女性から飲みに誘われた時「どんな理由で誘ってきたんだろうか?」なんて気にしちゃダメです!

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、あなたは、

女性からサシ飲みに
誘われたことってありますか?

 

私は、たまーに、メルマガの読者様から

「女性からサシ飲みに誘われたんですけど、どんな気持ちで誘ってきたんですかね?」

と、いうようなご質問をいただきます。

 

そんな時の私の回答は、

「う、うらやましー!」

です。

 

いやあ、羨ましいですよ。

女性から誘われるなんて。

 

男女関係においては、
基本的には、男性が女性を口説くことが
原則です。

そのため、我々は、日々、
女性へのアプローチ方法について
勉強、研究、実験、実践

これらを繰り返しているわけです。

 

そんな中、女性からお誘いを受けるなんて、

羨ましいの他に言葉が見つかりません。

 

「で、きよぺーさん。その女性って、一体、どんな気持ちで、私を誘ったんでしょうかね?」

 

…わかりません。

 

「え?」

 

いや、わかりませんよ。

その女性の気持ちなんて。

 

私は、

神様でもデンデでもないのです。

 

名探偵コナンでも、

未来少年コナンでもありません。

 

 

と、いいますか。

その女性の気持ちなんて、
関係ないです。

 

 

いいですか!

ワンナイトラブを狙っている我々にとっては、
女性の気持ちなんて関係ありません。

 

重要なのは、その女性を

どう行動させるのか?

どう誘導するのか?

これに尽きるのです。

 

 

別に、私が

「サイコパス」

なのではありません。

 

そもそも、女性が何を考えているか、
わかるハズもないのです。

 

 

例えば、あなたを飲みに誘った理由は、

仕事の相談かもしれません。

愚痴を聞いて欲しいだけかもしれません。

恋の相談かもしれません。

あなたへの苦情・クレームかもしれません。

 

でも、どうだっていいんです。

 

重要なのは、

あなたと「サシ飲み」をしてくれる。

この事実だけです。

 

例え、あなたに男性的な魅力を
全く感じていなかったとしても、

その飲みで口説き落とせば
良いではないですか。

 

 

女性の気持ちを知りたい、

心理状況を確認したいと思う男性は、

重要な部分を勘違いしています。

 

どの程度、好かれているのか?

どの程度、期待しているのか?

 

そんなものは全く関係ありません。

 

なぜなら、それらは、

これまでの、あなたとその女性との
関係性の中で生まれたものに
過ぎないからです。

 

これまで、あなたとその女性は、

濃密な空間を共有していましたか?

近距離で長時間過ごしていましたか?

 

そんなハズはありません。

 

恐らくは、

同じ職場で、ちょっと一緒に仕事をしただけ。

同じサークルで、ちょっとしゃべっただけ。

 

この程度なんです。

これまでの関係性なんて、
所詮この程度のものなのです。

 

 

それがどうですか?

これからサシ飲みに行くんですよ?

 

二人っきりで、お酒を飲むんです。

これまでとは、
共有できる時間の濃度が違います。

次元が違うんです。

 

つまり、

その飲みで、あなたの魅力を
十分に伝えることができれば、

その飲みで、

興味関心を与えることができる。

好きにすることができる。

抱くことができるんです。

 

なので、

飲みの前に、その女性が
何を考えているのかなんて、
気にしないでください。

 

気にしていると、ろくなことがありません。

 

例えば、その女性が、
あなたに、仕事の相談があったとします。

それが飲みの席で判明したとき、あなたは

「なーんだ、仕事の相談だったんだー」

なんて、言うのですか!

 

そんなマインドでは、

その女性を絶対に口説けません!

 

例え、仕事の相談であっても、
そんなの適当にながしてください。

「相談する相手、間違えたね」

これでOKです。

 

むしろ、

「そんな悩み忘れさせてやるぜ」

くらいの気持ちでいいんです。

 

 

その女性が

どんな気持ちで

どんな理由で

飲みに来ているかなんて関係ありません。

 

女性の持っている悩みを

あなたとの

楽しい空間

心地良い空間

非日常的空間

これらで洗い流してあげればいいんです。

 

是非、こういった

強いマインドで、飲みに臨んでください。

 

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ