女性を抱きたいのであれば「あわよくば」を捨てよう

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧頂きまして、ありがとうございます。

今回は、女性をホテル等に誘導する際に、持っていてほしいマインドについて、お話しさせていただきます。

 

あわよくばノーリスクノーリターン

さて、今回はの記事で取り上げさせていただくは

「あわよくば」

についてです。

 

では、あわよくばってどんな意味を持つ言葉なのでしょうか。

私なりの解釈では、

「希望していることを間接的に伝えることで、自らに責任を持たない様」

と言えるでしょう。

 

なんだか男らしくないですよね。

 

そうなんです。

あわよくばって男らしくないのです。

 

そのため、あわよくば的な気持ちでは、女性を口説きおとすことはできません

 

それよりも、隠している自分の欲望は、相手に筒抜けです。

自分が責任を持たない誘いなんて、受ける女性はいません。

抽象的な話が先走ってしまいましたので、具体的にあわよくばな状況について解説させていただきます。

 

あわよくば的な行動とは、客観的な態度

さて、今回私が糾弾するあわよくばですが、この気持ちを持っていること自体は問題ではありません。

女性と飲みなどに行くときに、

「今夜、いいことないかな」

などと思うのは、誰しも同じだからです。

 

私が指摘しているのは、あわよくば的な態度のことです。

言葉で説明するのが難しいので、具体的なシーンで解説します。

 

主に、あわよくば的な態度をとってしまうのは、飲みの後などです。

例えば、複数飲みの後などで、お気に入りの女性と二人きりになったとします。

この時です。

あわよくば的男子は、

  • ここぞとばかりに女性にベタベタ触る
  • なかなか帰らない
  • 今日は楽しかったねを連発

このような行動を起こします。

これって、何がしたいのでしょうか。

 

それは、男性側のあわよくば的行動によって、女性が積極的に誘ってくるのを待っているのです。

  • ベタベタ触ることで女性が興奮し、女性からサシ二次会に誘ってくる
  • なかなか帰らないことで、女性から誘ってくる時間を稼いでいる
  • 今日は楽しかったねを連呼することで、女性からの「また飲みに行きましょう」の言葉を待っている

これがあわよくば的態度です。

 

要するに、誘いという本質的行動に対して、自分は全くリスクを持とうとしないのです。

誘いをするのは、あくまで女性から。

男性側は、そのきっかけを作るのみ。

これでは、女性を口説き落とすことはできません。

 

先にも申し上げましたが、あわよくば的な態度は、ほぼ女性に筒抜けです。

「もっとしっかりい誘ってくれないかな」

このように思われるのは、そうとう良いケース。

基本的に、あわよくば的な態度をとられた女性は、

「キモいな」

と感じるだけです。

「そんな情けないことで、セックスできると思ってんのかよ」

このくらい思われていてもおかしくありません。

 

口説き落とせる男は行動に責任を持つ

飲みの後に、女性を口説くには、男らしさがないといけません。

「どっかで飲み直そうか」

「お腹が痛いから、どっかで休もう」

「家の鍵忘れたから泊めて」

あまりにストレート過ぎない限り、アホな理由でも構いません。

女性を抱きたいのであれば、主体的に誘いましょう。

 

つまり、口説きに責任を持ってください。

 

女性も、夜を楽しみたいという欲求はあります。

でも、男らしくない男には身体を預けるわけにはいかないのです。

あわよくば的な態度とは、誘いに対して客観的態度をとる、と言えるかもしれません。

 

ホテルまでの誘いは、全てあなた主体でおこなってください。

あなたというマシーンに女性を乗せて連れ去ってください。

このくらいの気持ちがあれば、女性もあなたに心と身体を委ねることでしょう。

 

記事をお読みいただいて、ありがとうございました。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ