【あいつよりモテる講座】 第3回 なぜ、ユニーク+Sがモテるのか

 

なぜユニークがモテる

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

前回の講義で、モテるためには「ユニーク+S」のキャラクターが有効であるというお話しをさせていただきました。

今回は、なぜユニーク+Sがモテるのか。

その理由を解説したいと思います。

 

なぜユニーク+Sが効果的なのか

では、どうしてユニーク+Sのキャラクターが最もモテるのでしょうか。

実は、その理由を知ることが重要になってきます。

 

ユニークについて

まず、ユニークについてです。

実は、ユニークさを持っていると、女性が誘いに応じてくれやすいのです。

もちろん、ユニークな人とユニークじゃない人とでは、前者の方が誘いやすそうですよね。

しかし、ここでお伝えしたいのは、そのような単純な話ではありません。

まずは「誘い」というものを掘り下げてお話ししたいと思います。

当然のことながら、女性が誘いに乗ってくるのにはワケがあります。

誘いには様々なシーンが考えらえますが、ここではわかりやすく「サシ飲みに誘う」という状況でご説明します。

 

サシ飲みに誘って、女性からOKがもらえた。

この時点で、あなたは嬉しさのあまり舞い上がってしまうかもしれません。

しかし、この事実のみをもって、女性があなたに「好意」があるのかどうかは判断できません。

というのも「サシ飲みに誘ってOKを出した」理由は一つとは限らないからです。

 

ある女性は、あなたに仕事上非常にお世話になっている状況であることから、あなたの誘いに乗ったのかもしれません。

ある女性は、あなたとの関係性をこじらせると、今後いろいろと不都合が生じる、との不安からOKを出していることもあるでしょう。

または、あなたという男に興味を持ち、楽しい時間を過ごすことができそう、との期待をしてOKを出した、ということもあり得ます。

 

このように、女性を誘い、これにOKが出ただけでは、女性からの好意や興味のほどはわからないと言ってもいいのです。

当然、本当は「あなたと飲みに行きたくない」状態で飲みについてきた、ということであれば、サシ飲み後「手をつなぐ」ことや「キス」「ホテル」など、その後の誘導が困難であることは容易に想像がつくことかと思います。

「仕事上いつもお世話になっているから飲みについて来たのに、キスを迫ってくるなんて」

「別に行きたくないし、関係上いやいや飲みに来てやったのに、身体目当てだったなんて、サイテー」

女性から、このように思われてしまっているケースは意外に多いものです。

 

よって、最も望ましいのは「あなたという男に興味を持ってもらい、あなたと一緒にいることが楽しい時間になると期待してもらう」ことなのです。

このようなことで、まず女性に与えるべき必要なキーワードは「期待」ということになります。

ここでいう期待とは、主にその先に待っている「楽しさ」「心地よさ」などへの期待です。

女性に期待を与えることで、あなたからの誘いに能動的にYESを出すことになるのです。

 

では、その楽しさや心地よさを演出するにはどうすればよいか。

それこそが「ユニーク」なのです。

「何だか楽しそう」
→ 「ちょっと飲みに行ってみようかな」

このようなシンプルなステップであなたへの誘いは成功するのです。

 

ちなみに、このロジックで行くと、単純に「優しい男性」や「気のきく男性」「たくましい男性」などおよそ世の中で「良し」とされる男性像があまり効果の無いものであることがわかります。

「この人優しいから飲みに行こうかな」

「この人気がきくなあ、飲みに行こうかな」

「この人たくましい。飲みに行こうかな」

飲みに誘われた女性は、こんな風に思うでしょうか?

ちょっと無理がありますよね。

いかに上記のようなキャラクターを構築したところで、それはあまり意味のないことがお分かりになると思います。

 

ナンパなどでも同じです。

「この人優しそう」

「この人安心できる」

こんな理由で面識のない男性と二人きりで飲みに行くなんてことはないのです。

突然目の前に現れた男と行動を共にする理由があるとするならば、それは「なんだか面白そう」という期待。

これに尽きるのです。

「ユニーク」は「期待」を生み出すのです。

ユニークを示す具体的な方法については、後の講座でご紹介させていただきます。

 

Sキャラについて

では、もう一方のキャラである「S」の必要性について解説したいと思います。

重要な部分になりますので、集中してお読みいただければと思います。

 

ここまでで、ユニークの必要性については理解できました。

しかし、ユニークの間逆とも思える「Sキャラ」がどうして必要なのか。
その理由をお話しします。

それは、Sキャラは女性を「誘導しやすい」からなのです。

 

女性にアプローチする過程には、様々な誘導が必要です。

  • ご飯に誘う
  • 飲みに誘う
  • ホテルに誘う

全ては、誘導です。

 

ここで、少し考えてみて下さい。

「お時間がありましたら、ランチに行っていただけませんでしょうか?」

と言うのと、

「とりあえず飯行こうよ」

と言うのでは、どちらが女性を誘導できるかは、迷う必要はないですよね。

当然後者になる訳です。

ただ、この段階では感覚的にそうなんだろうな、で構いません。

とにかく、誘いにはSが必要なことがお分かりいただけるかと思います。

 

実は、モテるためには、この「女性を誘導すること」が極めて重要です。

口説く流れを簡単に言ってみれば、
声かけ → 飲みへの誘い → ホテル誘導

単純ですが、このような流れです。

前回の講義でお話ししたように、次の行動への誘導こそが口説きなんです。

このことから、Sは女性を口説くためには必須のキャラと言えるわけです。

 

では、なぜSキャラが女性を口説きやすいのか。

「お時間がありましたら、ランチに行っていただけませんでしょうか?」

よりも

「とりあえず飯行こうよ」

の方が有効であることは、感覚ではわかるかと思いますが、実は、この理由を知ることが、モテる上で非常に重要です。

 

その理由は、Sキャラは「格上」と認識されるからです。

モテるためには、口説く対象の女性と比較して格上でなければならないのです。

この「格」の話は、女性を口説く上で重要なお話しになりますので、次の講義でお伝えいたします。

 

【次の記事】

→ 【モテる上で重要となる「格上」と「格下」】

 

このページの先頭へ