ワンナイトラブを経験するには何が必要なのか~ワンナイトへの誘い方のコツ~

 

今回は、世の男性の誰しもが一度は憧れる「ワンナイトラブ」についてお話しさせていただこうかと思います。

ワンナイトラブは、基本一度きりなので、非常に激しく濃厚に求め合う夜を過ごすことが出来ます。

では、解説に入りたいと思います。

 

 

ワンナイトラブを成功させるカギ

不要かもしれませんが、とりあえず「ワンナイトラブ」を定義しておきます。

基本的に「妻や彼女以外の女性と非継続的な一夜を過ごす事」と言ってよいかと思います。

・・・・・・ちょっと難しい表現過ぎましたか(笑)

とにかく、本当は「抱く」権利のない男性が、その女性を抱くと言う非常に高等なイベントです。

 

さて、このワンナイトラブですが、あなたはイメージとして「ナンパ」を想定されるかもしれません。

ご想像のとおり、ほとんどのワンナイトラブはナンパによって発生していると思われます。

 

しかし、初めて出会った女性とだけがワンナイトラブではありません。

例えば、職場や学校などにいる気になる女性と飲みに行って、そのままホテルへ誘導する。

これも立派なワンナイトラブでしょう。

 

私は、職場の女性やその日出会った女性などともホテルに入ったことがあるのですが、

実のところ、知り合いだろうが、初めて出会った女性だろうが、ワンナイトラブに必要な条件は同じです。

 

それは「女性がこちら(私)に対しての情報を(ほとんど)持っていない状態」です。

これが、ワンナイトラブを成功させるカギと言えるかと思います。

 

そのため、ナンパは最も効率的で効果的なワンナイトラブの方法と言えます。

その日出会ったばかりなので、こちらの情報など持っているわけはありませんよね。

 

しかし、この条件を満たしている限りにおいては、職場や学校であっても知り合いの女性とワンナイトラブを成功させることは可能ということです。

ただし、ある程度仲の良い状態であってもワンナイトラブが不可能という訳ではありません。

このあたりも後に解説させていただきます。

 

 

女性の持っている壁を突破する

さて、ワンナイトラブを成功させるために、まずは「女性」という存在がどのようなものなのかを理解する必要があります。

とはいえ、私はただのスケベなサラリーマンなので、私ごときの文章に「眉間にしわを寄せて」お読みいただく必要はありません(笑)

 

さて、女性という存在を、セックスという側面から考えてみたいと思います。

まず、女性も男性と同じく「H」が好きです。

好きと言うよりも、本能が求めている行為と言えます。

ここでは、あまり詳細に解説しませんが、女性のスイッチを押してあげることで、女性は雪崩を起こしたように男性を求めるようになります。

ここは男性とは違うところです。

男性はいつ何時も「やりたい」ですよね。

 

とはいえ、女性が男性と違って、性に開放的ではないのは、これも本能のしわざです。

原則、女性は一人にしか抱かせません。

 

彼氏や夫でなくても、価値ある男にしか身体を許さない訳です。

では、このような女性のメカニズムを踏まえた上で、どうすればワンナイトラブを成功させられるのか。

 

それは、Hな本能を刺激しつつ、価値ある男になる。

これに尽きます。

 

「Hな本能を刺激する」については、これは飲みの時に仕掛けることが可能ですので、慣れないうちはサシ飲み時に行った方が良いと思います。

参考記事は、こちらです。

【下心を隠しつつ、Hな気分を湧き起こさせるトーク】

 

二つめの価値ある男になる。

これが重要です。

では、これについて次以降で解説いたします。

 

 

ワンナイトラブを邪魔する3つ状態

実は、職場や学校などで単純接触を行っているだけですと、あなたの「価値」は原則下がり続けます。

驚かれるかもしれませんが、本当です。

 

ただし、ここでいう「価値」は、「抱かれる男」としての価値です。

なので、単純に親しくなるとか、友情とか、そのような関わりにおける価値は、ザイオンス効果(会う回数が多くなるほど親しくなる)も手伝って高まります。

 

では、なぜ単純接触を続けると抱くことが難しくなるのでしょうか。

それは、女性が「この男性には抱かれたくない」と思う項目が増えていくからなのです。

これについて、簡単に解説します。

 

女性は優しい男には抱かれない

まずは、優しさです。

単純に友人として付き合っていくのであれば、優しさは非常に有効です。

しかし、優しい男に抱かれたいという女性はいません。

 

これは、彼氏や夫が優しければ話は別です。

優しい彼氏や夫に抱かれる女性は幸福感を得るでしょう。

しかし、彼氏や夫以外の男性が女性を抱きたいと思うのであれば、むやみやたらと優しさをアピールすべきではありません。

 

では、なぜ「優しさ」を示してはいけないのか?

それは、優しさを示すことで、女性から「格下」の認識を受けてしまうからです。

女性を口説くに当たっては「格」が非常に重要になってきます。

気をつけなければならないポイントです。

 

口の軽い男はNG

次に、口の軽さです。

ある程度、女性と仲良くなっていくと、噂話の一つや二つするようになると思います。

これが、ワンナイトラブには悪影響を及ぼすのです。

 

ワンナイトラブは、最高に「秘密」にしなければならない行為です。

すなわち、軽々しく他人に内緒話をしてしまうような男には、おいそれと抱かせる訳にはいかないのです。

女性を口説き落としたいのであれば「口の堅さ」が重要です。

加えて、ジュニアも固ければなお良しですね(笑)

 

あなたの組織的な位置

さて、3つ目のポイントは、あなたの組織的な位置です。

あなたの職場や学校での立ち位置が、女性に与える影響があるということです。

 

これは別に、職場で偉い地位にあるとかそんな話ではありません。

あなたと誰がつながりがあるか、ということです。

 

例えば、あなたが狙っている女性があなたの彼女の親友であれば、その女性はあなたに抱かれることはないですよね。(AVなどではよくありますが)

これは極端な例ですが、あなたが誰と仲が良いのか、どのようなメンバーでつるんでいるのか。

これが意外に重要な要素になってきます。

 

上記でお話しした「口の堅さ」と近い理論ですが、要は、あなたとの行為がどの程度広まってしまうのか、そのリスクを図っていることになります。

たとえ、あなたが非常に口の堅い男であっても、あなたがグループの中心人物のような人気キャラである場合、ワンナイトラブを成功させることが難しくなるというわけなんです。

 

 

価値ある男になり、ワンナイトラブを成功させる

さて、知り合いだとワンナイトラブを成功させるのが難しいことがご理解いただけたかと思います。

冒頭お話しした「女性があなたに対しての情報を(ほとんど)持っていない状態」がカギとなるというのは、このような理由からだったのです。

 

では、職場や学校の知り合いの女性を口説き落とすことが出来ないかと言えば、そんなことはありません。

事実、私は複数の職場女性と関係を持つことに成功しています。

 

では、どうすればよいのか。

それは、女性を抱くというベクトルにおいて「プラス」の行動のみを取れば良いのです。

・・・・・・また、ちょっと難しい表現になってしまいましたね。

 

要は、一般的にモテるとされている行動、

例えば、優しくするとか、相談に乗るとか、そのようなことをするのではなく、

女性に抱かれたいと思わせるような「格上」な男になるための行為のみをするということです。

 

具体的な方法は、私の実際のアプローチレポートをご覧になられるのが良いかと思います。

【「きよぺーアプローチレポート」の記事一覧】

 

記事をお読みいただいて、ありがとうございました。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ