最も報われない相談者という立場

 

soudann

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、その男友達よりも報われない立場である「相談者」についてお話させていただきます。

 

「相談者」それは単なる愚痴要員

さて、女性の周りには男友達や好きな人・気になる人、顔見知りなど様々な立ち位置の男性がいます。

その中でも最も救われないカテゴリーが今回お話しする「相談者」なのです。

では、相談者とはどのような状況の男性なのでしょうか。

口説きにくいという面では相談者は男友達に近い存在です。

しかし、相談者は男友達とは少し異なります。

女性は、男友達とは別に仕事や恋愛の愚痴を存分に放出するために愚痴要員を確保する場合があるのです。

これが相談者です。

 

女性と近い距離でトークができる仲のため、サシ飲みなど二人きりになれる可能性は高いですが、抱ける可能性はほとんどありません。

  「しょっちゅう二人きりで会える」
→ 「会話も長時間になりがち」
→ 「頼られているな、俺」
→ 「もしかして、誘えば抱けるか?」

なんて、淡い期待を持ちがちですが、恋愛にせよ、遊びにせよ、アプローチしても全く上手くいかないと思います。

なぜならただの愚痴要員だからです。

さらには、相談者には男友達に抱くような友情もありません。

なので、仲良しグループの飲み会的なものにもお呼ばれされないこともあります。

なんて悲しい立ち位置なのでしょうか。

 

相談者になりやすいタイプ

さて、こんな報われないことばかりの相談者にはならないようにしたいところ。

ここで、相談者に陥りがちなタイプをご紹介します。

  • 全く性的魅力のない同期の男性
  • 落ち着いた(無害そうな)感じの先輩男性

このようなタイプの男性は、相談者になりがちです。

共通するのは「アプローチしてこなそう」というところです。

あなたが口説きモードに突入すれば、身の程をわきまえろといわんばかりにスッパリ断られることでしょう。

しかし、淡い期待はせず、単純にその女性と接すること自体が楽しいのであれば望ましい状態と言えるかもしれません。

 

女性は気になる男性にも相談を仕掛ける

ただし、女性は「相談者」ではなく「好きな人や気になる人」に対しても、わざと相談事をしてくることがあります。

当然、愚痴を聞いてほしい訳ではありません。

その男性の気を引こうとしているのです。

これらを見分けるポイントは、女性の言葉数だと思います。

明らかに現状への不平不満の表情を浮かべ、溢れんばかりのストレスが口から溢れている。

こんな状況であれば、あなたは「相談者」かもしれません。

一方で、相談事は単なるきっかけである場合は、女性の口から相談の内容についてはあまり出てきません。

いまいち何の相談だかわからない。

こんな状況であれば、あなたはその女性にとっての「気になる人」なのかもしれません。

 

しかし、非モテ男性は、女性から愚痴とわかっていても、話しかけられるだけで舞い上がってしまうこともあるでしょう。

その気持ちもわかります。

なので、非モテの状態であれば、女性とのトーク自体を経験として楽しんでも良いと思います。

今回は、愚痴要員のままでは女性を口説くことは難しいということだけ認識していただければよいかと思います。

記事をお読みいただいてありがとうございました。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ