職場における女性へのアプローチ方法(撒き餌法)〜複数の女性をターゲットにする〜

 

きよぺーです

あいつよりモテるブログ!
お読みいただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、職場における女性へのアプローチ方法の中で
私が得意としている「撒き餌法」について解説したいと思います。

撒き餌法と聞いて、どのようなアプローチ方法が
想像がつきますでしょうか?

 

純愛からの脱却

さて、まず、職場アプローチをするにあたって
重要なスタンスをお伝えしなければなりません。

それは、純粋・純愛
このような恋愛スタンスは辞めなければならない
ということです。

どのようなことかと申しますと、
純愛男は、女性にモテないということなのです。

あれ、じゃあチャラ男や浮気男がモテるの??
と、疑問に思われている方も多いかと思いますが、
それも答えの一つです。

純愛男よりも、チャラ男などの方がモテます。

では、なぜ純愛男はモテないのでしょうか?

それは、重いから。
これに尽きます。

重いんです。そして、余裕がないのです。

モテを目指すにあたって、重要なポイントの一つに
女性に逃げ場を与えてあげる、ということがあります。
これは、つまり、あなたの余裕さ。懐の深さにもつながります。

女性は、がんじがらめにしてくる男や
一途な男性を拒否する傾向が強いです。

これは、昨今のストーカー的な行動をする男が
クローズアップされていることも要因となっていると思います。

詳しい解説は割愛しますが、とにかく、
女性を口説くにおいては、一途は禁物。
いや、一途でもよいですが、一途に見られることは避けましょう。

 

撒き餌法について

では、純愛男のスタンスをとらないとなると、
一体、どのようなアプローチをかけるのでしょうか。

これがつまり、撒き餌法になります。

 

複数の候補選定

どのような方法かと言いますと、
あなたは、アプローチする女性を数人選んでおいてください。

大きな職場であれば、気に入った女性が複数いるのは
珍しいことではないハズです。

特に、同じ職場で複数選べなくとも、あなたの生活する
動線上の女性であればOKです。

今回は、3~4人いることにしましょう。
私もこのくらいの人数で行います。

 

同時にアプローチしていく

では、複数の女性が選べたら、
その女性全員に、少しずつ話かけに行きます。

この時に必要となるのが、前の記事でお話しした
老若男女に話しかけているキャラ作りです。

これをしておかないと、ただのチャラ男に認定されてしまいます。

チャラ男は、社会人の女性を口説き落とすことには、不向きです。
なるべくは、ノーマル男性キャラでいましょう。

どんな会話でもいいですが、なるべくユニークな
会話にした方が良いでしょう。

注意は、誘うような雰囲気には持っていかない事。
まずは、いろいろな女性をつついていくことから始めます。

例えば、

「なんか、面白い靴履いてるね。上靴みたいだよね」

「ストライプ好きですよね」

「髪切った?うまいよね、切るの」

などと、笑いがとれるような会話をしていきましょう。

別に、一言二言でOKです。
とりあえず、話しかけていきます。

ただし、話しかけておいて、相手の反応を待たずに、
その場を去るのは辞めてください。

これでは、変人や格下男と認識されてしまいます。

 

高反応女性をメインターゲットに

さて、このように、複数女性にアプローチをかけていると、
その中で、高反応を示す女性がいるはずです。

たとえ、高反応はいなくとも、
複数女性の中での一番を選定できれば良いです。

この女性こそが、今回あなたが口説き落とす
メインターゲットになるのです。

この複数女性へのアプローチからのターゲット選定。
まるで、撒き餌をして集まった中から、一番近くにいる魚を捕獲するかのごとく。

その後は、この女性に対して、濃いアプローチを仕掛けていくのです。

是非、試してみて下さい。

 

詳しいサシ飲みへの誘い方については、こちらの記事をどうぞ。

→ サシ飲みへの誘い方

 

このページの先頭へ