あなたの冗談は女性に通じていないかもしれません

joudann

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきましてありがとうございます。

今回は、非モテだが女性とのトークは苦手ではない。
そんな男性が陥りがちなトークの誤りについてお話しします。

 

あなたは、女性とのトークの中で、
以下のような発言をしていることはないでしょうか。

「俺はどMだから」
「俺は酒乱なんだよ」
「俺なら殴っちゃうね」
「俺ならチューしちゃうね」などなど。

ほとんどの発言はウケ狙いでの発言です。

そして、このような発言をする背景には、
「冗談だと気が付いてくれるハズ」
という意識があると思われます。

例えば「俺はとMだから」の発言の裏には、
 「普段から強気なキャラだから、俺がMとは思わないだろう」
という意識があり、そして「えー、Mの訳ないじゃん。ウケる」
なんて、反応を期待しているのではないでしょうか。

また「俺は酒乱なんだよ」の発言の裏には、
「普段から真面目キャラだから、酒乱とは思われないだろう」
という意識があるハズです。

しかし、このような発言は、
冗談に受け取ってもらえていない可能性があります。

 

と、いうのも、
あなた以外の人間は、そんなにあなたに興味がないからです。

これはなにもあなたに限ったことではなく、
人は他人にはあまり興味がないものなんです。

興味があるとすれば、他人が自分のことをどう思っているのか。
このくらいです。
なので「俺って○○トーク」をされた時、女性は、
「ああ、この人は○○なんだ」と真に受けるか、
あるいは「また自分の話かよ」と心の中で舌打ちされているかもしれません。

なので、お互いに親密な仲でなければ、
上記のような冗談トークは怪我をすることもあるので気をつけましょう。

 

さて、一方で、逆に相手に興味を持つことが重要であるという発想から、
相手を質問責めをしてしまう方がいらっしゃいます。

これについては、今回の記事の趣旨ではないため、
簡単にだけお話しします。

手持ちの質問が尽きると、トークも尽きる。
こんなことが多い方は、相手女性から格下だと思われている可能性が高いです。

人が、自分の話を積極的にする のは、以下の3種の関係性の場合です。
○家族・友人など親密な人
○好きな人・気になる人
○格上と認識している人

上記2つは、もはや特別な関係性なので別として、
女性とのトークが質問責めになりやすい方は、
女性から格下だと思われている場合が多いです。

我々男性もそうですが、部下や後輩などを別として、
格下と認識している人に対して、熱心に話をすることはないと思います。

 

異性との関係においてもこのようなことがあります。

今後、相手との相対的な「格」を意識して見てください。

 

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ