浮気や不倫をする条件

 

不倫や浮気はいけないこと?

 

今回は、浮気や不倫をする条件についてお話しさせていただきます。

浮気や不倫は、心地よいものと愛憎渦巻くドロドロしたものとに分かれます。

この記事をお読みになっていただき、是非とも心地の良い、
気持ちの良い浮気・不倫のノウハウを学んでいただければと思います。

 

浮気や不倫とは

まずは、簡単にここでいう「浮気」と「不倫」の定義からお話しします。

当サイトにおいては、浮気は「彼女などの本命女性がいるにもかかわらず、その他の女性を抱くこと」。

不倫は、「あなたが既婚者の場合に、奥さん以外の女性を抱くこと」。

このように定義づけをしておきます。

ここでは、彼女や奥さん以外の女性に愛情などを感じている(恋愛モード)かどうかは問いません。

 

では、本題に入ります。

浮気や不倫をする際の「条件」とはどのようなものなのか。

 

さしあたって、浮気が良いことなのかどうかという疑問にぶつかるかと思いますが、今回その議論はしません。

極論だけ申し上げておくと、私は彼女や奥さんの知るところではないのであれば、許されると思っています。

要は、「ばれなければよい」ということになります。

そのため、浮気や不倫は、彼女や奥さんにばれた、その瞬間に罪となるのです。

 

社会通念上これが正しい考え方ではないことは重々承知しております。
そのため、この考え方に賛成いただけない方は、このサイトを閉じていただくほかありません。

なので、この考え方にご賛同いただけるのであれば、続きをご覧下さい。

 

浮気や不倫をする条件

さて、上記のようなことを前提として、話を進めさせていただきます。

今回の主題である「浮気や不倫をする条件」

それは「彼女や奥さんを幸せにしているのか」ということです。

彼女や奥さんに十分な愛情を注ぎ、かつ幸せにしている。
家族があれば、幸せな家庭を構築できている。

このような状況を作り上げてこそ、ネクストステップである浮気や不倫をする資格があるのだと思います。

 

例えば、彼女を辛い仕事をさせておいて、自分はセフレと遊んでいる。

または、子供がやりたいと言っている習い事をさせてあげられない状況で、自分はセフレとラブホで楽しんでいる。

このような状況は、男としていかがなものか、と思う訳です。

 

あくまでも、自分が抱えている恋人や家族に十分な愛情を注いでこそ、その余ったパワーを他の女性に充てることができるのです。

私は、これこそが「甲斐性(かいしょう)」というものではないかと考えます。

 

恋人や家族を幸せにしていないのに、他の女性と遊ぶことはしてはいけません。

ましてや、他の女性と恋愛モードに突入するなどはもってのほかです。

当サイトの基本的な考え方である、「女性を口説く際には女性の幸せを考える」は、口説く対象である女性のみならず、自分についてきてくれている彼女や奥さんに対しても当然に考えるべきことになるのです。

 

記事をお読みいただいて、ありがとうございました。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ