きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

最近、思うんです。

 

もう私、40歳ですよ。

 

でも、

 

職場の女性を見るたびに、

「うおおおおおおお!可愛い!」

 

オフィス街で、

「うおおおおおおお!おっぱいでけー!」

 

電車の中で、

「うおおおおおおお!エロい足しとるやんけえええええええ!」

 

ってね。

15歳くらいから、頭の中身が
全く変わってないわけですよ。

 

少年時代に私が思い描いていた40歳って、
もっと渋くて、ワイルドで、枯れている。

そんなオッサンを思い描いていました。

 

しかし、ただの子供のような40歳が
出来上がりました。

 

で、そんな自分をどう思うのかと
申しますと、

大好きです!

私、自分大好きです。

 

でも、昔は違いました。

 

30歳くらいまでは、

まともに女性と会話できないし、

男性とも会話できないし、

友達もいないし、

仕事も出来ないし、

毎日つまらないし、

多分、もう、覚えていませんが、
自分のこと嫌いだったでしょうね。

 

まず、本当に、女性が口説けませんでした。

 

あと、強度の処女厨だったし…

 

処女を口説く方法~処女の特性を抑え3ステップでデートに誘え!

 

女性と

まじめに接すれば、

優しく接すれば、

ベッドで接せれるかと思っていたのですが、
全くそんなことはなく、

 

むしろ、女性と、

不真面目に接し、

意地悪に接した男子が、

ベッドで接していたのだと思います。

 

逆ですね。

 

つーか、逆ですよ!

 

男性が、女性を口説くなんてことは、

あ行五段活用よりも

連立方程式よりも

関係代名詞よりも

人生において、数百倍、数千倍も
大事なことじゃないですか。

 

それを学校で教えてもらえていないなんて。

 

そう。

 

本当に大事なことって、
学校じゃ教えてくれないんですよね。

 

女性の口説き方も、

金の稼ぎ方も、

人生をよりよく過ごすための授業は、
ほとんど聞くことはできません。

 

やっぱ、社会を安定させるために、
優秀な歯車的な、

すごく嫌な言い方になってしまいましたが、
そんな人間を作るのが、学校かなって。

 

でも、別に、私は、学校に対して、
社会に対して、

なんの不満もありません。

 

だって、平和ですよ、日本って。

 

四季もあるし、

平和だし、

食事は美味しいし、

女性も美味しいし、

本当、良い時代、良い場所に
産んでいただきました。

 

両親に大感謝ですね。

 

だからこそ!

 

突き抜けた快楽

突き抜けた幸福

 

これらを得るためには、

自分で学んで、自分で努力し、
自分で行動しなければいけないわけです。

 

今ある自分は、全て過去の自分が
作り上げた作品。

 

今、40歳の自分が大好きな私は、
これまでの自分に感謝です。

 

30歳くらいで、やっぱり、

女性が大好きで、

女性が欲しいから、

女性を頑張ることを決意し、

毎日、

毎日、

女性を口説くことを考え、

女性にアプローチし、

女性で失敗し、

日々日々、モテるための努力を
継続してきました。

 

どこかで聞いたことありませんか?

人間は、10000時間費やせば、
その分野で一流になれる、と。

 

これ、カナダでジャーナリストをされていた
故マルコム・グラッドウェル氏の著書

OUTLIERS(天才!成功する人々の法則)

という本に書かれているものらしいです。

 

一万時間で一流になれるって、
結構、有名な言葉ですよね。

 

そう考えると、私、

この10年間、3650日くらい、

おおよそ、1日3時間は、

女性のことを考え、

女性にモテるための努力をしてきたと
思います。

 

つまり、

3650×3=10000時間以上!

 

あ、10000時間以上、
モテる努力してんじゃん!

 

だから、結果出たんだ!

 

と、一万時間を達成した今になって
感慨深く思いました。

 

まあ、一流とは言えないまでも、

 

30歳から10000時間頑張ってきたことで、

ある程度、女性を口説くレベルは、
高まってきたのかなーと思います。

 

こんな企画をやるくらいですから、
平均男性よりは、モテる状態なのかな、と。

 

『きよぺー7日間戦争①』きよぺー7日間連続で女性を口説き落とす!?

 

40歳だなんて、もうおっさんで、

若い女性が相手をしてくれるはずがない。

 

40歳で若い女性を口説くなんて

恥ずかしいこと。

 

そんなことを至る所で見聞きしてきましたが、
自分を信じて、邁進してきて良かった。

 

やはり、最後に信じられるのは、
自分だけであり、

自分を作り上げるのも自分だけなんですね。

 

今は、若い女性を口説き落としている
50歳になるべく、

これからも努力を続けていく所存です。

 

そのために、

日々謙虚に、

誠実に、

自己研鑽を怠らず、

チャレンジを続け、

失敗もし続け、

成功(性交)もし続け、

頑張っていきたいと思います。

 

皆さんも頑張ってください。

多分、結果は、おのずとついてきます。

 

私は、10000時間かかりましたが、

皆さんは、10000時間も
かからないかもしれません。

 

当サイトを参考にしていただいても
結構ですし、

もっとあなたに合ったサイトなども
あるかと思います。

 

アンテナをきちんと立て、

チンコもきチンと立て、

 

日々頑張っていきましょう。

 

「俺は、○○歳で童貞だから、もうダメだー!」

って、方は、こちらの記事でも読んで、
バレないようにアプローチしてみましょう。

 

初エッチで童貞がバレない方法〜セックスまでの詳細な手順解説

 

きよぺー

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。