友情や仲間意識を犠牲にしてまでワンナイトを楽しみたいのか?

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

友情や仲間意識を犠牲にしてまで、
ワンナイトを楽しみたいのかいっ!

おい、俺の筋肉!

ってお話しをしたいと思います。

 

・・・ちなみに、今回は、また、
私のたわごと系の記事なんで、

真剣に読む必要は、
ナッシングでございます。

 

友情や仲間意識を犠牲にしてまでワンナイトを楽しみたいのか?

先日、以前の会社の先輩(男)と
お茶しました。

 

結構、エロネタで盛り上がるような
関係の方だったのですが、

ご結婚をされてからは、
風俗の方にシフトされたみたいです。

 

そんなワンナイトにご理解のある
先輩なのですが、

ふと、口にされた一言が
私の中で妙に引っ掛かりました。

 

それは、

「きよぺー君は、会社の人とのつながりよりも、エッチ優先なんだねー」

この先輩は、笑いながら、
呆れたようにおっしゃっていたのですが、

 

ああ。

確かに。

 

私は、職場の方との関係性や
仲間意識を犠牲にして、
エロに突き進んでいます。

間違いないです。

 

他の方が、一生懸命
仕事をしている間、

私はエロいことを考えています。

職場でよく勃起しますし。
たまにちょっと濡れます。

 

また、あまり飲み会に
参加していないので、

職場の仲間から、

「きよぺーさん飲み(飲み会)に行きましょうよ」

とは言われなくなりました。

 

限りあるリソースをどう使うのか?

私ごとき、くそが
お話しすることではありませんが、

人ってある程度同じような
脳のスペックを持っていると
思うのですよね。

 

まあ、もちろん受験勉強などと
同じように、標準偏差的なものが
があるのでしょうが。

 

で、何かで結果を出すためには、
この限られたスペックを

何に費やすのかってのが、
大事になるわけです。

 

もちろん、特段の目的を持たず、
毎日ふわーっと生活するのも
全然ありだと思います。

 

あくまで「何者か」になりたい時の話です。

 

一般ピーポーとは異なる風景を
見ながら生活したいのであれば、

これは、限られたスペックを
有効に活用しなければならないわけです。

 

で、私はと言うと、幼少期から
めちゃくちゃエロかったんですね。

 

未だに覚えているのですが、
幼稚園の時に、戦隊ものの、
ピンクレンジャー?的な女子の
お尻を撫でまわすことを夢想してました。

幼児の私の中では、これが
最もエロいことだ、思いながら。

 

もっとエロいことはないのかー。

とか、幼児が考えていたのですから、
パナイです。

結果として、もっとエロいことが
いっぱい、おっぱいあったのですが。

 

そんなもともとエロい私が、
少ないながら、脳のリソースの
ほとんどをエロに投入している結果、

今のように、ある程度、マン足のイク
毎日を送っているわけです。

 

つまり、

普通のサラリーマンが、

アフター5を使って、
飲み会に行ったり、勉強したり、
セミナー受けたり、残業したり、
出世への努力をしたりしてる時に、

職場の方との関係性や
仲間意識を犠牲にして、
エロに突き進んでいるわけですね。

 

もちろん、家族も超絶大事に
しています。

仕事の合間とかに、ちゃんと
電話したり、しょっちゅうお出かけ
したりしていますので。

家庭円満は、エロ野郎の基本です。

 

とはいえ、脳内のほとんどは、
エロスで埋め尽くされているわけです。

 

なので、毎日のように、

まあ、内容はくだらないですが、
当サイトに記事を投稿できるのだと
思うのです。

 

大好きな女やエロい内容なので、
書いていても苦じゃないですし、
ネタも尽きないわけです。

しかし、一方で、私もリーマンですから、
仕事をしているわけです。

 

まあ、やるべきことはやっているかと
思いますが、

やる気はありません!

愛社精神も全く持ってません!

 

一方で、一人でも多くの魅力的な
職場の女性と遊びたいと思っていますし、

何もなければ、
一刻も早く帰宅したいです。

 

そんなわけで、私は、脳の
ほとんどのリソースを女遊びに
使っているわけですね。

 

ゆえに、一般の男性と比べれば、
比較的多くの女性と遊べているわけです。

 

そう。

時間のみならず、
脳のリソースって限られているんです。

 

中毒性のある「無駄」やってませんか?

しかし、自分の脳内の中で
仕事の割合が多いのは、全然良いです。

むしろ、社会人的には、
素敵な状態なのではないでしょうか。

 

しかし、

やっぱ、

スマホでゲームやSNSや
YouTubeやニュース閲覧。

これって、もったいないですよねー。

 

脳のリソースの使い方としては。

あれですね。

アルコールや、カフェインや糖分と
一緒で、中毒になってんですね。

 

  • スマホゲーム中毒
  • SNS中毒
  • YouTube中毒
  • 情報収集中毒

 

もちろん、時間の使い方は
人それぞれなので、

私は他の人の時間の使い方に対して
文句言うつもりはないのですが、

まあ、ほどほどにしておかないと、
もったいないですね。

 

でも、考えようによっては、
恋のライバルが、ネット中毒って、
いい時代になりました。

これらって、あまり脳をポジティブに
使わないので、頭の回転も
微妙になりそうですよね。

ちょっと頑張れば、すぐに、
相対的にモテる男になれまっせ。

 

打倒リア充

てなわけで、ここまでのたわごとを
超強引にまとめると、

何かで結果を出したいのであれば、
犠牲にしなければならないことがある。

しかし、そもそも時間の浪費を
しているのであれば、それは止めましょう。

こんな感じですかね。

 

まあ、ただ、

私も心のどこかでは、
みんなと仲良く、飲み会で楽しく飲む。

いわゆる

リア充

に憧れているところがあるのでしょうね。

 

じゃないと、こんな記事わざわざ
書きませんよね。

 

元々、非リアだったゆえに、

打倒リア充

の炎を心の中に燃えたぎらせ、
自分に鞭打って、女性に
アプローチしている。

そんな一面もあるのかもしれません。

 

孤独なワンナイトクリエイター

きよぺーでした。

 

おっぱい