女性との何気ないやりとりは、ホテル誘導に繋がる

 

nanigenai

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

今回は「女性との何気ないやりとりが、
ホテル誘導などに繋がる」というお話しをしたいと思います。

 

ランチやサシ飲み後の会計での攻防

記事の主題はひとまず置いておきます。

さて、あなたはランチやサシ飲みの代金について、
女性に奢ってあげていることと思います。

【ランチなどで女性に奢(おご)るべきか?】でもお話ししましたが、
私は、ランチやサシ飲みなどは、原則、全て奢ります。

その奢る際ですが、会計の時に、すんなりと
「ごちそうさまでしたー」と言って終わる子もいれば、

千円札を握りしめ、
「いや、悪いですよ。出します。出させてください」
などと食い下がってくる女性もいると思います。

このような反応である理由は、2つ。

  • あなたに借りを作りたくない。(もう二人での食事等は嫌)
  • 前回も奢ってもらったなど、申し訳ない気持ちである。

たいてい、このどちらかになると思われます。

 

前者は、非常に問題な状況ですが、今回の記事の本題からは外れてしまうため、
解説は割愛させていただきます。

さて、後者の場合、なんとかして奢ってあげてしまいたいですよね。
この時に、女性と軽い攻防があると思います。

「払いますよー」

「いいよ、俺が払うよ」

「いや、悪いですよ」

「いいってば」

こんなやりとりの末、支払いをするという感じではないでしょうか。

実は、このやりとりは、非常に重要な意味を持っています。

この攻防って、そっくりそのまま、あなたがホテルなどに誘導する際の
攻防に当てはめることができるのです。

 

口説きやホテル誘導は最後はアドリブ

他の記事でも何度もお話ししていますが、
口説きやホテル誘導って、結局完璧な答えなんてありません。

その時、その状況下で、最大限適切な口説き文句を使うのです。
つまりは、アドリブですね。

このような突発的な対応って、普段から練習しておかなければ、
なかなか本番で使うことができません。

そんなアドリブである口説きやホテル誘導ですが、
今のあなたの実力は、普段の女性との攻防を見るとわかります。

それが、上記のような会計時のやりとりなんです。

「払いますよー」

「いいよ、俺が払うよ」

「いや、悪いですよ」

「いいってば」

このようなやりとりでは、自分のわがままを突き通す、
融通の利かない男と思われてしまうことでしょう。

「奢ってくれるなんて、○○さんって優しい」
なんて絶対思われません。

上記のやりとりを、ホテル誘導に当てはめると、
このようになります。

「ダメですよ」

「いいじゃん」

「本当困ります」

「いいじゃん、いいじゃん」

いかがでしょうか。
たぶん、こんなやりとりでは、ホテルへ誘導することはできないでしょう。

ランチなどをスムーズに奢れないようでは、
ホテル誘導なんて無理だということなのです。

 

例えば、私であれば、
以下のようなやり取りになります。

「払いますよ」

「じゃあ、今度奢ってよ」

たいていの女性は、これで終わります。
でも、これでも食い下がってくるようならば、

「今度は高いやつ頼むから、今のうちにためといてね」

または、

「え? お金払うの好きなの? 変わってんね」

こんな感じで、ユーモアで切り返します。
決してゴリ押しする訳ではありません。

このように、普段から何気ない女性との攻防も意味のあるやりとりですので、
気を引き締めて対応する必要があります。

 

実際のホテル誘導については、こちらの記事で解説しております。

→ サシ飲みからホテルへ誘導する方法

 

このページの先頭へ