【500記事記念】きよぺーがハマったゲームランキング108(思い出補正ちょっとあり)

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、当サイトを開設して
早くも5年ほどが経つのですが、

気が付いたら、当記事をもって

500記事を達成いたしました!

 

あまり、記事数は気にせずサイトを
運営していたのですが、

500という数字には、ちょっと
感慨深いものがあります。

 

そこで、今回は、500記事を
達成したことを記念いたしまして、

【500記事達成記念】きよぺーがハマったゲームランキング108

をお送りしたいと思います。

 

「モテと全然関係ねーじゃねーか!」

と怒りのメガトンパンチな方も
いらっしゃるかもしれませんが、

まあ、いいじゃないですか。

 

で、今回の記事を作成するにあたって、
これまで私がプレイしてきたゲームを
挙げていったのですが、

余裕で200本を越えていました。

 

いやー、結構びっくりですね。

 

まあ、よくよく思い出してみれば、

子供時代に、デパートや電気屋さんに
行くたびに、まっさきに向かったのは、

ゲーム販売エリア

でしたからねー。

 

で、行くたびに、両親に泣いて請うて
買ってもらったものです。

 

「うわーん!勉強するから買って買ってー!」

「お小遣いいらないから買って買ってー!」

 

もちろん、勉強もしませんし、
お小遣いも徴収しました。

カスです。

 

本当、お父様、お母様には感謝です。

 

と、ほとんどは、両親に
買ってもらったものですが、中には、

親戚からもらったもの、

友人に貸してもらったもの、交換したもの

高校生以降に中古ショップとかで買ったもの

なども入ってます。

 

リストを作っていて思ったのですが、

驚くほど、手に入れた時のことを
覚えているんですね。

 

一本一本が感動と刺激とともに
自分の元にやってきたのでしょう。

 

いまは、子どもの頃と比べると
ある程度、自由になるお金が
ありますので、

あの頃のような感動を
味わうことはないのでしょうね。

 

まあ、ゲームを手に入れた時の
感動が、そっくりそのまま、

女性を口説き落とせたときに
シフトしているのかもしれません。

 

って、前置き長すぎですね。

すいません。

 

では、きよぺーがこれまでプレイした
ゲームランキング

ベスト108を発表いたします。

 

ランキングは、

  • ハマり度
  • 面白さ
  • 人生貢献度
  • 感動
  • 思い出補正

など総合的に判断しています。

 

なので、完全に

主観的な評価

ですので、あしからず。

 

私は現在40歳なので、アラフォーの方は
結構くるものがあると思います

 

それでは、長いですが、どうぞ!

 

このページの目次

108位    ロックマンX [スーパーファミコン 1994]   

スーファミバージョンのロックマンですね。

何だか突然、ロックマンが大人になってしまって。

感覚的には、ピッコロ大魔王編の後、
天下一武道会に現れた悟空の背が
おっきくなっていた、みたいな感じです。

自分の身体のパーツを集めるという
どろろ的な要素もありましたね。

ゼロとかいうパイセンが出てきたのも、
この作品からだったかな?

 

107位 新人類 [ファミコン 1987]   

何十回かチャレンジしましがた、
が、結局クリアできず。

ほとんどは最初の池を渡れずに死亡しました。

あれは、落ちるだろ、絶対!

途中で長州力さんに変身できるという
なぞな仕様になっておりました。

 

106位 がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻 [スーパーファミコン 1990]   

子供向けの難易度の低いゲームでした。

数あるゴエモンシリーズで
私がプレイしたのがこの作品だけでしたね。

 

105位 ドラゴンバスター [ファミコン 1987]   

レトロゲームですね。

面白いんですが、難点が。

それは、操作しているキャラが
画面の真ん中ではなく、画面の前の方に
なってしまうってこと。

つまり、敵が出てきた時に、
とっさに反応しなければならないってことです。

 

104位 ローリング・スカイ [スマホとか 2016]   

電車で隣の席に座っていた小学生が
やっていたのを見て、
ダウンロードしました。

もちろんPROで。

いや、難しいですよねー。

これ全クリできる人、
まじヤバすぎでしょ。

 

103位 摩訶摩訶 [スーパーファミコン 1992] 

ドラクエやFFに慣れた少年には
ちょっときつかったです。

前世に変身!

ラスボスまでふざけるのか、
と思っていましたが、後で
ちゃんとしたのが出てきて安心しました。

 

102位 ドクターマリオ [ファミコン    1990]   

あたまにこびりつく音楽です。

そんなにめちゃくちゃハマった
わけではありませんが、
短期で集中的にやりましたね。

マリオさん、違う、
それじゃない。見てわかんだろ!

の連続でしたね。

 

101位    魔鐘    [ファミコン    1986]   

たしか大学生くらいの時に、
ドンキで中古を買いました。

ザ・レトロゲームといったおもむきです。

機動性が悪く、敵の耐性がめちゃ高いです。

何発ナイフをぶち込めば倒せるんだ!

の連続です。

 

100位    キングコング2 怒りのメガトンパンチ    [ファミコン    1986]   

コナミさんの作品らしく、カッコいい音楽と、
安定感のあるステージです。

ただ、何で建物が点滅してるんでしょうか?

目がチカチカして、
メガトン気持ち悪くなりました。

 

99位    アーバンチャンピオン    [ファミコン    1984]   

ステゴロです。

で、殴りまくってマンホールに
落とすという鬼畜ゲーム。

勝者には美女の祝福が与えられます。

弱肉強食を教えてもらった一作です。

 

98位    迷宮組曲 ミロンの大冒険    [ファミコン    1986]   

シャボン玉で敵を駆逐していくゲーム。

組曲ってなんだか、素敵やん。

 

97位    オバケのQ太郎 ワンワンパニック    [ファミコン    1985]   

時間とともに生命力がどんどん失われていく
命削る系ゲーム。

でケーキとか食べて体力を回復。

なんだか、ドラゴンボール(神龍の謎)的な感じがあり。

 

96位    ブレス オブ ファイア 竜の戦士    [スーパーファミコン    1993]   

親戚のお兄ちゃんがやっていたのを見て、
即買いました。

ストーリーも音楽も素敵でした。

ただ唯一の難点は、
ダメージにランダム性がないってこと。

この攻撃力で、相手の防御力がこれならこのダメージ。

この呪文はこのダメージ、みたいな。

仲間同士でヒュージョンするってのも斬新でした。

結局、完全体にはなれませんでした。

ボスのHPくそ高すぎです。

 

95位    マイクタイソン・パンチアウト!!    [ファミコン    1987]   

これ、地味にハマりました。

ボクシングゲームです。

相手の攻撃のリズムに合わせて
カウンターとか入れたり。

最初に戦った奴が後からまた強くなって
再開するみたいな粋な演出もあり。

でラスボスがマイクタイソンなんですよね。

一発喰らったら死にます。

私が苦労したのは、キングヒッポとかいう
お団子みたいな奴でしたね。

倒し方がなかなかわからなくて
かなり苦労しました。

 

94位    マリオブラザーズ    [ファミコン    1983]   

なんか、カニですよね。

最後の一匹になると血相を変えて突撃してくる。

で、友達とかと対戦も出来るのですが、
まあ、裏切りと騙し合いですわ。

 

93位    ジャイロセット    [ファミコン    1985]   

めちゃくちゃ覚えてるんですが、
小学校のバザーで売ってたんですよ。

ロボットが。

で、それがファミコンだったんですよ。

でも、壊れていたのか、だたの
よくわからないロボットとして、
家の棚の上に鎮座していました。

で肝心のゲームはと言うと、
なんか、赤と青の棒を
動かして進むみたいな・・・

私はよく味わいきれませんでしたが、
当時としては画期的なソフトだった
のだと思います。

 

92位    ツインビー    [ファミコン    1986]   

縦型シューティング。

鐘を打って色を変える
という独自システム。

「それ、俺が打ってた鐘だろーが!」

友達とやると必ずケンカになる
という呪われしゲームです。

 

91位    ボンバーマン    [ファミコン    1985]   

みなさんそうだと思いますが、

ボンバーマンって、
プレイした後も、

頭の中がずっと、
ボンバーマン状態になりません?

 

90位    影の伝説    [ファミコン    1986]   

よくある、姫が目の前で
さらわれる系です。

3ドットくらいの手裏剣を
はじきながら進みます。

即死亡系のため、
本物の真剣勝負が味わえます。

 

89位    ドラゴンボール 大魔王復活    [ファミコン    1988]   

いや、勉強できない系の
小学生には無理ですわ。

きちんと今どこにいるのか
ノートとかに書きながら進まないと。

 

88位    おそ松くん バック・トゥ・ザ・ミーの出っ歯の巻    [ファミコン    1989]   

いやー、進めねー!

何か、探偵ゲームによくありがちな
いろいろ調べながら進むソフトなのですが、

調べるべき場所がまじ
1ドットなんですよね。

なかなかOK判定が出なくて、
まじで困りました。

 

87位    スーパードンキーコング    [スーパーファミコン    1994]   

本当、任天堂さんの作品って、
しっかりできてますよねー。

操作性の良さに感動しました。

 

86位    月風魔伝    [ファミコン    1987]   

グラフィックや音楽が小学生の私には
ちょっと怖かったですが、
非常に爽快なゲームでしたねー。

 

85位    ファイナルファンタジー    [ファミコン    1987]   

これはですねー、確かFF3を
クリアした後に買ってもらいました。

正直、ある意味FF3より難しかったです。

もうとにかくダンジョンがクソ深い。

そして戦闘のサクサク度がめちゃ低い。

でもって、赤魔導士を選んだ瞬間に
クリア不可能という(たぶん)ハメ仕様。

雑魚も死ぬレベルで強いし。

マジで大冒険ですね。

まじカオス。

 

84位    スーパーマリオランド    [ゲームボーイ    1989]   

ゲームボーイですよ。

ついに、ゲームがテレビを離れたんですよ!

この感動と言ったら、
それはもう震え上がりました。

寝たふりして布団にもぐって、
懐中電灯照らしながらやりましたわ。

ゲームボーイってスマホとかと
違って暗闇じゃあできませんでしたからね。

で、あのゲームボーイ独特の
儚いマリオの動きが何ともいえぬ、良さでしたね。

 

83位    高橋名人のバグってハニー    [ファミコン    1987]   

これはですねー、たぶん、
みんな知らないと思いますが、
私はハマったんですよ。

確か、当時、アニメとかでも
やってたんじゃないかなあ。

難易度は・・・いや、たぶん
攻略本があってもクリアできないのでは
ないでしょうか。

謎の、アルカノイドゲームあり、
謎のパスワードあり・・・と。

 

82位    すーぱーぷよぷよ    [スーパーファミコン    1993]   

短期間ですが、ハマりました。

で、結局、連鎖の方法が
いまいちつかめなかったですね。

「ファイヤー」

「アイスストーム」

「ダイアキュート」

「ばよえ~ん」

 

81位    ディグダグ    [ファミコン    1982]   

かわいいキャラの敵に対して
空気で膨らませて破裂させたり、
岩で押しつぶしたりする
残虐性を持ち合わせた作品。

慣れると永遠に進めるような
気がしました。

でも、結局何面まであったのでしょうか?

 

80位    シティコネクション    [ファミコン    1985]   

シャレオツな音楽と一緒に
シティをドライブだぜっ!

でも、猫ふんじゃったにご用心だぜ!

 

79位    超魔界村    [スーパーファミコン    1991]   

ファミコン版の魔界村よりは
数段プレイしやすくなりました。

でも、難しさは健在。

で、ラスボスらしき奴を倒したら、
お姫様から、

「もっかいしょっぱなに戻れ」

との命令が・・・うああああ!

 

78位    忍者くん魔城の冒険    [ファミコン    1984]   

単純だけど、ハマりました。

各ステージのボス、めちゃくちゃ
手数が多くて泣きそうでした。

気絶させないと倒せない敵もいたりして。

 

77位    ジョイメカファイト    [ファミコン    1993]   

ファミコン版のストⅡですわ。

これがまた、面白いんですよ。

当時、周囲ではこのソフト持ってたの
私くらいだったですねー。

 

76位    ファイナルファンタジーIX    [プレイステーション    2000]   

戻ってきたかつてのFFって感じで。

面白かったです。

ただし、1回しかやってません。

なぜなら、ムービーが長すぎて・・・

やはり、私は古い人間なのでしょうか。

サクサク進みたいんですよねー。

昔の子どもたちは
ドラマとかストーリーとか、

自分なりにある程度
考えていた気がします。

 

75位    ストリートファイターII    [スーパーファミコン    1991]   

買ってもらったのは
結構後になってからでした。

なので発売当初は友達の家でやりましたねー。

つーか、このソフトが発売される前に
ゲーセンとかで人気ありましたよね。

で、スーファミが登場して
判明したのが「春麗」の読み方。

私の小学校では「シュンレイ」って
みんな言ってました。

いやあ、田舎者ですわ。

で、白状させてもらうと、
私は結局…波動拳が出せませんでした。

昇竜拳に至っては動きが意味不明。

ってことで、私は、
格闘ゲームにはまることはありませんでした。

 

74位    スーパーチャイニーズ    [ファミコン    1986]   

結構ハマりました。

音楽もチャイニーズ感が
出ていて良かったですよねー。

掛け声も可愛い顔して、
低いダミ声で「ウェイウェイ」って。

で死ぬときは「っふウ」って。

たまに出てくる巨大な化け物が
めちゃくちゃ怖かったですねー。

 

73位    忍者龍剣伝    [ファミコン    1988]   

すげー楽しかったですねー。

やっぱ、効果音あ良かったですねー。

まあ、どんなゲームかを一言で言うと、

「鳥いいいいいい!!!」

 

72位    ヘラクレスの栄光 動き出した神々    [ゲームボーイ    1992]   

ドラクエ1と2が合体したような風味。

結構しっかりめな内容なのですが、
とにかくダメージ幅が大きくて、苦労しました。

 

71位    トランスフォーマー(コンボイの謎)    [ファミコン    1986]   

ドット!

敵の攻撃が1ドットです。

しかも早いし!

チャーラーラララララー・・・ボーン!チャーララーララーチャードルルルルー♪

 

70位    ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち    [プレイステーション    2000]   

ごめんなさい。

多くの方に怒られるかもしれませんが、
初回のスライム戦までに
1時間以上かかるのはちょっと、うーん。

あと、広いフィールドを駆け回るのも・・・うーん。

面白かったですよ。

実は、プレステバージョンも、
スマホバージョンもやりましたし。

でも、私的には、
ドラクエは6までかなー・・・と。

結局、8以降はやってないです。

いまだにドラクエはことあるごとに
やりますが、1~6ですねー。

 

69位    らんま1/2 町内激闘篇    [スーパーファミコン    1992]   

ストⅡ的な格闘ゲームです。

たぶん、ストⅡよりもやりましたね。

結構しっかりした動きでした。

全キャラともとても個性が出ていて
すべからく使っていた気がします。

 

68位    魔界村    [ファミコン    1985]   

レッドアリーマー強すぎ。

でも、こいつよりさらに
強い奴もうじゃうじゃ。

そして、ラストダンジョンでは、
強敵がうじゃうじゃ。

小学生じゃクリア無理でしょ。

で、何とかラスボス倒したら、
お姫様とめでたしめでたしではなく、
いきなり最初のシーンに戻されるし!

でも、2周しなきゃいけないみたいですね。

英語で書いてあったらしいです。

だから、小学生じゃ無理だろ!

 

67位    エレベーターアクション    [ファミコン    1983]   

拳銃を撃って、敵をぶっ殺しまくるゲーム。

しかし、敵も撃ってくるんで、
当たったら即死です。

下に降りるほど、恐怖が募っていきます。

 

66位    マリオペイント    [スーパーファミコン    1992]   

結構、ハマりましたねー。

特にやったのが、ハエたたきと、
映像作品制作みたいなやつ。

何か、ビデオ持ってきて撮りましたっけ。

これをきっかけに映像クリエイターに
なった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

65位    チャレンジャー    [ファミコン    1985]   

面白かったけど、むずかったですねー。

特に、何か、湧き水に乗って進むエリア。

いや、ギリジャン過ぎでしょ。

 

64位    ファイナルファンタジーII    [ファミコン    1988]   

このゲームは、高校生くらいの時に
初めてやったような気がします。

仲間をぶん殴って成長する、
なんともマゾなゲーム。

強くなりすぎてラストダンジョンの敵が
全員逃げていくという謎ゲーです。

 

63位    パロディウス    [ファミコン    1988]   

生まれて始めた秋葉原に連れて行って
もらった時に買ってもらいましたねー。

グラディウスのパロディ版。

誰使ってたかな?

タコだったかな?

 

62位    忍者じゃじゃ丸 銀河大作戦    [ファミコン    1991]   

これまでの忍者じゃじゃ丸くんとは
全く異なる世界観とシステム。

結構難易度高い。

特に、4面のワープのステージ。

カセットでかい。

マリオ3+ロックマン的な感じですね。

 

61位    ハイドライド・スペシャル    [ファミコン    1986]   

ザ・ファミコンって感じの雰囲気。

最初はどうやって攻撃していいのか
わかりませんでした。

結局、体当たり?

調子に乗って進み過ぎると、
敵の破壊力が強すぎて瞬殺されます。

 

60位    グーニーズ    [ファミコン    1985]   

探検。

そう、探検です。

やりましたねー。

で、

「あ、こんなところにこんなアイテムが!」

「あそこまでどうやって行くんだ?」

などなど、発見が。

 

59位    熱血高校ドッジボール部    [ファミコン    1987]   

必殺技の出し方が手に沁み込みましたね。

いまだに、プレイしたら
打てるんじゃないでしょうか。

へいるまん、んじょも、りちあど

懐かしいです。

 

58位    ファイナルファンタジーVIII    [プレイステーション    1999]   

なんだか、キャラがイケメンや美女になりすぎて、
とても感情移入できなくなってきました。

なんとなく、ただプレイしているって感じで。

でも、ラスボスのアルティミシアは
ゲーム史上最高の戦闘曲だった気がします。

「……eeD…」

 「SeeD……SeeD……」

 「SeeD、SeeD、SeeD!!」

 

57位    グラディウス外伝    [プレイステーション    1997]   

買った日、覚えてます。

大学1年生で死ぬほど暇な日、
バイト代が入ったので、

近所のゲームショップで、
クロノクロスと一緒に買いました。

で、結構ハマりましたね。

最終的には激ムズモードでクリアしました。

でも、グラディウスでハマったのはここまでですね。

 

56位    ロックマン2 Dr.ワイリーの謎    [ファミコン    1988]   

ロックマンで買ってもらったのが
2だけだったので、これだけハマりました。

でも、その後、2以外もやりましたが、
結局2が一番面白かったような気もします。

 

55位    ドラゴンボール3 悟空伝    [ファミコン    1989]   

カードバトル要素の入ったゲームで、
これもハマりましたねー。

でも難しかった。

今でも戦闘音楽が頭にこびりついています。

 

54位    サガフロンティア    [プレイステーション    1997]   

不思議なものでファミコンや
スーファミよりも最近に
やっているにも関わらず、
あんまり記憶がありません。

あるのはエミリア編のボスが
意味不明だったのと、

ジャンク屋で武器を
漁ったことくらいですね。

やりこみ要素が多くなるにつれて、
ストーリーにのめり込まなく
なってしまうのでしょうね。

 

53位    ファイナルファンタジーVII    [プレイステーション    1997]   

発売日に学校行く前に買って登校したのですが、
同じく一緒に買っているはずのS君がいない。

どうやら、FF7をやるために
休んでいるようだったのです。

私は、居ても立っても居られなくなり、
範馬勇次郎レベルに怖い担任の先生でしたが

「どうやらインフルエンザにかかりました」

と言って学校を早退しました。

で、結果、

クラスで一番最初にセフィロスを
倒すことが出来ました。

めでたしめでたし。

だが、その後の、海チョコボ…大変過ぎた。

 

52位    聖闘士星矢 黄金伝説完結編    [ファミコン    1988]   

すげー覚えているのが、
初めてラスボスである教皇と戦ったのが、
学校行く前にやり始めた時だったんですね。

で、教皇と戦えば遅刻。

戦わなければギリセーフって感じで。

もちろん、遅刻して
母親からカリツォーくらいました。

 

51位    ロマンシング サ・ガ3    [スーパーファミコン    1995]   

四魔貴族ですよ。

何か、めちゃカッコいい響き。

音楽も、これまたカッコいいんですよ。

「…私はムシけらに倒される定めなのか‥ 」

今度、ついにあらゆるハードで
再販されるらしいですね。

久しぶりやってみようかな。

 

50位    妖怪道中記    [ファミコン    1988]   

何て言ってるかわからないセリフが
なんか面白かったですね。

ハイクオリティーなファミコンって感じ。

ハマりましたねー。

結構難しかった。

 

49位    魍魎戦記MADARA    [ファミコン    1987]   

確か中古屋で買いました。

で、一気にクリアしました。

敵ボスの名前がイミフで、

蛇括神憑分、妖焔候戊倭主、漲緋統凱聯・・・うわああああん。

途中で主人公がパーティーを
抜けた時は、結構ビビりました。

 

48位    ドラゴンバスターII 闇の封印    [ファミコン    1989]   

弓でモンスターを射るゲーム。

基本、音楽がなく、
歩く音と、突如現れるモンスターの
効果音くらいしかありません。

それが、何だか緊張感とともに、
冒険心をくすぐるのですね。

ボスのドラゴン怖すぎます。

 

47位    サガフロンティア2    [スーパーファミコン    1999]   

なんだかこれまでのサガシリーズとは
一線を画したゲームでした。

魔法の使えないギュスターヴと、
歴史を裏で作っていくナイツ。

え、なにこのカッコよすぎなストーリー。

で、感動がラストのエッグ戦ですよ。

頭がクラクラするほどカッコいい音楽。

「ヴァン先生、ひど過ぎます」

 

46位    LIVE A LIVE(ライブ・ア・ライブ)    [スーパーファミコン    1994]   

確か、FF6とクロノトリガーと同時期に
発売されていたような気がします。

死ぬほどいいんですよ、音楽が。

あんまりよくわかりませんが、
確か週間少年サンデーの作家さん達が
7人それぞれのキャラを担当していたような。

小林よしりん先生とか、青山先生とか

なんか、凄い作品って感じです。

で、名言のオンパレードです。

私に一番のお気に入りは、

「あの世で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!!」

です。

で、一番びっくりしたのが、
主人公かと思っていた勇者的な人が、
ラスボスになったことです。

そんなゲームあります?

 

45位    桃太郎伝説    [ファミコン    1988]   

やりました、頑張りました。

これもドラクエ1に近い
レベル上げゲームですね。

ラスボスの直前に
全鬼と連戦するのも
なんかかっこよかったです。

「だだだだだだだぢぢぢぢぢぢぢづづづづづづづでででででででどどどどどどどどどーーーん!!」

 

44位    グラディウスII -GOFERの野望    [ファミコン    1988]   

購入した日にクリアしました。

ラスボスが何か呟いているのですが、
よくわかりません。

グラディウス系は全てラスボスが
クソ弱いってのもお決まりです。

 

43位    スーパーマリオカート    [スーパーファミコン    1992]   

ハマりました。

タイムアタックヤリまくりました。

で、ベストが出なかったり、
ドリフトが失敗すると、
普通にコントローラ―ぶん投げてました。

いやあ、今思い出すと、
恥ずかしい限りです。

思い出に残っているのは、
中学校で一番の悪に

「一週間マリオカート貸せや!」

と言われて貸してあげたのですが、
一週間後にきちんと返してくれ、

さらには全コースで私よりも
早いタイムが記録されていました。

その時私は、

「ああ、俺は腕力もマリオカートも勝てないのか」

と自己嫌悪に陥りました。

 

42位    たけしの挑戦状    [ファミコン    1986]   

今やクソゲーの代名詞のようになってますが、
いや、普通に面白かったですけどねー。

確かに、めちゃくちゃ感はありましたが、
未知のステージにたどり着いた時の
感動は忘れられません。

一般人を銃で撃ったり、
なかなか凄いゲームですね。

何か悪いことすると、
すぐ葬式になるんですよね。

今じゃ無理でしょうねー。

 

41位    スーパーマリオワールド    [スーパーファミコン    1990]   

多くの方がスーファミと一緒に
購入したのでしょう。

やりましたねー。

結局100にはならなかったですね。

当時はヨッシーが斬新でしたねー

個人的には、クリア後に敵キャラ
変わるのが、なんか怖かったです。

 

40位    Sa・Ga2 秘宝伝説    [ゲームボーイ    1990]   

これも面白かったですねー。

学校サボって公園でやりました。

個人的に一番倒すのに苦労したのは、
オーディンですかね。

 「ついに来たか勇者よ。約束は覚えているかな?さあわしと戦うのだ!」

いやしの杖もってなかったので、
何十回もぶっ殺されました。

で、オーディンに生き返らせてもらうという、ね。

で、ラスボスにもびっくり。

え?これがラスボス。

で、女神様は一人で戦うの?

なんだがハチャメチャですが、
そこがまた面白いのです。

 

39位    クロノトリガー    [スーパーファミコン    1995]   

発売当時、買ってもらえなく、
ちょっと遅くに始めました。

いやあ、なに、この音楽。

感動シーンは数あれど、
私が一番うるうる来たのは、
カエルさんの正体がわかったシーンです。

「お前だったのかー!」 

で、ラスボスの本体にもびっくり。

「お前だったのかー!」

 

38位    SUPER PANG    [スーパーファミコン    1992]   

私の周囲では誰も持っていなかったソフトです。

でも、超絶面白いです。

なんか、フックショットみたいなので、
シャボン玉的なやつを割っていくんですが、
これがクソハマるんです。

BGMが各国の名曲だった気が。

もっかいやりたいなー。

 

37位    SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦    [スーパーファミコン    1990]   

これ、みんなやって知らないのかな?

って思ってしまうほど、
知られざる名作な気がします。

すげー面白いです。

確か、スーファミが出たばかりの頃に
発売されていた気がします。

 

36位    ゼルダの伝説 神々のトライフォース    [スーパーファミコン    1991]   

すごい安定感のある作品って感じです。

段々と難しくなっていきます。

「どうやってクリアするんじゃー」

「次、どこに行けばいいんじゃー」

って何度さけんだことか。

ニワトリをいじめて逆襲された方も多いはず。

チャラららー♪

 

35位    聖剣伝説2    [スーパーファミコン    1993]   

ハマりました。

てか、あのボスの音楽かっこよすぎません。

もっかい聞いてみてください。

ヤバいっす。

友人にマナの剣にする方法を教えられ実行して、
ゲームがバグったのは良い思い出です。

 

34位    時空の覇者 Sa・Ga3 完結編    [ゲームボーイ    1991]   

いやあ、ボスのグラフィックが怖かったー!

でも面白かったー。

SaGaっぽくはないのですが、
でもやっぱ面白いですよ。

音楽も最高。

ラスボスの登場シーンはビビりましたねー。

トラウマになりそうです。

めちゃグロテスクですし。

黄泉の波動、マジ鬼畜。

 

33位    くにおくんの時代劇だよ全員集合    [ファミコン    1991]   

ハマりましたねー。

ストーリーも、操作性も
音楽も良かったですねー。

つるまつが裏切った時はびっくりしました。

マッハふみふみ、にとろアタック、ドススペシャル

感覚的に技が打てるようになるのが、
くにおくんシリーズの神ってるとこですね。

 

32位    スーパーマリオブラザーズ3    [ファミコン    1988]   

いや、任天堂さんって、本当、しっかりと
ゲームを作られているって感じですよねー。

もう、何百回やったかわかりません。

一番難しかったのが、何か甲羅を持ったまま、
浮上するというステージがあったんですが、

あれ、他のクリアの仕方あったのかなあ?

で、クッパはハンマー一撃で倒せるんですよね。

まあ、ハンマースーツでラストステージを
クリアするのが難しいのですが。

 

31位    高橋名人の冒険島    [ファミコン    1986]   

時とともに生命力減る系。

面白い、そしてムズイ。

途中で死ぬと、武器もなく、
ステージの途中からなので、
もはや、クリア不可能。

カエルの動きがえげつなかったですねー。

あと、なすび。

 

30位    スパルタンX    [ファミコン    1984]   

はまりました。

「わっはっはっは、ははは」 

たしか、キックが100点で、
パンチが200点だったような。

ラスボスは、下蹴り連打で
倒せるんですよね。

この雑魚が!!!

 

29位    ファイナルファイト    [スーパーファミコン    1989]   

これ、面白かった。

ハマりましたね。

最初は若者でやってたのですが、
慣れてきたら、ハガーですね。

「で、でーあ」

っつって。

いまだにニューヨークって
あんな感じなのかなーと思って
怖いです。

 

28位    ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境    [ファミコン    1986]   

私は大の水木しげる先生のファンでして、
ゲゲゲの鬼太郎は多分、
全巻持ってます。

で、このゲーム、ちょっと難しいのですが、
面白いんですよねー。

魔界村よりも弱い、
一撃死ゲームです。

ステージを選択するフィールド画面が
シュール過ぎます。

 

27位    アトランチスの謎    [ファミコン    1986]   

面白いです。

ハマりました。

しかし、攻略本もなくひたすら挑んでいた
毎日は、まじ大冒険でした。

新しいステージを見た時のあの感動。

たまりません。

でも難し過ぎです。

無敵アイテムなしでは、ラストステージを
クリアすることは不可能です。

最近、ゲーム芸人のフジタさんが、
このアイテムなしでラストステージを
クリアしていたのを見ました。

あの方は神ですね、マジで。

ファミコン好きな方は、是非、
ご覧になってみてください。

 

26位    アルカノイド    [ファミコン    1986]   

これは、小学生にはちと難し過ぎですね。

専用のコントローラーがあるのですが、
あんなの、子供には無理でしょ。

でも、やりましたねー。

これもパスワードがないので、
初めてたどり着いたステージを見た時の
感動といったら、比喩のしようもありません。

で、ある日、奇跡が起こったんですよ。

たぶん、何かの弾みで永遠に
ゲームオーバーにならない、
入力をしていたようなのです。

で、何度死んでもゲームオーバーに
ならないんですよ。

どんどん先に進めるわけです。

頭くらくらしてきました。

で、確か30面くらいまで行った時に、
弟が部屋に入ってきて、転んで
ファミコン本体の上に転んだんですよ。

もちろんオシャカです。

人生いろいろ上手くいかないものです。

でも、今、同じような無限状態になっても
あの時のようなハイな状態にはなれないでしょうね。

簡単に手に入るものでは、
ハイになれないんですよね。

 

25位    ドラゴンクエスト    [ファミコン    1986]   

当時は、何も考えていませんでしたが、
それはもうめちゃくちゃモンスターを
刈りまくりますのですわ。

何百匹リカントマムルを
倒したかわかりません。

ようやくたどり着いたドムドーラの町が
廃墟だったときのあの恐怖は
小学生には辛すぎます。

「昨夜はおたのしみでしたね」

の意味も分からなかったボーイでした。

 

24位    魔界塔士Sa・Ga    [ゲームボーイ    1989]   

サガシリーズ初作品。

敵の肉を食べる。

人間は何か、成長アイテム的なものを
買わないと強くならない。

武器に回数がある。

エンカウント率が死ぬレベル。

町を出て、最初のアルバトロスに全滅。

いやあ、まじ、初めはビビりました。

でも、面白かったー。

ラスボスがチェーンソーで倒せるのを
知ったのはクリア後で良かった。

後、調べるのは足の下ではなく、
目の前という仕様にも嵌められましたね。

「ない、ないぞー!」

 

23位    The Tower    [マッキントッシュ    1994]   

高層ビル経営シミュレーションゲーム。

これは中学生時代に、
父親のパソコンに入ってたのをやりました。

ビルを建てていくゲームなのですが、
いやあ、はまりましたねー。

子供ながらに経営者的名
感覚を身につけることができました。

最近になって、アイパッドで
購入できたのでやりました。

大分やりやすくなった感がありますので、
興味のある方は是非。

 

22位    ドラゴンボール(神龍の謎)    [ファミコン    1984]   

面白かったー!

そして非常に難しかった。

これも小学生にはハードルが高すぎまっせ。

とはいえ、まじ面白い。

クリアしたのは1回だけでしたが、
何百回チャレンジしたことか。

これも時間とともに生命力
減る系なゲームのため、

運よく回復アイテムが出ないと
絶対にクリアできません。

あと、ステージが進むにつれて、
本作と全く関係のない無法状態に。

そこがまた面白いのでした。

 

21位    ドラゴンクエストVI 幻の大地    [スーパーファミコン    1995]   

ドラクエ5と同じくモンスターが
仲間になるのですが、

人間キャラが多すぎて、
モンスターを入れる隙がないじゃん!

期待していたテリーはめちゃ弱いし。

結局、魔王のランプとキラーマシン2が
二回攻撃できるクソ強い。

個人的には、本物の主人公の人格が
消滅したシーンがめちゃ悲しかったです。

ターニアちゃんかわいそす。

 

20位    ロマンシング サ・ガ    [スーパーファミコン    1992]   

陣形が敵とぶつかる方向によって
変わるとか、斬新でした。

つーか、敵強すぎ。

ラスボスの音楽が神でしたねー。

って、ああ、神か。

心優しき私は、ガラハドから
アイスソードを奪えませんでした。

 

19位    沙羅曼蛇    [ファミコン    1986]   

グラディウスの外伝みたいなソフトでした。

これも、面白いのなんのって。

横の次は縦で。

最後はシャッターの連続で。

音楽もかっこいいんですよねー。

 

18位    ドラえもん    [ファミコン    1986]   

名作ですねー。

1面、2面、3面と違うんですよ、タイプが。

個人的にはシューティングっぽい
2面が好きでした。

3面のあの、深海に進むにつれての
音楽と雰囲気の変化は、
もう小学生には恐怖。

そして、ラスボス強すぎです。

「ドラミちゃーん」と叫ぶところを
「まきぐそー」と叫んでました。

それでも大丈夫。

2コンマイク、これ常識。

 

17位    ファイナルファンタジーIII    [ファミコン    1990]   

ムズイ。

難しかったです。

暗黒武器じゃないと増幅する敵とか、
小人じゃないと進めないダンジョンとか、
究極はラストステージ。

あれ、セーブなしでどうやってクリアしろと?

母親から

「何時間ゲームやってんの?」

と掃除機で頭を殴られましたが、
こっちだって命がけです。

で、ガチラストステージになると
まじで、帰れないし。

ああ、これ、この感覚。

ファミコン。

はどうほう。

 

16位    スーパーマリオブラザーズ    [ファミコン    1985]   

やりましたねー。

いや、よくできたゲームですよ。

ワープなしでクリアした時には、

「俺も一人前になった」

とマジで思いました。

8-4とか、迷路、まじ迷いました。

あと、ハンマーブロスの
投げてくるハンマ―異常な数で。

怖かったす。

で、1-2から裏面に行けるんですよね。

-1面とかいって。

一回した行けたことなかったけど。

あと、3-1で無限ワンナップとかやりましたね。

やり過ぎて、一回死んだらゲームオーバーとか。

なんか表示も数字じゃなくなったりして。

裏面とか裏技とか、
ファミコンっぽい思い出です。

 

15位    ドラゴンクエストII 悪霊の神々    [ファミコン    1987]   

鬼畜。

まじ鬼畜。

でも当時はこのゲームが
難しいなんて知らなかったから、
ガムシャラに頑張りました。

それにしても、強すぎるんですよ。

ロンダルキアの頂上で、話しかけるだけで
全回復してくれるおじさんと出会って、

「え?まじ、神。超、楽勝じゃん」

とか思っていたのですが、
外の敵が強すぎて、毎回全回復
してもらわないと死ぬレベル。

挨拶代わりにザラキ唱えてくる奴らも
うじゃうじゃいるし。

もはや、ラストダンジョンで、
はかぶさの剣にするのは、
クリア必須条件と言って良いでしょう。

あ、忘れてた。

一番の鬼畜はパスワードです。

必死にメモ帳に書き写して、で、

「パスワードが違います」

って、えええええええええ!

うそでしょ!

え?昨日のあの努力は?

あの経験値は?

俺の時間は?

オーマイガッ!

 

14位    ドラゴンクエストIV 導かれし者たち    [ファミコン    1990]   

章!

章で分かれているとか、まじ凄い。

感動しました。

第二章アリーナ編になったら、
ああ、やっぱりレベル1。

当時は真面目に第三章で
鉄の金庫取ってました。

で、8回逃げると会心出まくるとか、まじ鬼畜。

個人的に一番苦労したのは、
やっぱエスタークですかねー。

強かった。

一番うれしかった瞬間は、
ホイミンを仲間にした時ですね。

 

13位    ファイナルファンタジーVI    [スーパーファミコン    1994]   

オープニング神過ぎです。

そして、ゲーム全体を通じて
愛について考えさせられました。

あれ?ティファとできるんじゃないの?
セリスなの?とか。

いや、しかし、このゲームも音楽ヤバすぎです。

アルテマウェポンとか、初見、まじ、
怖さと感動に気絶しそうになりました。

バニシュデスを知ったのがクリア後で良かったです。

 

12位    火の鳥 鳳凰編 我王の冒険    [ファミコン    1987]   

これ、このゲーム大好きでした。

難易度はそんなに高くないのですが、きれいな音楽。

様々な時代を駆けずり回って、
火の鳥を復活させるゲームです。

ラストステージを発見した時は、
マジで「うわあああああん」って叫びました。

 

11位    ドルアーガの塔    [ファミコン    1984]   

当時は、攻略サイトなんてありませんでしたし、
そもそもパスワードもありませんでした。

難易度はファミコン史上最大レベルでしょう。

しかし、面白さも最大級なんですわ。

やってるうちに自分自身の
レベルも上がっていくし。

ドラゴンとか、まじ怖いし。

ドルアーガとか、まじ、化け物。

うあああああ!

これぞファミコンって感じですねー。

 

10位    聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝    [ゲームボーイ    1991]   

泣くしかないでしょう。

これは、名作。

いやあ、あの感動は、
もう味わえないでしょうなー。

私のやり方が間違っていないのであれば、
マジで、二度と戻れない場所が
いっぱいありましたよね。

そんな一期一会なシビアなシステム。

そして、能力の振り分けで悩み。

涙のラストシーンへ。

当時、売れすぎて、
どこにも売ってなかったんですよ。

まじ、盗まれそうになりましたもん。

「レベルアップですぜ あんたも せいちょう したもんだ」

誰だ、お前は?

 

9位    ロマンシング サ・ガ2    [スーパーファミコン    1993]   

おこづかいをためて、自転車で
1時間近くかけてOlympicで買いました。

びっくりしたのが、
1戦闘ごとのHPが全快すること。

これに気を良くした私は回復アイテム、
回復魔法を一切もたずに、ラスボスへ。

鬼畜7回攻撃。

くそ強くてやり直しました。

つーか、ラスボスの手前でセーブして、
帰れなくなりました。

「逃がさん、お前だけは・・・」

ええー!!

つーか、何、この音楽?

身体の底から震え上がるほどカッコいい。

七英雄とか、考えた人、まじ神。

継承システムとか、斬新。

まじ名作。

 

8位    ファイナルファンタジーIV    [スーパーファミコン    1991]   

ファンタジーですわ。

マジ最高。

親戚のお兄ちゃんからもらったのですが、
え?難し過ぎる。

そして、仲間との別れ悲し過ぎる。

ダークエルフ強すぎる。

月のモンスター強すぎる。

ラストダンジョン、難し過ぎる!

美しい音楽。

ファンタジーですわ。

いいですとも!

 

7位    ファイナルファンタジーV    [スーパーファミコン    1992]   

なんていう愛のストーリー。

そして、抜群のゲームバランス。

FF4の超絶難易度から一変、
非常にプレイしやすい作品でした。

ジョブも多彩で、いやあ、
わくわくしましたねー。

発売前に、それまでほとんど
会話したことなかった同級生と
仲良くなったのは良い思い出です。

 

6位    ドラゴンクエストV 天空の花嫁    [スーパーファミコン    1992]   

どう考え経ったビアンカだろ!

でも、フローラと結婚したらどうなるんだろ。

で、弟に

「おい、てめーはビアンカと結婚しろや!」

と強引に結婚させました。

最低な兄ですね。

結果、先に童貞を捨てたのは弟でした。

いやあ、これも名作。

まじ名作。

ぬわー!って、まじ、ゲマ怖い。

で、奴隷ですよ?

モンスターが仲間になるのも、
もう、何ていうか、震えるほどの感動でしたね。

あのころのドラクエって、発売と同時に、
失神しそうになってましたよね。

初回プレイの時、数回の戦闘で
ヘルバトラーが仲間になったのはいい思い出です。

 

5位    グラディウス    [ファミコン    1985]   

このゲーム、一体何千回プレイしたことか。

私の信念として、一回でも爆破されたら、
最初から。

そう決めていました。

ラストステージの難しさと言ったら、
いや、これ、小学生じゃ無理だろ?

そして、最後のシャッターの閉まる場面。

初心者確実死。

ラスボス脳みそ。

ふう、名作だわ。

 

4位    仮面ライダー倶楽部 激突ショッカーランド    [ファミコン    1988]   

ああ、教えて下さい。

セーブもパスワードもなくして、
どうして、このゲームをクリアできようか。

人生は金。

金が全て。

そう教えてもらった作品です。

面白さ激ヤバ。

マジ、ハマりました。

戦闘員以外の怪物の出てきた時のあの恐怖。

数時間の努力が一瞬でパー。

「ポコーポコー」っつって。

腱鞘炎を何度患ったことか。

結局、高校生の時に、
友達の家で数日こもって全クリしました。

あの時のあの感動たるや・・・。

今では絶対に味わえないですね。

 

3位    キャッスルエクセレント    [ファミコン    1986]   

エクセレント。

マジ、神。

これがゲーム。

王子様が(たぶん)お姫様を
救いに行くストーリー(たぶん)。

これもスーパーハマりました。

鍵を駆使して進むのですが、
クソ馬鹿な小学生には到底無理な
レベルのステージの数々。

でも、数百回のチャレンジの末、
クリアしました。

まじ、考えた人、神です。

 

2位    ドラゴンスレイヤーIV  ~ Drasle Family    [ファミコン    1987]   

あのですね・・・マジ神ゲームですわ。

これも何百回プレイしたかわかりませんが、
もう何て言うか、最強。

ゲーム自体も死ぬほど面白いですし、
何よりも音楽。

なにこの神曲の数々は。

震え上がるような旋律。

難易度は激高で、結局クリアしたのは
高校生になってからでした。

知る人ぞ知る名作ソフトなのだと思います。

 

1位    ドラゴンクエストIII そして伝説へ…    [ファミコン    1988]   

もはや、1位にせざるを得ない。

100回以上はプレイしたのではないでしょうか。

ファミコン、スーファミ、ゲームボーイカラー、
スマホと、様々なハードでプレイしました。

しかし、とはいえ、一番最初にプレイした、
あの小学校低学年時代の感動は越えません。

アリアハン大陸から出られず、

あばれ猿に恐怖し、

魔法の鍵までたどり着けず、

船を手に入れた感動、

何に使うのかわからない笛、

クソつよいヤマタノオロチ、

ガチで泣きながら突破したネグロゴンドの洞窟、

倒して町内を駆け回ったバラモス、

数時間落ちるかどうか迷ったギアガの大穴、

ゾーマ城の回転床が絶対的に攻略できず
冒険の書を消そうとして弟に止められたあの日、

え?生きてたの?父、オルテガ、

魔法の玉の使い方がわからず、
レベル99にしても倒せないと思った
大魔王ゾーマ。

いやあ、書いているだけで涙がこぼれそうです。

 

 

ってなわけで、きよぺー的ゲームランキング
ベスト108をお送りしました。

 

今、考えると、マジで
ゲームばっかりやっていたようですね。

学校も、公文もやりながら、
これだけのアウトプットを
していたのですから、

 

今の私も、当時の私を
見習っていかなければなりません。

 

で、意外にゲームから卒業したのが、
早かったですね。

やっぱメインは小学生時代ですね。

 

中学生以降は片手間って
感じですね。

実際、受験勉強とか
やってましたからね。

 

自分の中の思い出をほじくり出せた
よい機会でした。

 

きよぺー