女性のガードを崩すのは子供な男

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

今回は、あなたのアプローチに対する女性のガード。
これを切り崩す方法についてお話いたします。

 

口説きの各シーンで突破すべき女性のガード

我々男性は、女性を口説き落とす(抱く)ために、様々な関門を突破しなければなりません。

  • サシ飲みへ誘う
  • 手を繋ぐ
  • キスをする
  • ホテルへ誘導する
  • 抱く

そして、当然のことながら、それぞれの場面で少なからず、女性の抵抗に合うわけです。

「他に誰誘います?」

「ダメですよ」

「明日からどうするんですか?」

「彼氏がいるんで」

「奥さんいるでしょ?」

これら女性のガードに屈してしまった男性も多いのではないでしょうか。

 

このように、女性からガードを受けた時、
おおむね2パターンの対応があるかと思います。

強引にいくか、大人な対応をするか。
北風と太陽みたいなものですね。

ひとつは、強引に突破しようとするもの。
当然、これは絶対NGです。
下手すれば、解雇、離婚、逮捕です。

強引さを誤解してはいけません。

もうひとつは粘り強く交渉するやり方
大人としての優しさや懐の深さを示し、口説きの誘導をしていくやり方です。

敵もさるもので、太陽でもうまくいかない時があります。
そんなときに、有効なスキルが子供のようなアプローチです。

 

理屈が通じない子供アプローチ

子供には、理屈が通じません。

母親がしかっても、全く聞く耳を持たず、
屁理屈ばかりこねる子供を見たことがあると思います。

まあ、わたしもあなたもそうだったと思いますが(笑)

ここで、子供を怒鳴り付けられる親ならまだしも、
結局、子供の理屈に納得しないまま、しょうがないと、子供の言うことを聞いてしまうわけですよね。

これを口説きに利用しない手はありません。

サシ飲みの店を出て、手を繋ぐ時などは、
ユニークに子供心満載で進めるのがベターです。

「はい、どうぞ」

いたずらに笑って、手を差しだす。

「え?」

屈託のないあなたの態度に女性は動揺します。

「だって、手握りたいじゃん」

もはやわがままを言っている子供ですよね。
しかし、この流れだと、結構な確率で手を握ってくれます。

 

また、キスを迫る時も「唇つけるだけだよ」なんていう
突っ込みどころ満載のアプローチでも成功してしまいます。

このような子供には、理屈は通じませんよね。

大人の女性で怒鳴り付けられることもないと思いますので、
子供キャラは非常に有効です。

ただし、この子供アプローチは、キャラ作りがしっかりしていないと行けません。
普段からのキャラ作りと、関係性作りがしっかりしていなければ、酔っぱらいと思われて終了です。

普段から、ユニークキャラを植え付けておくことが重要です。

 

記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ