【あいつよりモテる講座】 第6回 「格上」と認識されるために「当然意識」で行動しよう

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

前回の講義では、モテない男性がやってしまいがちな「格下と認識されやすい行動」についてお話させていただきました。

今回は、逆に「格上」と認識されやすい行動についてお伝えします。

 

格上と認識されるためには

では、格上感を出すためには、どのようにすればよいのでしょうか。

それが、以前の講義でお伝えした「S」なんです。

ただ、これは女性をいじめることを指しているわけではありません。

イメージ的には、少し上から目線で、女性を少し小馬鹿にした感覚です。

 

とはいえ、単純に上から目線で、女性を小馬鹿にしているようでは不十分です。

ここでは、マインド的な部分も重要になってきます。

それが「自信」です。

これが必要になってくるわけです。

自信にあふれた態度(偉そうな態度ではありませんよ)で、接し方としては、少し上から目線で、女性を少し小馬鹿にしたような感覚です。

 

この部分については、具体的な接し方をお話ししないと伝わらないことだ多いかと思います。

具体的な女性への接し方、誘い方は後の講義で詳しくお話しします。

なので、今回は、感覚的なものだけ覚えておいてください。

 

と、いうことで、格上と認識されるためには、「自信」と言われているものが必要になるわけですが、そう言われても、なかなか自信を付けるのは難しいものです。

なので、ここでは、簡単に格上と認識されるような、自信あふれる振る舞いができるコツをお伝えします。

 

それは「当然意識」を持って女性に接するというやり方です。

この当然意識というのは、ビジネス用語として使われることが多いようですが、

簡単に言うと「当然の如く話し、当然の如く振る舞う」ことです。

例えば、職場の女性に話かけるとき、

「ああ、今話しかけたら迷惑かなあ」などと思わずに、

「俺が話かけたら喜ぶのだ」という意識で行います。

面白いことに、前者の心理状態で話かけると、本当に迷惑に思われ、後者の意識で話かけると笑顔で対応してくれるものです。

 

例えば、私が職場で狙っている女性に対して声をかけるとき、
(当然周囲の状況も確認しますが)数回に一回は隣の席に座ってしまいます。

基本的には「なにしてんの?」からトークを始めます。

突然、隣の席に座って「なにしてんの?」と声をかける。

これは、当然「自信」がないと出来ないアプローチです。

 

しかし、女性へのアプローチに慣れていない方は、自信もなにもないと思います。

でも、それでも良いと思います。

私もそうでしたが、自信なんてものは「慣れ」です。

変な言い回しですが、そう思います。

 

突然女性の隣に座って声をかける。

初めは、ドキドキするかもしれませんが、慣れてしまえばどうってことはありません。

それに、「突然隣の席に座って声をかける」という行動自体が女性に「あなたの自信」を感じさせ、これが「格上」と認識されることにつながるのです。

このようなことで、当然意識は魔法でもなんでもありません。

当然意識を持つと、相手の心理状態をもコントロールできるのです。

今は「嘘くせー」と思っていただいても大丈夫です。

今後、当講座を読み進めていただきながら、実際に職場や学校の女性に接してみたときに、その効果を身を持って知ることになると思います。

そのために、当講座では一つずつ基礎を積み上げてきました。

 

 

さて、ここまで、モテるためのノウハウについて、その原則的な部分についてお話ししてきました。

これまで、私の経験した成功や失敗を積み重ね、それを一般的なノウハウにしてきたものです。

しかし、到底私一人の経験では、ここまでモテについての講義は出来なかったと思います。

 

実は、私自身、こちらの記事でご紹介している教材で学び、それを元にモテの実績を積み重ねてきました。

今回ご紹介した「当然意識」も、この教材から学んだ重要なノウハウです。

 

内容は、教材の紹介記事をお読みいただければと思いますが、その元になっているのは、なんと8,000人規模の男性の成功と失敗の経験値です。

作者は私の師匠ともいえる恋愛カウンセラーなのですが、これまでの相談件数は8,000人を超えるとのこと。

その人数の恋愛経験の成功と失敗から抽出された教材に出会えて本当に良かったと思っています。

今もなお、ときどき読み返しながら、女性へのアプローチを続けています。

 

今まで恐怖と不安であった女性との会話でしたが、教材を読破した後は、まるで変わりました。

女性との会話が楽しいものになったんです。

「好きこそものの上手なれ」という言葉とおり、その日を境に、女性へのアプローチが格段に上達しました。

 

サシ飲み2回分程度で、お気に入りの女性と朝を迎えられるような、まるで新しい自分に出会えたのです。

 

ここまで、私の講義をお読みいただいたあなたなら、きっと私と同様、新しい自分に出会えるはずです。

気になる方は、紹介の記事だけでも読んでみてください。

→ 【『 常勝モテ男 恋愛レシピ100 』 著:イサキ(豊島勇紀)氏 解説】

 

それでは、また。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ