台本トークになってしまってませんか?

 

daihonn

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ。
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、モテ初心者の方がやってしまいがちな、台本トークについてお話いたします。

 

台本トークとは?

狙っている女性に対して声掛けをするときには、基本的に何をしゃべるか考えてから話し掛けることと思います。

しかし、モテの初心者がやってしまいがちなのが、話す内容を一字一句決め込んでから話し掛けてしまうことです。

そして、女性とのトーク自体も、想定している会話内容をそのまま使ってしまう。

これを私は「台本トーク」と呼んでいます。

 

では実際に、職場などで女性に話し掛けるシーンでご説明します。

例えば、ターゲットの女性が最近遅くまで残業しているとします。

基本的にはその状況下で最も自然なトーク内容を用意すると思いますので、この場合は「仕事ネタ」を使うことになるかと思います。

(ちなみに、私はわざと不自然なトークで場を掴むのですが、初心者の方向けではないので、説明はまたの機会にします)

 

例えば、以下のような会話の組み立てを考えておいたとします。

1 最近遅くまで残ってるね。忙しいの?

2 以前にやってた○○の件は今、どうなってるの。それで忙しいの?

3 さらには「○○さんは暇そうにしてるじゃん。彼に仕事お願いしちゃえば?

このような時、モテの初心者の方がよくやってしまいがちな会話例をご覧ください。

 

「○○さん」(前触れなく突如話し掛けてしまう)

「わっ、 びっくりした」

「最近遅くまで残ってるね。忙しいの?」

「いや、実は仕事じゃないんですけど、新規採用職員のお疲れ様会を企画してて、私が幹事なんですよー」

「そーなんだ。ちなみに、以前やってた、○○の件はどうなってるの」

「ああ、○○は結局、ペンディング(保留)になっちゃいました」

「そーなんだ。○○さんが暇そうにしてたから、彼にお願いしちゃえば良かったんじゃん」

「○○さんは、あのときすごい忙しそうでしたから・・・」

 

さて、いかがでしょうか。

自分が思い描いていたトーク内容をそのまま使ってしまってますね。

これが「台本トーク」なのです。

相手から予定していない「返し」が来てしまっても、お構い無し。

自分の持っている台本を読んでしまってます。

ちなみに、上記例のような女性は、相当優しい女性ですよね。

途中で、無言でうなづくだけの反応になってしまってもおかしくありません。

 

風と共に去るトーク

以前の私もそうだったのですが、最も非モテなトークがあります。

それが「風邪と共に去るトーク」です。

狙った女性がおり、お近づきになるためにトークを考えておく。

しかし、一方的にトークをするだけで相手の返しを聞くことなく去ってしまう。

例えばこんな感じです。

 

「最近忙しそうだね。体調大丈夫? ほら、以前体調崩して休んじゃった時あったじゃん。あーゆーことがまたあると、周りのみんなが心配するからさ。勿論俺も。すいません。突然話掛けちゃって。じゃあ、また」

「・・・・・・」

 

いかがでしょうか。

実際、ここまでではなくても、こちらの言いたいことだけ言って立ち去る男性は結構います。

 

ここでひとつ考えなければならないことがあります。

それは「トークをすること自体はなんらプラスポイントにはなっていない」ということです。

当然、トークの内容次第では、女性の気を引くこともできます。

しかし逆に、上記のように「台本トーク」や「風と共に去るトーク」をしていたのでは、女性から呆れられ、まともに会話もできない「格下男」の認定を喰らってしまう可能性もあります。

 

重要なのは「反応を予測」すること

では、狙った女性に対してのトークでは、どこに気をつければよいのでしょうか。

台本トークのように、会話内容を事前に想定することは否定しませんが、会話内容だけを予想していると、予期しない話題になったときに反応できない場合が出てきます。

なので
「こう話しかけたら、相手がどう答えるか」ではなく、
「こう話しかけたら、相手がどう反応するか」を予想することが必要になります。

 

ちなみにまだ実践していただく必要はありませんが、私であれば、以下のような組み立てを予想して、声掛けに臨みます。

○ 女性の隣に座る。女性はびっくりしたような反応を示す。

その後は、以下の3パターンが考えられる。

1 びっくりの継続
2 女性から話しかけてくる
3 笑顔を浮かべながら見つめてくる

 

1の場合は、自分からトーク
「暇そうですね」

→ 怒り反応だったら、
「うわ、スゲー怒られた」

→ 笑ったら、
「何やってるんですか?」

 

2の場合は、女性のトークに乗っかる。

 

3の場合は「何見てるの?」と言い、ここからの女性の反応で、また対応を考える。

 

このように、会話の内容を考えるのではなく、相手の反応を考えておくことで、対応の選択肢は非常に限られたものになります。

ちなみに、上記のような会話ができれば「余裕と自身に満ち溢れたユニークな男」を演じることができます。

しかし、このように反応を予想する方法や自身に溢れたトークはいきなり実践するのは難しいと思います。

なので、今回は、トークをして相手がどう反応するのか意識的に観察するように習慣づけることができればよいと思います。

 

記事をお読みいただいてありがとうございました。

きよぺーでした。

 

 

現在、当サイトに来ていただいた方に、特別プレゼントをさせていただいております。

私きよぺーがこれまで積み重ねてきた「モテるスキル」を抽出した、モテるための「完全マニュアル」を作成いたしました。

是非、この機会に手に入れてください。

詳細は、こちらから

※ きよぺーが自分で書いた漫画で解説しています。
  下手でも笑わないでください。

 

<「モテる男になる方法 完全マニュアル」プレゼント!>

 

 

このページの先頭へ