

特に、仕事の出来ない人は、この傾向が顕著です。

今、大きな仕事をやっているので、些末な業務はどうでもいい。
こんな作業は、もっと程度の低い奴がやればよい。
なんで、わからないんだ。俺は、とても忙しい。

しかし、あなたの周りに仕事の出来る人間がいれば、観察してみて下さい。
きっと、ルーチンをおろそかにせず、淡々と対応しているハズ。

忙しい中で、ルーチン対応の目途を立てる。

そして、ルーチンがしっかりしていると職場で頼られます。
抜けがない印象を与えます。
ビルで言うと一階部分がしっかりしている。

すると、職場でも仕事が出来る男に見られるというわけです。

なので、意識してルーチンを行うように心がけましょう。

 

机やデスクトップをきれいに保とう

机周りやパソコンのデスクトップが汚い人で、
仕事が出来る者はいません。

仕事ができる人の机周りやデスクトップは非常にスマートです。

これらがきちんとなっていない人に限って、
「あの資料見せて」や
「あれどうなってる」に対応できません。

それもそのはず。
整理整頓が出来ていないから、必要なものがすぐに見つからないのです。

 

職場ごとにルールなどがあるかとは思いますが、
業務ごとにファイリングをしておくことだ重要です。

自分の仕事を掌握できない男に、
女性を掌握することはできません。

デスクトップについては、
なるべく限られたファイルに区分するようにしましょう。

間違っても、何が入っているかわからない
エクセルやワードのファイルがデスクトップに散乱することのないように。

 

デスクトップには、カスタマイズ専用のソフトなどがあります。
職場でこのようなソフトをインストールできないことも多いかと思いますが、
使えれば、一気にデスクトップが整理されます。

ちなみに整理整頓の理想は、
あなたが突然仕事に来れなくなっても、
他の人が簡単に引き継げるような状態にしておくことです。

どこになにがあるかわかる。

さらには、今の仕事の現状は?問題点は?
解決策は?将来像は?
どのような状態にあり、どこに向かっているのか?
このようなことを洗い出しておき、わかるようにしておく。

ここまでしておければ、あなたはモテる上で必要な
整理整頓ができていると言えるでしょう。

 

人の悪口を言わない

人の悪口を言ってはいけません。

これについては、仕事の出来る人にも多いですが、
悪口を言って、いいことは何一つありません。

いいたい場面は多々あるかとは思いますが、
悪口を言った方が良い場面は無いのです。

人の悪口を言う人は、器の小さい男。
格の低い男と認識されます。

さらには、自分も別の場所で悪口を言われているのでは?
と、相手を不安にされてしまうこともあります。

男性、女性、先輩、後輩。
誰に対しても他人の悪口は言わないようにしましょう。

どうしても言いたくてしかたがない時は、
どこかに大きな穴を開けて叫ぶか(笑)
あるいは、親友と呼べる人にのみ
愚痴をこぼす程度にしときましょう。

 

ちなみに、悪口を言うような男性は
当然女性にモテません。

ただし、女性から悪口が出た場合は、
軽く乗るくらいはしといたほうがいいかもしれません。

私の場合は、女性の話はあまり真剣に聞いていませんので、
たいして気になったことはないのですが・・・

さて、職場の上司からの小言のような記事になってしまい
大変申し訳ありませんでした。

次の記事では、職場でモテるために
有利なキャラクター作りについてお話いたします。

→ 職場でモテるキャラクターとは

 

このページの先頭へ