サシ飲みに誘う時に、どこまで具体的に伝えれば良いでしょうか?

 

situmon

「職場の女性をサシ飲みに誘うおうと思っているのですが、
 誘う段階でどこまで具体的な内容を伝えれば良いでしょうか?
 なるべく事前に楽しいイメージを与えたいです

 

 

サシ飲みに誘い慣れていない方ほど、
非常に綿密な計画を立てて、
誘いに挑む傾向があるように思います。

もちろん私もそうでした。

しかしながら、この「具体」は一方的に
相手女性に伝えるべきものではありません。

 

サシ飲みの情報を細かく伝える

 

サシ飲みへの誘いは1分間PRではない

狙っている女性をサシ飲みに誘おうと考えた時、
具体であれ、適当であれ、当然に、
ある程度の計画を立てることと思います。

店はここで、この日に行って、などなど。

そして、いざサシ飲みへの誘い。

「今度、一緒に飲みにでも行きませんか?
 新宿にちょっとおしゃれな居酒屋があるんですよ。
 ファンタジー的なコンセプトを売りにしてるらしくて。
 ちなみに、来週の金曜日とかどうですか?
 たしか、○○さんもこの時期は仕事が落ち着いてますよね?」

いかがでしょうか?

「しゃべり過ぎだろ」と思ってしまいますよね。

別に、相手女性は1分間で自己PRをしろと
言っている訳ではありません。

 

しかし、文章にすると気づくのですが、
実際は、誘う際にこのくらいしゃべっている方も
多くいらっしゃいます。

おそらくこれは、より多くの情報を提供し、
しっかりとした計画であることを伝えたい、
という思いからかと思われます。

適当に誘っているんじゃない。

真剣なんです、と。

 

誘いも会話の一部

サシ飲みへの誘いは、女性を口説く上で、
重要なイベントの一つです。

関係性を深めていくためには避けて通れない、
関門のようなものです。

とはいえ、サシ飲みへの誘い自体を
重く扱い過ぎてはいけません。

サシ飲みへの誘いは、あくまで会話の一部です。

ワントークで、誘い、場所、日程、
その他様々なことを言われても、
相手女性は具体的なイメージをするどころか
情報を処理しきれません。

それに、誘いに余裕の無さが垣間見られ
断られる可能性も高まります。

そのため、まずは「飲みに行こう」という
誘い文句だけを伝えるようにしてください。

 

その後の具体的な場所であったり、日程や時間帯などは、
女性との会話の中で候補を上げていきましょう。

会話の中で、どの辺が良いのか?
どの日なら大丈夫なのか?

相手の反応を見ながら決めていけば良いです。

そこで、事前に楽しいイメージを与えたいのであれば、
具体的に伝えるのも良いでしょう。

 

さらに詳しいサシ飲みへの誘い方については、
こちらの記事で解説しております。

→ サシ飲みへの誘い方

 

是非、上手な飲みの誘い方をマスターしてください。

このページの先頭へ