LINEは口説きのツールではなく誘いのツール

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、私が携帯電話を初めて持ったのは20歳の時でした。

 

しばらくすると、携帯電話にメール機能が備わります。

「その時は、うわー、文字が送れるんだ」

なんて、わくわくしながら使っていました。

 

当然、気になるあの子にメールしましたね。

バイトや大学。

実際い会うとまともにしゃべれないくせに、メールだとやたらと自信ありげなんですよね。

 

そして、LINEの登場です。

 

 

LINEで口説かない

5年くらい前でしたね。

もう本当、あっという間に広がりましたよね。

 

とにかくやりとりが早い。

そして、相手が読んだかどうかがわかる。

文字を使わなく ても、スタンプで意思疎通できる。

 

いや、本当に便利なツールですよね。

 

リリースから3か月で100万ダウンロード。

半年で1000万ダウンロード。

2年経ったら1億ダウンロードですよ。

 

もう、とんでもない鬼ツールというわけです。

 

で、現在。

私はLINEをどう使っているかというと

・・・ほとんど使っていません。

家族くらいですね。

 

後は、職場や習い事先でない、私の生活の導線上では会えない女性に送るくらいです。

 

つまり、LINEを口説きには使っていないということです。

 

これから気にある女性を口説こうと思っている方。

LINEで口説かないでください。

 

いいですか!

 

口説きはメールやLINEでするもんじゃないんです。

実際にリアルにあって、トークで口説くんですよ。

 

 

だって、皆さん。

 

セックスって疑似ですか?

エアーですか?

文字コンテンツですか?

 

違いますよね。

 

セックスは、リアルに肌と肌を重ね合うものです。

 

つまり、目の前に実際に存在している女性を、言葉で口説き落とさなければ、抱く事なんてできないんです。

LINEじゃだめなんです。

 

いかに、LINEで、コンテンツの中で、長文で、ロマンチックなことを言っていても、そして、高反応な返信が来ても。

実際に会って口説けないようでは、絶対その女性を抱くことはできません。

 

でも、LINEで口説いている男性。

結構多いですよね。

 

 

文章が長いんじゃー!

先日、真面目系な男友達にアプローチしている女性がいるということで、LINEを見せてもらいました。

 

え?

まじ?

 

私は愕然としました。

「も、文字多いな」

 

そう 、その友人は女性をLINEで口説いていたのです。

1回1回が超ロングで超真面目です。

しかも、深夜です。

うわー、うぜー!

しかも、スタンプないし。

 

「ちゃんと考えて送ってるんですよ」

と彼は反論してきます。

 

そして、謎の駆け引きスキルも教えてくれました。

 

・LINEが来たら3つに1つは未読にしておく

・3つに1つは既読でスルー

・3つに1つはすぐ返す

 

こうすることで、女性の心をわしづ…

そうしゃべっている友人の頭をわしづかみにしました。

 

「まじ、そんな糞スキル止めろや!」

 

なんですか?

3つに1つは未読とか既読とか。

いや、全く意味がわかりません。

 

だいたい、その女性は、あなたにしか時間を使わない方なのですか?

どんだけ振り回しているんですか?

 

そんな面倒くさい男性に、女性が身体を許すとでも?

そんな理屈ないですよね。

 

LINEは口説きではなく誘いのツール

私はLINEをほとんど使いません。

実際に会える女性は、実際に会って話をし、そして誘います。

 

LINEを使うのは、冒頭申し上げたように、会社や習い事先にもいない方。

そんな女性には送ります。

ただし、本当に誘うだけです。

 

「暇?」

「のど乾いたね」

など。

さらりとユニークに誘います。

 

口説きはリアルです。

必ず実際に会ってアプローチしてください。

 

きよぺー

 

このページの先頭へ