女性をホメた後に誘ってはいけません

 

女性をホメて口説く

 

サシ飲みに誘う時。

あるいは、二人でランチに誘う時、など。

対象の女性をやたらとホメてませんか?

 

「あれ、今日はなんだかかわいいね」

「服のセンスいいよね」

そして、その直後に、

「ちなみに、今夜空いてる?飲みにでも行かない?」

と飲みのオファーをする。

 

実は、これは逆効果になっていることがほとんどです。

つまり、良かれと思って女性をホメているつもりが、逆に口説きにくくなってしまっているのです。

今回は、そのメカニズムについてお話ししたいと思います。

 

女性を口説くとは、女性を「倒す」こと

他人に対してお願い事をする時。

その人をおだてたり、ホメたり、逆にへりくだったり。

とにかく、その人の気分を良くするように行動するハズです。

もちろん、これらは、その後にお願い事を聞いてもらうために必要である、当然の行動と言えるでしょう。

 

しかし、女性を口説くに当たっては、これはそのまま適用されません。

つまり、女性をホメても、口説きやすくなるわけではないのです。

 

恐らく、女性にアプローチする際に、女性をホメまくる方は、口説きを誤解している気がします。

 

女性を口説くとは、女性に優しく接して、女性の瞳をハートマークにすること。

こんな風に思っていませんか。

 

しかし、実は逆です!

女性を口説くとは、その女性を「倒す」ことなのです。

 

女性にとって、口説き落とされる。

または、抱かれること。

これは、その男性に敗北したことを意味します。

 

そのため、女性は、やたらとサシ飲みやデートの誘いには乗らないのです。

では、褒められた後に、男性からオファーを受けた女性は、どのように感じているのでしょうか。

 

安く見ないで!という女性心理

お話ししたように、女性は口説かれることを「負け」と認識しています。

そのため、誘いの前に、やたらとホメてくる男性には、

「私を誘うために、さっきからホメてたんだ」

「そんな簡単に誘いに乗る訳ないでしょ」

「安くみないでよね!」

こんな感情を抱いてしまうのは、致し方ないところでしょう。

 

 では、女性を誘うためには、どうしたらよいのでしょうか。

それは、真正面からきちんと男らしく「誘う」ことです。

ストレートな誘いに、女性は強さや価値を見出すのです。

 

こちらの記事で、サシ飲みへの誘い方を詳しく解説しております。

サシ飲みへの誘い方

 

今回の記事をお読みいただいているあなたであれば、より深く理解できるハズです。

 

 

現在、当サイトに来ていただいた方に、特別プレゼントをさせていただいております。

私きよぺーがこれまで積み重ねてきた「モテるスキル」を抽出した、モテるための「完全マニュアル」を作成いたしました。

是非、この機会に手に入れてください。

詳細は、こちらから

※ きよぺーが自分で書いた漫画で解説しています。
  下手でも笑わないでください。

 

<「モテる男になる方法 完全マニュアル」プレゼント!>

 

 

このページの先頭へ