女性が寄ってくるのは、子供のような瞳を持った男

 

YouTubeという存在を知ってからどれくらい経つだろうか。

もう10年くらいかな。

もはや日本人の生活の一部になりつつありますね。

と、言って私はあまり見れていないのですが。

 

話題にもなりましたが、中高生の将来なりたい職業ランキングにユーチューバ―が入っているんですよね。

この結果には賛否あるのでしょうが、自分を表現し、それを世界中に発信できるのって、何だか凄いですよね。

夢のような時代がきたわけです。

 

と、今回の記事はユーチューブの話なのかというと、そうではありません(汗)

先日、ぼおっと、ユーチューブを見ていたら、元猿岩石の森脇和成さんがユーチューバーになってました。

しゃべりも面白く、なんとなく見ちゃいました。

 

そんな中、森脇さんが所属しているという劇団の紹介をしていたのですが、これがみんないい人そうだんですよね。

何より「瞳が輝いているな」と思いました。

子どものような瞳と表現すればよいのでしょうか。

 

一方で、社内を見渡すと、みんな目が死んでる・・・

別に、どちらの生き方を肯定するでも否定するでもないですが、やっぱり目は命。

瞳が輝いている方がいいですよね。

自分の目は普段どんななのかな。

ちょっと考えさせられる動画でした。
(森脇さんにそんな意図はなかったかと思いますが)

 

極端な例になってしまいますが、一方には「キラキラ輝く宝石」、もう一方には「汚泥」

どちらを見るかと言えば、もちろん前者ですよね。

 

これと同じように、キラキラ輝く瞳の男と、よどんだ目をしている男であれば、間違いなく女性は前者に引き寄せられるはず。

そこに理屈はないでしょう。

 

じゃあ、どうやって、キラキラ輝く子どもみたいな屈託のない目を手に入れるのか。

結構考えました。

そして、私なりに出した答えは「自由」と「希望」でした。

 

臭い言葉を並べやがって、このくそ野郎が、とののしらないでください。

たぶん、これが答えです。

 

まずは自由。

フリーダム。

組織に雇われているサラリーマンにはなかなか難しいかもしれません。

 

そして、希望。

夢と言っても良いかも知れませんが、とにかく明るい何かを見上げている。

そんな意識が目を輝かせるのだと思います。

 

逆に、ストレスフルな会社内にあって、自由と希望を漂わせた男に為れるのであれば。

これはモテると思います。

 

これで仕事ができなければ、ただの雑魚キャラですが、ある程度仕事をしっかりやったうえで、キラキラを手に入れられれば、最高ですね。

やっぱり「笑う門には福来る」といったところでしょうか。

 

何だかまとまりのない話ですが、いいんです。

独り言なので。

きよぺー

 

このページの先頭へ