遊びのないトークをしていませんか?

 

asobi

 

今回は女性が嫌がるトークについてお話しさせていただきます。

まあ、嫌がるというよりも、女性から心地よく思われないトークと言うべきでしょうか。

 

さて、女性とのトークで目指すべきはどのようなトークでしょうか。

我々が目指すべきは、
女性から頭がいいと思われたり、
女性から凄いと思われたり、
女性から話上手と思われたり、

このような評価をもらうことではありません。

我々が目指すべきなのは、一緒にいることが心地よいと思われる男です。

なので、女性とのトークにおいて、理論的な話をしたり、女性の話の誤りを正したり、このようなことをする必要が無いわけです。

 

ここで今回の本題。

女性とのトークにおいては、話の論理性や適格性は不要であるということ。

もっと言えば、そのようなものは排除すべきということ。

これを肝に銘じておきましょう。

女性は、トークを楽しめない男性のことを良くは思いません。

「あれ、さっきと言ってること違うんじゃない?」

「あれ、結局どっち?」

「要するに、何なの?」

こんな返しをしているようでは、女性に好かれることはありません。

男性同士のトークであれば「ああ、この人は頭の回転が早いなあ」なんて、リスペクトされることはありますが、女性はこんなこと思いません。

「なんか嫌な感じ」

「つまんない男」

こんな風に評されて終わりです。

いわゆる「デキる」タイプの男性はトークで女性に嫌がられている場合が多いような気がします。

要は、トークに遊びがないんです。

 

遊びのないトークをする男を、女性は器の小さい男と見なします。

女性側の様々なオファーに対応できない男と思われてしまうわけです。

女性とのトークでは、あまり気負う必要はありません。

逆に、

「あれ何の話だっけ」

「見とれてて、全然聞いてなかった」

「超わかんない。小卒なもんで」

こんな適当なトークの方が、女性から好感を持たれます。

 

しかし、この記事をお読みの方の中には「そうはいっても女性から馬鹿にされないだろうか?」と心配される方もいらっしゃると思います。

でも、女性はそんなことでは男性を見捨てません。

例えば、社会人であれば、仕事をきちんとした上で、このようなトークが出来れば、全く問題ありません。

強がったり、見栄をはったりすると、女性に器の狭さを見破られ、心の中で蔑(さげす)まれてしまいます。

女性にほめられる必要はありません。

女性を笑わせる方が100倍有効です。

女性を笑わせる有効な方法として「いじる」という方法があります。

こちらの記事で詳しく解説しておりますので、参考にどうぞ。

正しい女性のいじり方

 

 

 

このページの先頭へ