女性を口説くために一番必要なのは「子宮」を震わせること

 

モテるためには子宮を意識する

 

今回は「結局女性を落とすために一番重要なことは何か?」ということをお話しさせていただきたいと思います。

こんなことを言うと怒られそうですが、つまるところ、女性は「メス」です。

そのメスの本能を刺激する方法をお伝えしていきます。

 

とあるクレーマーとの対決

タイトルとは直接は関係ありませんが、関連することなので、先に私のある経験談をお話しさせてください。

数年前になりますが、私は仕事上のなりゆきで、とある中年女性のクレーム対応をしなければならないことがありました。

詳細な経緯は説明できませんが、一筋縄ではいかない日本屈指のクレーマーと言うべき人物でした。

全国津々浦々に名をとどろかせているとのことで、正直最初は「ああ、なぜ俺がこんな目に」と落胆しましたが、次の瞬間には「やってやる」と頭を切り合え、いざ対面しました。

 

やはり海千山千の強者でした。

私もこの手の対応は得意な方でしたが、相手もさるものでなかなかこちらの思うようにはいきません。

それどころか、私の対応する前段階で、既に面倒な状況であることがわかり、高確立で我が社に相当な負担のかかりそうな流れになってきました。

これは、正攻法での解決は難しいと考え、私は社内規範を破り、なんと、この女性をカフェに誘うことにしました。

相手が男性であれば、このような考えには至らなかったと思います。

ただ、自身が女性を口説くサイトを運営していることから、相手が誰であろうと女性に負けるわけにはいきません。

ある程度の処分は覚悟で、部屋を出ました。

 

しかし、誰もこの女性にかかわりたくなかったのでしょう。

面談室の外は、誰一人いない状態でした。

そのおかげで、誰にも悟られることなく、二人で会社の外へ抜け出せました。

 

会社の近くにあるおしゃれなカフェのカウンターに腰かけ、コーヒーで一息つきました。

実のところ、私がカフェに誘った時点で、女性は既に戦意を喪失していました。

つまり、もはやクレームを入れることは止めにしたようだったのでした。

 

想定外にあっけなく決着がついたのですが、すぐに会社に戻れそうにありません。

と、いうのも、激高の表情から一変、伏目がちになった女性は、自らの不幸な生い立ちについて淡々と語り出したのでした。

その内容は、とてもサイトで公開できるようなものではありませんので、割愛しますが、今のクレーマー生活も、彼女の味わってきた辛苦を他人にも受けさせるためにしているそうなのでした。

まあ、迷惑極まりない話ですが、同情の余地がないわけではありません。

この女性とは最後に握手を交わし、別れたのでした。

 

結局、私は柔軟な対応により天下のクレーマーを退けたということで、幹部からホメられました。

同情するなら金をくれって感じですが(笑)

 

突き詰めると女性は「子宮」

さて、ここから今回の記事の本質に入っていきます。

彼女の生い立ち話は1時間以上もの時間を費やし、なおかつ非常に内容の濃いものでした。

その中で、過去に彼女の愛した男性たちの話が何度が出てきたのですが、繰り返し「子宮が震えた」といったことを話していました。

さらに、女性は「子宮でものを考える」とも言っていました。

この時は「どんだけ子宮をフューチャーするんだろうなんて思っていましたが、話を聞いている内に、私の中で何かがつながっていく感覚に陥りました。

 

そして、その後、数人の女性を口説いていく中で、それは確信に変わりました。

要は「女性を本当に落とすためには、子宮を震わせることが必要である」ということです。

 

女性と男性の最大の違いは、生殖器があるかないかです。

しかし、体内に目を向けると、女性には「子宮」という男性にはない器官があります。

そして、これこそが女性特有の性質を生み出していたのでした。

 

私自身もこの理論には懐疑的でした。

しかし、女性を口説いていくにつれ、この「子宮を震わせる」行為を必ず行っていることに気が付いたのでした。

子宮を震わせることができれば、女性を口説き落とすことが可能なのです。

 

子宮を震わせる方法

では、子宮を震わせるとは、どのような方法で行うのでしょうか。

それには、以下の3つの方法があります。

  • セックス
  • 笑い

この3つの方法を用いて、女性の子宮を震わせるのです。

 

 順番が逆と思われるかもしれませんが、わかりやすいものから説明したいと思います。

まずは「セックス」です。

言わずもがな、セックスは直接的に子宮を震わせることが可能です。

当サイトでも何度か書いていますが、女性を抱いてその結果女性を「イカせる」ことができると、女性はあなたから離れられなくなります。

これは、経験した方ならわかるかと思いますが、抱くまではこちらから何度となくアプローチをしなければならなかったのが、いったん抱いてしまうと、今度は向こうからデートの約束をしてくるようになります。

つまり、セックスによって強烈に子宮が震わされた結果です。

当然、セックスがへたくそなら次はありません。

 

次に「笑い」です。

女性を腹の底から笑わせると、関係性が一気に近づきます。

女性からのボディータッチも大抵は笑いの後に起こります。

これも「笑い」によって子宮が震わされた結果です。

そのため、女性へのアプローチには「ユニーク」が最も効果的なのです。

 

最後が「声」です。

よく、男性の低い声が好きという女性がいますよね。

これは、低い声の振動で、効果的に子宮を震わせているからと思われます。

私の経験上、最も女性の子宮を震わせることができるのは、ミスターチルドレンの桜井和寿さんの声だと思います。

実は私はカラオケでミスチルが得意で、女性からもよくリクエストされます。

サシ飲みにカラオケを挟んだときに成功率はかなり高いです。

 

以上により、経験上、効果的に子宮を震わせることで、女性を高い確率で口説き落とすことが判明しました。

上記で3つの方法をお伝えしましたが、セックス自体は口説きのゴールなので、是非「笑い」と「声」を意識して女性にアプローチしてみてください。

 

ユニークアピールを効果的に行うために有効なのは「女性をいじる」スキルです。

こちらの記事で詳しく解説しておりますので、よろしければどうぞ。

→ 正しい女性のいじり方

 

きよぺーでした。

このページの先頭へ