本当の脈ありサイン「ま、いいかな」を見抜く

 

きよぺです。

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

突然ですが、あなたが、女性にアプローチをする際に悶えるほど求めているもの。

私が当ててみせましょう。

 

それは、

 

 

あなたは、必死に「脈あり」を探していませんか?

 

今回は、我々男性が求めて止まない

「脈あり」

について、お話しをさせていただきます。

 

 

一般的な脈ありサインの落とし穴

さて、一般的に認識されている「脈あり」と言えば、

  • 誘えば飲みに言ってくれる状態
  • 迫ればキスできる状態
  • ホテルに入ってくれる状態

これらのように、

「すでに口説ける状態」

のことですね。

 

そのため、我々は、必死にこの「脈ありサイン」を求めます。

なぜなら、ほぼ勝てる状態だから。

失敗することがないから。

傷つくことがないからです。

 

 

これら一般的な脈ありサインには以下のようなものがあるでしょうか。

  • 良く目が合う
  • ボディタッチ
  • 女性から話しかけてくる
  • リアクションが大きい
  • トーンが上がる
  • 凄ーい!連発
  • プライベートな質問
  • 自分の髪を撫でる
  • 自分の唇を舐める
  • わざわざ用事を作って会いにくる
  • 瞳孔が開く(医者か!)
  • 飲み会で隣の席に座る
  • 自分と同じ動きをする
  • あだ名で呼んでくる
  • メールやLineの返信が早い
  • 恋愛相談をしてくる

 

よく聞くものばかりかと思います。

 

結論から申し上げると、これら女性の仕草は、

男性への好意が含まれているかもしれません。

 

でも、

「それがどうした?」

の範囲を超えません。

 

つまり、

「確実に勝てる状態」

とはほど遠いものであることがほとんどです。

 

 

例えば、上記のようなサインを発見し、いざ、その女性を飲みに誘う。

しかし、その誘いがグダグダ。

ダメダメな誘い方であれば、一気にサインの効果は吹き飛びます。

 

「あ、なんか違う」

と思われて、終了。

 

 

なので、上記のようなサインを

「こちらに好意を持っているサイン」

と、認識するのは良いのですが、

 

これをもって

「口説きが楽勝」

と見るのはナンセンスです。

 

 

そもそも、このような「脈ありサイン」を待っているようでは、一生女性は口説き落とすことはできません。

 

我々が求めているような、

テニスでいうところの

「ラブゲーム」(※)

みたいな状態って、ほとんでありません。

※相手プレーヤーに1ポイントも与えずにゲームを制すること

 

できるのは、一時的な「好意っぽいサイン」が確認できるくらいのものです。

意識を変えてください!

 

 

本当の脈ありサインとは

脈を誤解されている方がいらっしゃる気がします。

一般的に「脈あり」は、

「こちらが誘えば、OKな状態」

と、認識されている方が多いようですが、

これは、

「超脈あり」

と言ってもいいような状態です。

 

こんなものを待っているようでは、一生女性を口説き落とすことはできません。

 

違うのです!

 

女性を口説きたい、

ワンナイトラブを成功させたい、

そんな我々が見極める「脈あり」は、

「こちらが声かけすれば、まあいいかという気分にすることができる」

このくらいの状態のことです。

 

飲みの誘い

キス

ホテル誘導

 

その都度「まあいいか」と思わせる。

こういったサインを見抜けば良いのです。

 

「飲みに行こうよ」

「(うーん、まあ、面白そうだし、まあ、いいか)いいですよ」

 

「(顔を近づける)」

「(ああ、どうしよっかな。でも、まあいいか)」

 

「コンビニでお酒でも買ってさ。どっかで、ゆっくり飲もうよ」

「(えー、どうしよう。でも、ま、いいかな)うん」

 

これです。

 

そして、まあいいかを積み重ねることで、徐々に女性の感情も高ぶってきます。

これこそが「口説き」なのです。

 

「これは、脈ありか! 誘えば成功するかなー!」

こんなことを言うのは、もう終わりにしましょう。

 

答えを相手に求めてはいけません。

こちらが、こちらの望むように誘導するのです。

 

サインというものがあるとすれば、こちらの行動で、サインを「作り出す」のです。

 

是非、このような積極的な意識をもって、女性にアプローチをしてみてください。

 

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ