楽しい人生を送るがためには「手が早い男」になれ!

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、

楽しい人生を送るがためには「手が早い男」になれ!

ってお話をさせていただきます。

 

好きな人、気になる人が出来ても
なかなか声がかけられなかったり
アプローチが出来ずに、

1年経ち、2年経ち、
たまにちんちんも勃ち

そんな方は、是非、今回の記事を
読んでいただき、

女性へのアプローチのスタンスを
変えていただき、

楽しい人生にシフトしていただきたいと
思います。

 

楽しい人生を送るがためには「手が早い男」になれ!

さて、みなさんは、職場や学校に
好きな人や気になる人ができたとき、

すぐに行動していますか?

 

  • 仲良くなるために、声をかけたり
  • 飲み会で隣の席を確保したり
  • 連絡先を聞いたり

 

いかがでしょうか?

 

実は、以前の私は、それはもう
めちゃくちゃアプローチに
時間が掛かってました。

 

気になる女性が出来ても、
なかなか話しかけることができず、

毎日毎日その女性のことを
思い描き、思い焦がれ、

結局何の声掛けも出来ぬまま
年度末を迎え、もう会えなくなる。

 

こんな童貞時代でした。

 

20代後半くらいには、ようやく
声掛けくらいは出来るように
なってきましたが、それでも、

なかなかサシ飲みには誘えず、
年度末を迎え、もう会えなくなる。

 

こんな日々の繰り返しでした。

 

しかしですね。

ある程度、経験値がたまり
ある程度、成功体験が重なってきて
しみじみ思うのですが、

女性とエッチなことを
たくさんたくさんしたいのであれば、

手が早い男になることが
超重要オブ重要です。

 

「あ、いいな」

って思ったら、即アクションを
起こしてください。

 

でないと、

口説けるチャンスが激減し、
口説きの経験値が高まりません。

 

例えば、ある女性が気になって
アプローチをする際、

 

声掛けからサシ飲みまで
2週間程度で達成し、

ワンナイト成功させ、その後すぐ
次の女性にアプローチする男性と、

 

一人の女性にいつまでたっても
声すらかけられない男性とでは、

人生における女性経験値が
100倍くらい変わってきます。

 

つまり、手が早い男性には
何度生まれ変わっても、
どう転んでも、絶対に勝てないんです。

 

これって、スペックとか実力に
左右される問題ではありません。

手が早いかどうか、行動力の問題です。

 

もっと言えば、マインドです。

意識です。

 

いいと思ったら、すぐに行動する。

この意識を常態化させることで、
人生の女性経験値、
ワンナイト偏差値が爆上がりします。

 

手が早い男になるには

さて、我々のように
女性のお尻を追っかけまくりたい
男性にとっての理想像である
手が早い男ですが、

では、手が早い男になるには
どうすれば良いのでしょうか?

 

私が考えるに、手が早い男に
なるためには、以下のステップを
最短最速で進んでいく必要があります。

 

  1. 認識
  2. 興味
  3. 行動
  4. 陥落

 

この4ステップを光の速さで
達成できる男こそが、

手が早い男

というわけです。

 

なんとなくわかるかと思いますが、
念のため、解説いたします。

 

手が早い男になるステップ1 認識

手が早い男になるための
ステップの一つ目は、

認識

です。

 

まあ、アプローチの一番最初ですね。

 

職場で言うと、名前はなんとなく
知ってるけど、話したことがない。

いまいちどんな人だかわからない。

このような状態です。

 

この状態については、手が早いとか
そんなことは関係なく、
自然とこうなります。

つまりスタートラインってわけです。

 

手が早い男になるステップ2 興味

手が早い男になるステップの
第二段階は、

興味

です。

 

ターゲットの女性に興味を
持ってもらう段階です。

やり方としては、まあ、いわゆる
声掛けですね。

 

職場においては、用事もないのに、
ターゲットの女性に話しかけてみる。

そして、そこで、楽しい話、
ユニークな話をすることで、
相手女性から興味を持ってもらう。

 

そのようなフェーズです。

 

実は、この段階は、普通の男性と、
手が早い男性の違いが
明確になるステップです。

 

と、申しますのも、

手が早い男性は女性に声掛けを
した後が非常に速いのです。

声掛けをして興味を持ってもらい、
あまり間を置かずにサシ飲みなどに
誘って行く。

 

しかし、手が早くない、一般男子は、
声掛けの段階から先に
なかなか進みません。

 

ことあるごとに話しかけ、
飲み会でたまに一緒になり、

意を決して飲みの誘いをして、
遠回りに断られる。

 

これが一般的な、ちょっと非モテな
男性のよくあるパターンです。

 

では、なぜ、このような失敗に
陥ってしまうのか?

 

それは、

鮮度

を理解していないからです。

 

一度、興味を持たれたら、もはや、
その瞬間から、あなたへの鮮度は
どんどん失われていきます。

 

「最初のトークは結構盛り上がったけど、その後のトークはイマイチなんだよなあ」

って方、結構多いと思います。

 

これなどは、最初に興味関心を
女性から引き出したにも関わらず、

その後も、同じようなテンションで
マンネリ化した関係性を
継続しているゆえです。

 

手が遅いんです!

 

一方で、手が早い男性は、
この鮮度という概念を
よく理解しておりますので、

いったん声掛けしたら、
そこからの行動は高速です。

 

手が早い男になるステップ3 行動

私の場合などは、
最初の声掛けをしたら、

その後、数日~一週間くらい空けて
再度の声掛けをし、

さらに、数日~一週間くらい空けて
再度の声掛けをして、

そこでの反応次第で、
サシ飲みに誘います。

 

つまり、女性に行動をさせる
段階に入ります。

興味関心を得てから、あまり
間を置かずに誘うことで、
女性からOKがもらいやすくなります。

 

ぶっちゃけ、興味を引いてから
誘うまでの間が長すぎると、

たとえ誘いにOKをしてくれたと
しても、それは、これまでに
構築してきた関係性によって、

「断ったら、なんだか申し訳ないしなあ」

と、同情されているからである
ことも多いです。

 

こんな同情から始まったサシ飲みでは
ワンナイトラブなんて、成功しません。

 

手が早い男になるステップ4 陥落

そして、女性に行動してもらったら、
女性とサシ飲みなどに行けたのなら、

これまた間を置かずに、夜のオファーを
つまり、キスやホテルのオファーを
していく必要があります。

 

ある程度、女性に慣れている男性でも
何度も何度もサシ飲みには
行けるものの、

キスやホテル誘導が上手くいかない
方が非常に多いようです。

 

ちょっと強引めにキスを企てて
関係性にヒビが入ってしまった方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

その原因の一つが、

何度も何度もサシ飲みに
行く仲になってしまったがゆえに、
飲み友達と認識されてしまった

ということが挙げられます。

 

たとえサシ飲みに行けたとしても
複数回行っていると

興味もうすれ、

関心もなくなり、

非日常的な雰囲気にもならず、

ただの友達のようになり、

結果、夜の相手としての
刺激の感じられない男に
なってしまうのです。

 

もし、サシ飲みなどに行けたのなら、
キスやホテル誘導は、早い段階で
オファーしてみるべきです。

 

一回目で無理なら、二回目くらいで。

このスピード感が大事です。

 

 

ってわけで、今回は、
手が早い男になる方法について
簡単ではありますが、
解説をさせていただきました。

 

悪い意味で言われがちな
手が早い男ですが、

・・・まあ、悪い意味なのですが、

ワンナイトクリエイターを
目指すのであれば、

ぜひ、スピード感を持って
女性へのアプローチに
望んでいただきたいと思います。

 

きよぺー

 

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

きよぺーの会話具体例集の第三弾

『いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!』

が公開となりました。

女性へのアプローチには欠かせない、
「いじる」という技術。

ここらで、極めてみませんか?

記事は、こちらからご覧いただくことができます。

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!