きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

第一印象が悪かった時の方がワンナイトが成功したケースが多いよ

ってお話をさせていただきます。

 

いよいよ、新年度が近づいてきました。

 

当然、かわいい新人ちゃんや、
異動してきた人、中途入社の人など

新たな女性との出会いが
多いと思います。

そんな時、みなさんは、

「第一印象が大事だからなー」

「素敵な男子を演じちゃうぞ」

「スタートダッシュで他の男と差をつけてやる」

なんてお考えではないでしょうか。

 

・・・くそがっ!

 

ワンナイト的には、

第一印象が大事じゃあ、ありません!

 

第一印象が悪かった時の方がワンナイトが成功したケースが多いよ

さて、今回は、一般常識に盾突く内容に
なってしまいましたが、

女性へのアプローチに対する
考え方、方向性を誤ってしまい、

絶望する方が現れないように
言わせていただきますが、

 

恋愛・・・も、実は同じだと思いますが、

ことワンナイトにおいては、

第一印象は悪い方が良い傾向にあります。

 

これは私の経験上、ほぼほぼ
間違いないものと思います。

 

例えば、出会った当初は、
ほとんど会話もしないし、

それどころか相手女性から
嫌われているような状態。

こんなスタートラインからでも
後日、ワンナイトが成功したって
事例は、数多(あまた)あります。

 

逆に、出会ってからまもなくは、
よく話しかけてくれるし、

複数人、あるいは、二人で
飲みに行くような関係の場合、

半年くらい経過してから、
徐々に、私以外の男性と
仲良くなり始め

そのうち私とは
異なるグループに属し始め、

1年が経つ頃には、ほぼ全く会話せず
廊下ですれ違う時、ちょっと気まずい。

こんな状態になってしまうことが
結構ありました。

 

つまりは、

第一印象が悪い方が、
口説き落とせる可能性が高まる

ということです。

 

第一印象が悪い方が口説ける理由

では、なぜ、このような悲劇が
繰り返されるのでしょうか?

その謎を、解き明かしてみます。

 

第一印象が悪い方が口説ける理由1   ベクトルが上向くしなかい

第一印象が悪い方が口説ける
理由の一つ目は、

ベクトルが上向くしかない

ということです。

 

これは、非常に重要な考え方で、
様々な口説きのシーンでとても
有効になってきます。

 

そもそも、私のこれまでの経験上、

「女性からどう思われているか?」

ってのは、実は、あんまり関係が
ないと思っています。

 

実のところ、私は女性から、

  • 結構好かれている
  • まあまあ好かれている
  • あまり興味がない
  • 嫌い
  • ゴミクズカス雑魚

など、どのような状態にあるのか
ということにはあまり関心がありません。

 

むしろ、私が関心を持っているのは、

「今、女性の感情が動いているのか?」

「今、女性が自分に興味を持ち始めているのか?」

「今、女性が自分に触れたいと思い始めているのか?」

など、現在進行形でどう女性の
認識が変わっている最中なのか?

ってことです。

 

つまり、女性を口説き落とすためには、

「今、どう思われているのか?」

よりも

「今、どう思われ始めているのか?」

の方が1兆倍重要である
ということです。

 

言い換えれば、

ベクトルが上向いているその瞬間こそ
口説きのベストタイミングである

ってことです。

 

私は、このことを恋愛における
事実であると確信しているので、

女性と初めて接する時には、
なるべく第一印象を良く見せようと
しないようにしています。

むしろ、ちょっと感じ悪いくらいに
思ってもらう傾向があると言っても
良いくらいです。

 

このように、最初は第一印象が
悪い状態から始まると、どうなるか?

ベクトルが上がるしかないのです。

 

タイミングは図りますが、
女性と会話できるチャンスには、

しっかりと笑いやいじりをするなどして
女性の感情を動かします。

すると、女性のベクトルは
爆上がりします。

「あれ? きよぺーってこんなキャラだったの?」

「え? めちゃめちゃ面白いじゃん」

このように、私に対しての興味関心が
ガガガンと上がるわけです。

 

このような状況って、第一印象が
良いと、なかなかなりません。

ベクトルの向上

めちゃ重要な概念です。

 

第一印象が悪い方が口説ける理由2   徐々に冷静になってくる

第一印象が悪い方が女性が口説ける
理由の二つ目は、

徐々に冷静になってくる

ということです。

 

これは、新人さんとか、初めての
職場に入ってきた人などが
当てはまるのですが、

入社当初や来たばかりの女性って
やっぱ、緊張してたり、視野が狭く
なってたりするわけですよ。

 

で、そんな時に優しくされたり、
構ってうれたりすると嬉しい
わけですよ。

 

なので、新しく来たばかりの女性に
優しくしたりすると、どちらかというと

良い印象を与えるために、
スタートダッシュとしては
良さげに見えます。

 

しかしですね!

 

女性も段々とその新しい環境に
慣れてくるわけですよ。

徐々に冷静に物事や人を
見れるようになってくるわけですよ。

 

すると、思うわけですよ。

「あれ、こいつ、そんなにイケてねーな」

と。

 

悲しいかな、こーゆーことって
結構あります。

 

みなさんも経験ありませんか?

 

新人バイトちゃんに手取り足取り
教えてあげていたのに、

段々と仕事に慣れてくるにしたがって
自分よりも、他のバイトと仲良くし始め

結局は、自分以外のバイトと
仲良しグループを結成してしまい、

その中で彼氏ができちゃった

みたいな。

 

「うわあああああああああああん!」

 

女性はですね。

冷静になります。

 

なので、最初に背伸びなんて
しても意味ないです。

 

第一印象が悪い方が口説ける理由3   後出しじゃんけんの法則

第一印象が悪い方が口説ける
理由の三つ目は、

後出しじゃんけんの法則

です。

 

先にご説明した、ベクトルの法則や
環境に慣れてくる話をブースト(加速)
させてしまうような話なのですが、

後から登場すると、後出しじゃんけんが
できるのですよ。

 

つまり、ターゲットの女性と
その周囲の男性との関りを観察し、

「どのような瞬間に笑顔を見せるか?」

「どのような話題が好きか?」

「どのような感情に飢えているか?」

など、接触する前に、アプローチの
戦略や方向性を練ることが
できるわけです。

 

ターゲットの女性と仲が良い
男性どもが、

しょうもない仕事の話ばかり
しているのであれば、
ちょっと男女っぽい話をぶつけてみる。

 

優しく丁寧に接しているのであれば、
いじりを中心に攻めてみる。

このような差別化をすることができます。

 

これにより、ベクトルはさらに高まります。

 

と、いうわけで、一般的に言われている

第一印象が一番大事

なんてことは、少なくても、
ワンナイトの世界においては、
まったく通じない戯言です。

 

新規参入女子がいたら、ぜひ、
今回の内容を思い浮かべてくだされ。

 

きよぺーでした。

 

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

きよぺーの会話具体例集の第三弾

『いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!』

が公開となりました。

女性へのアプローチには欠かせない、
「いじる」という技術。

ここらで、極めてみませんか?

記事は、こちらからご覧いただくことができます。

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!