飲み会で盛り上がる?

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、あなたはサシ飲みを上手に攻略できていますか?

 

ここでいう攻略とは、サシ飲みの後に、

・キス

・ホテル

など、実のある成果を挙げることです。

 

つまり、ワンナイトラブですね。

 

いかがでしょうか。

 

「いかがでしょうか?じゃねーよ、このイカ野郎!」

なんて、お怒りの方。

すいません。

 

難しいですよね。

一晩で、彼女でもない、妻でもない、プロでもない女性を抱くというのは。

 

 

さて、今回は、そのサシ飲みについて、その

「成功確率」

をアップさせる、ちょっとしたコツについてお話しをしたいと思います。

 

理想形は徐々に盛り上がること

ワンナイトラブを成功させるためのサシ飲みに「理想形」があるとするならば、

それは、おそらく、

「徐々に雰囲気が良くなっていく」

ということになるかと思います。

 

私自身、ワンナイトラブを成功させた飲みを思い出すと、徐々に、徐々に、雰囲気が盛り上がっていき、

段々と、非日常感が濃くなってきて、

店を出た後、

「あ、これは簡単にホテルに誘えるな」

という感触が得られていました。

 

逆にいうと、ワンナイトラブに失敗した時の、飲みというのは、飲みの序盤で、とんでもなく盛り上がったが、

飲みの後半には、その盛り上がりが下がってきた。

ということが多かった気がします。

 

つまり、ワンナイトラブ成功のコツの一つが、

徐々に盛り上げて行く

と言えそうです。

 

女性の感情を高ぶらせるような必殺トークやエッチを想像させるような流れ。

これは、飲みの前半ではなく、後半に持ってくるのが良いかと思います。

 

飲みの前半は、その店の周囲の状況、メニュー、あるいは、女性の服装、など、その場にあるネタで盛り上がっていき、

いい感じでテンションが上がってきたら、クリティカルな話題に移行する。

これが自然とできるようになれば、ワンナイトラブの段取りスキルとしては上出来でしょう。

 

そのため、例えば、

「最近、彼氏とどーなの?」

「その後、あいつから言い寄られてない」

など、異性関係のネタは後半に持って行った方が良いでしょう。

 

一方的はNG

ただし、いかに後半に盛り上がるといっても、
どちらか一方だけがしゃべっている
というのではいけません。

自分だけがユニークトークを繰り広げ、
女性はただ笑っているだけ。

女性だけが、自らの思いの丈をぶちまけ
自分はただ頷いているだけ。

これでは、一方が満足するだけで終わってしまいます。

 

ワンナイトラブはあくあで、

「二人の空間」

です。

 

トークであれ、

ノンバーバルコミュニケーションであれ、

二人で、非日常的な雰囲気を
作り上げていくことが重要です。

 

ではまた。

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内