自信をしっかりとイメージできていますか? 〜自信の正体はこれだ!〜

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、よく聞く言葉で、

「モテるためには自信が必要!」

ってのがあります。

 

私も全く同感です。

 

モテるため、

女性を口説くためには、

自信が必須です。

 

自信なさげな

なよなよした

びくびくした

このような男性に抱かれたいなんて
思う女性はいませんよね。

 

どんなに優しい男性も、

どんなに気づかいができる男性も、

自信がなければ、宝の持ち腐れ。

モテるようにはならない、というわけです。

 

 

しかし、この自信。

非常にあいまいでわかりにくい
概念じゃないですか?

自信を持てと言われても、
いまいちしっくりきませんよね。

 

「自信をイメージせよ」

と言われて、すぐにピンときますでしょうか。

 

「何だろう、何か胸を張ってるみたいな」

「髭を生やした黒シルクハットの紳士みたいな」

 

ちょっとふざけていますが(笑)

こんなイメージを持たれている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

さて、実は、私はこの

「自信」

というものについて、
ある程度明確なイメージを持っております。

 

そのイメージを持ちつつ、
女性にアプローチを行うと、
自然と

「自信みなぎるアプローチ」

になるのです。

 

では、そのイメージとは
どういったものなのか?

 

それは、「上空から舞い降りる」です。

 

「は? 意味分けんねーよ、このゴミが!」

と自信満々でお怒りになられる方も
いらっしゃるかもしれないので、
早々に解説いたします。

 

私が考えますに、自信とは、
すなわち「上」にいることです。

相手女性との関係性で、
こちらが上にいる状態。

これが「自信」の正体だと思うのです。

 

つまり、私が良く言う概念で言えば
「格上」ですね。

この状態が自信のある状態。

格上からのアプローチが

「自信みなぎるアプローチ」

と言えるわけです。

 

これをイメージすると、

「上空から舞い降りる」

が適当かと思うのです。

 

 

つまり、自信あふれるアプローチとは、
上空からさっと奪い取る、
みたいな感じですね。

 

逆に言うと、
自信のないアプローチというのは、
下から一生懸命上にあるものを、

背伸びしてとるような、
ジャンプしてとるような、
そんなイメージですね。

 

このような「必至」なアプローチは
成功しません。

「なんか一生懸命だな」
と思われてしまいます。

つまり「格下認定」されるということですね。

 

もし、自信ってなんだろう?

と不安になってしまったときは、

 

上から、

上空から、

余裕のあるアプローチをする。

 

これをイメージしてみてください。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ