女性を口説く際に重要なマインドは「相手の幸せを願うこと」です

 

siawase

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

今回は、女性にアプローチをしていく中で、あなたの心に叩きこんでいただきたいマインドをお伝えしたいと思います。

 

女性の幸せを考えてあげる

実は、先日ちょっと嬉しい報告がありました。

約1年間くらい関係が続いた女性が婚約をしたというのです。

私としても初めての経験ですが、セフレが人妻になることになったわけです。

正直、さびしい気持ちもなくはないですが、嬉しい気持ちで溢れています。

自分と関係のある女性が幸せを掴むというのは、やっぱり嬉しいものです。

 

実は、この女性、30代中盤の私とほぼ同年代ということもあり、関係を続けながらも、ちゃんと結婚できるのか不安でありました。

というのも、私との関係が継続することで、この女性の幸せを邪魔しているのではないか、と悩んでもいたからです。

しかし一方で、私が女性にアプローチする時のマインドは「俺が口説くことでこの女性を幸せにする」というものです。

あなたは「お前は何を言っているのだ?」と疑問に思われるかもしれませんが、これは偽りのない私の本心です。

例えば、彼氏のいない女性であれば、自分と関係を持つことで男運を上げてあげる。

彼氏・夫がいる女性であれば、自分と関係を持つことで、よりパートナーに優しくできるようにしてあげる。

とにかく自分と接することで、楽しく心地よい空間を提供してあげる。

このように、相手女性がどんな立場にあっても、その女性の幸せを願うスタンスに変わりはありません。

このマインドをしっかりと持つことで、堂々と自信を持って女性にアプローチをすることが出来るのです。

 

逆に「相手女性の幸せなんて関係ない」というマインドで女性を口説いていれば、その関係性には必ず「ほころび」が生じます。

徐々に

「俺は何をやっているんだ?」

「俺は駄目な奴だ」

「妻と別れてこの女性と一緒になろう」

などなど、本来趣旨とはずれた考え方になってしまいがちです。

このようなマインドのブレによって、愛憎渦巻く「男女トラブル」に陥ってしまうのです。

なので、女性へのアプローチは「お互いが幸せになる」という確固たる意識を持って行うことが重要になります。

 

アプローチ自体で女性を楽しませる

このような考え方でいけば、しつこく女性にアプローチするということもやってはいけません。

どの程度から「しつこい」のかは、個人の感覚かと思いますが、誤ったアプローチであれば二回目で既にしつこいです。

誤ったアプローチとは、女性がストレスに思ってしまうやり方です。

例えば、サシ飲みに誘う際にも、こちらの記事でお伝えしているように断られて当然というスタンスで誘うと、女性がストレスに思うことは少なくなります。

むしろ、面白がって、また誘ってほしいと思ってくれるものです。

誘いをする際にも「俺が誘うこと自体で相手女性を楽しませる」とうマインドで望んで下さい。

基本的にユニークを忘れずにいることが重要です。

ユニークな女性のいじり方については、こちらをどうぞ。

→ 正しい女性のいじり方

 

 

記事をお読みいただいて、ありがとうございました。

 

このページの先頭へ