抱かれてもいいのかどうかの判断は「信頼に足る」かどうか

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、みなさんが最も知りたいことの一つであろう、

「抱かれてもいいと思わせる」

ことについて、お話しをさせていただきたいと思います。

 

%e3%81%8a%e6%8c%81%e3%81%a1%e5%b8%b0%e3%82%8a%e5%a4%b1%e6%95%97

 

ホテルへの誘いに対する女性の判断

さて、我々男性が最も慎重になる瞬間。

最も重要な瞬間。

それは、ホテルへ誘導する瞬間ですよね。

 

ここで、ホテルに入ってくれるかどうかは、まさに、大学受験の合格発表のごとし。

入社試験の内定発表のごとし。

緊張と不安と期待が入り混じる、青春で最も濃厚な時間と言えるでしょう。

 

では、ホテルへ誘われた女性は、どのような判断基準で、あなたのオファーに○×を付けるのでしょうか。

 

もちろん、ここまでには様々なやりとりがあるかと思います。

ホテル誘導についての詳しいノウハウはこちらの記事をどうぞ。

サシ飲みからホテルへ誘導する方法

 

なので、一概には言えないのですが、当然、ホテルへ誘われた女性は悩みます。

「この人に抱かれてもいいものだろうか?」

 

他の記事でも書いていますが、もちろん、ここに行きつくまでに、あなたのことを格下と思っているのであれば、それまで。

あくまで、女性に対し、格上を維持したままこの状況にたどり着いたことが前提です。

格上と格下については、こちらをどうぞ。

モテる上で重要となる「格上」と「格下」

 

 

この時、断られるパターンで最も多いのは、

「良い人」「優しい人」「面白い人」

このようなカードしか持っていない場合です。

 

女性に対して、人間的に素晴らしい男性である。

このようなあなたの「価値」を存分に、伝えていてもホテルに入ることを拒否する女性は多いです。

 

なぜでしょうか?

 

それは、あなたのことを100%「信頼」していないからです。

 

あなたにまだ「不信」な部分を感じているかたこそ、女性は、あなたに身をゆだねることをしないのです。

 

つまり、あなたは切るべきカードを全て使っていない状態というわけです。

では、まだ切っていないカードとは何なのか。

それは「怒」と「哀」です。

あなたは、女性からの信頼を勝ち取る為に、女性を怒らせたり、悲しませたりする必要があるのです。

 

喜怒哀楽を通じて、あなたの底を見る

さて、ホテル誘導に対する瞬間的、刹那的な女性の判断。

それを突破するには「信頼」が必要ということでした。

そして、この信頼を勝ち取る為には、喜怒哀楽の全てを与えなければならない。

ここまではよろしいでしょうか。

 

では、なぜ「怒」と「哀」が必要なのか。

それは、これらを与えられていない状態だと、あなたの「底」が見えないからです。

 

想像してみて下さい。

あなたに親友と呼べる人がいるとすれば、その人からは、喜怒哀楽の全てを共有していませんか。

また、あなたの周囲に、優しくて、面白い人がいても、親友にはならないだろうな、と思ってしまう人はいませんか。

 

親友と呼べる人、あるいは、信頼している人とは、一度はぶつかっているものです。

つまり、ぶつかって、互いの「底」を見ることで、信頼関係が生まれるのです。

 

これは、ホテル誘導にもつながります。

女性は、裸同士で抱き合うに足る男性を瞬間的に品定めしています。

それは、価値だけではなく「信頼」の要素が大きくかかわってきます。

 

「この人と、ホテルなんて入って、危険(セックス以外)じゃないだろうか?」

「なんか、この人と、同じ布団で一緒に寝るなんて、考えられない」

 

こんなことを非常に短い時間に判断しています。

そして、ほとんどの男性はNGを喰らいます。

すでに判断がなされている後なので、ここから挽回するのはなかなか難しいものです。

 

これが、男性に対して、怒った経験や傷つけられた経験があると・・・

もちろん、サシ飲みという短い時間内に、トークでユーモアを交えつつ、怒らせたり、悲しませたりするだけですが。

男性の底が見えます。

つまり、信頼されるのです。

 

「人間的なヒトだな」

「大丈夫だな、たぶん」

 

多少の不安はあるにせよ、女性の瞬間的判断を突破することができるのです。

 

 なので、ただ、面白く、テンション高く、優しいだけのカードしか使っていないと、いざという時に、断られることになります。

もちろん、「怒」と「哀」はスパイス的な役割と思っておいてください。

あくまでメインは「喜」と「楽」ですので。

 

 記事をお読みいただいて、ありがとうございました。

きよぺー

 

このページの先頭へ