「こ、こわあー・・・」

この私が、サシ飲みの最中に
ワンナイトラブを諦めたことがあります。

目の前に座っている女性の目が
黒く光り、表情が曇り、歯を食いしばり、

「マジでホントに最悪だった!」

と、おしゃれなバーの店内に響き渡る
ボイスを発したからです。

皆さん・・・女性を舐めてはいけませんぞ!

 

美人処女の初恋

美人系の30歳女性。

楽しい会話を続けていたのですが、
過去の恋愛話を聞き出した途端、
表情が一変。

そこから、止まることなく
過去の男の話をし始めました。

 

元カレ?なその男性とは、
休日出社の際にたまたま一緒になり、
好きな映画が一致するなど、
価値観の共有などがあり、
割とスムーズに仲良くなっていったとのこと。

しかし、その時、27、28歳だったそうですが、
まだ、男性経験がなく、セックスは
拒んでいたとのこと。

 

しかしながら、付き合って半年ほど
経ったところで、衝撃の事実が。

その彼氏がなんと別の女性と
同棲をしていたのだそうです。

 

初恋は浮気の加害者だった

それまで、何度か、その男性宅に
行こうとしたそうなのですが、

実家暮らしでかつ親が厳しい人
とのことで、家には行けずじまい
だったそうなのです。

 

しかし、ある時、ファミレスに行った際、
トイレに行った時、たまたまテーブルに
置かれていたスマホに着信が。

見ると、明らかに女性の名前。

 

その後、まさかと思いつつ、
死ぬほど追及したところ、
なんと、同棲している女性で
あることが判明。

 

なんてことでしょう。

その女性にとっての最初の恋が、
浮気・不倫みたいな状況だったなんて。

しかし、最悪なのがこの後。

 

男性の話を信じてロストバージン

その男性が言うには、

「同棲している女とは別れる予定だ」

「絶対に分かれるから正式に付き合って欲しい」

などと、逆に猛アタックをされ、
なんと、バージンをその男に
捧げてしまったそう。

 

この話を聞いてる時点で、私は、
超絶悔しい気持ちに襲われましたが、
表情には出さず。

 

身体を許した結果、完全に
彼にどっぷりとはまってしまった女性。

 

しかし、その後、なかなか同棲の女性と
別れない彼氏。

ついに、家を調べ上げ、その男性の
同棲しているマンションへ。

 

どうやら、彼氏は家にいるようだったので、
もしや、同棲中の女性も一緒に
いるのでは?と、

二人が出てくるのをひたすら、
マンションの前で待っていたそうです。

 

ううう・・・

段々と、サシ飲みに誘ったことを
後悔し始める私。

「女って怖ええ・・・」

しかし、女性の告白は続きます。

 

怒り爆発

数時間が経ったところで、なんと
彼氏と同棲中の女性が、
手をつなぎながら、仲良く
出てきたのだそうです。

その二人の仲良しっぷりを見て、
女性は精神が崩壊。

 

女性は彼氏に襲い掛かり、
髪を引っ張り、顔をひっかき、
もうさんざんに暴れたそうです。

それを見て、同棲中の女性が
何度も

「ごめんなさい」

と叫んでいたそうです。

 

その後、同じ会社だった男性に
退職を迫り、ついには、本当に
会社から追い出したのだそう。

 

「私はこれ(女)で会社を辞めました」

ってCMがありましたが、
ホントにそんな目にあった奴がいたとは!

 

女性を舐めるとひどい目にあいます

・・・おおお。

なんと、恐ろしい話よ。

 

こんな話を聞いて、セックスしたいなんて
男は、たぶん、変態です。

私のジュニアは、中身がなくなったか?
ってくらい縮こまってしまいました。

 

いやー、それにしても、
ますます、私が日ごろから言っている
ことの重要性を再確認したところです。

やはり、最終的に、
女性へのアプローチは、
女性を幸せにするために行うのです。

この点をしっかりと認識できていれば、
身体目当てで浮気相手の恋心を
もてあそぶこともなかったでしょう。

 

その女性が抱きたのであれば、
最初から最後まで遊びモードで
アプローチするべきでした。

同棲中の女性がいるにもかかわらず、
他の女性に恋愛モードで迫った結果、
一人の女性を、いや、二人の女性を
悲しませることになってしまったのです。

 

この話を聞いて、なんだか、過去に会った
ベッキーさんの話を思い出しました。

 

いいですか、みなさん。

 

女性を悲しませてはいけません。

 

身体目的で女性にアプローチするのは
良いと思います。

しかし、その方法として、
女性の恋心を利用してはいけません。

 

あくまで、正面から、正々堂々、
下心満載、エロ目的で誘ってください。

 

あなたに抱かれた女性が、

「楽しい夜だったな」

って思ってもらえるような。

 

そして、その後、その女性に
彼氏が出来たり、結婚をしたりした後、

ふと、あなたとのワンナイトラブを思い出して、
ふっと笑えるような、そんな素敵な
思い出にしてあげてください。

 

女性を舐めてはいけません。

 

真剣に

堂々と

オスとして女性にアプローチをしてください。

 

・・・それにしても、処女や、
ほとんど男性経験がない女性って、
結構多いですね。

今回の女性は、女子大卒らしいんですが、
それにして30歳手前までバージンだったとは。

ちなみに、マジで美人です。

 

処女厨の方には、頑張りがいのある
時代なんですよ。

 

きよぺーでした。