トーク中の不本意な笑いに注意し、格下認定を回避しよう

egao

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

今回は「トーク中に笑ってしまう癖」についてお話しさせていただきます。

 

不本意な笑い

非モテ時代の私が持っていた癖の一つに、
「トーク中に笑ってしまう癖」というものがありました。

これば、トークの面白さ如何にかかわらず、起こってしまうもので、
「自分のトークの語尾を笑ってしまうこと」や
「相手のトークに笑って返してしまうこと」がありました。

自分のトークで笑ってしまうパターンだと、例えば、
「昨日あと後、飲みに行ったんですかウイッヒヒヒ」
「資料作ったんですが、ちょっと見てもらえませんかハハハハハ」

相手のトークで笑ってしまうパターンだと、
「○○の回答はこれでいいですか?」
「うん、いいんじゃないかなハハハハハ」

文書で書くと、何とも滑稽ですが、本当にこんなトークをしていました。

 

無意味な笑いで格下認定されてしまう

無意味に笑ってしまう原因としては、
自分の発言への自信の無さや対人関係の緊張が考えられます。

しかし、このようなトークを繰り返していると、
相手からの信用を失ってしまうことにもなりかねません。

業務上の相手であれば、信用を失うだけで済みますが、
(これも重要だと思いますが・・・)
狙った女性相手にこのようなトークをしているようでは、モテません。

なにより無意味な笑いは相手から格下認定をされてしまいます。
まともに会話も出来ない男性と思われてしまうからです。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、意識して笑わないように努めましょう。

 

トークによる上下関係は、間をコントロールした者

男女のトークにかかわらずですが、人間関係には上下関係がつきものです。
これは組織内の職務職責の話ではありません。対人関係の上下関係です。

自分よりも職責が上の人間であっても、自分が敬語を使っていても、
「こいつは格下だな」と思ってしまうことってありませんか?

このように、対人関係においては、見えざる上下関係が存在するのです。

そして、これを決定づけているのは、トークの間です。
このトークの間をコントロールしている者が格上になるのです。

トークの間でうろたえたり、呼吸をとめてしまったり、
不自然な動きになってしまう者が格下ということになります。

女性とのトークでも、トーク終わりで不本意な笑いをせず、
間をコントロールできるようになりましょう。

有効な間のコントロールとしては、
目くばせ、会話の促し、聞き直しなどがあります。

やってはいけないのは、
目や手が泳がす、無意味な頷き、擬音を発する
このようなことをすると格下認定されます。

格上や格下については、こちらの記事をどうぞ。

→ モテる上で重要となる「格上」と「格下」

 

 

記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ