彼女ではない女性にプレゼントする時のコツを教えてください

 

「もうすぐ気になっている女性の誕生日です。なにかプレゼントしたいのですが、どのようなものが良いのかわかりません・・・」

situmon

 

 

 

 

 

彼女ではない女性に上げる理想的なプレゼントとは

彼女ではない女性にプレゼントを渡すのには、ちょっとしたコツがあります。

プレゼントを渡す上でのお作法を誤ると関係性がギクシャクしたものにもなりかねません。

気になる女性と親密になることを目的にしているにもかかわらず逆の結果を招くことになってしまっては悲しさを超え、絶望すら感じてしまいます。

 

職場でのプレゼントのコツ

 

では、彼女ではない女性に対してどのようなプレゼントを渡せばよいのでしょうか。

それは「消耗品」です。

使って、すぐなくなるようなもの。

これがベストと言えます。

 

私が上げて喜ばれたのは『LUSH』などで売っているお風呂用に入れる「バスボム」などです。

rrasshu

あるいは、コンビニなどに売っている『ゴディバ』のチョコアイスなんかもウケが良かったですね。

どちらも500円程度のもので高級品という訳ではありませんが、一回で消耗することを考えれば、しょっちゅう買えるものでもありません。

こういうのが喜ばれるんです。

 

そして、渡し方なのですが、これは、あなたとその女性との距離感によって異なってきます。

私は、朝早く職場に行って、机の上に置いておいたり、アイスであれば、冷蔵庫に入れておいて、帰りがけに「誕生日プレゼント、冷凍庫に入れといたから」と言って、立ち去るなど。

プチサプライズが出来ればなお良いでしょう。

 

彼女ではない女性に上げてはいけないプレゼントとは

さて、実はここからが本題。

彼女でもない女性に対して、上げてはいけない物があります。

それは「形として残るモノ」です。

どんなに小さな小物であっても、形として残るものは避けた方が良いでしょう。

 

プレゼントは思い出になります。

女性は基本的には、思い出は彼氏や旦那様と築き上げていきたいと考えています。

そのため、彼氏でもない男性から形として残るモノをもらっても困ってしまう訳です。

きっと、もらって嬉しいと感じるのは、0コンマ1秒ほど。

次の瞬間には「なんだか重いなー」と思われてしますハズです。

また、旅行のお土産と称して、モノを上げる男性もいますが、これも止めた方が無難です。

 

ただし、プレゼントを成功させるためには、実は、あなた自身のキャラクターも重要です。

こちらの記事で、女性のいじり方についてお話ししておりますので、参考にどうぞ。

正しい女性のいじり方

 

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ