借りた金でワンナイトラブ

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、借金で、ストレスマックスな
エロい男性への応援メッセージです。

クレジットカードのキャッシング機能を
フル活用して女性を口説いていた
時代について回想してみました。

 

借りたお金で女遊び

ワンナイトラブって本当に
「お金」がかかるんです。

私はほとんど行ったことがありませんが、
正直「風俗」に行ったようが
よっぽど安くあがりますよ。

これがただのナンパにせよ、
知り合いの女性を口説くにせよです。

 

まず、サシ飲み2人分で、
安くても5000円はいきます。

ここから、二次会やカラオケで
同じように5000円。

その後、上手くホテルに行けたとしたら、
休憩5000円。

泊まりになれば10000円です。

※都内繁華街の場合

 

ワンナイトラブって、あっという間に
20000円が吹き飛ぶんです。

 

勘違いしてほしくはないのですが、

「俺って金持ってんだぞ」

アピールではありません。

 

むしろ、その逆。

お金を借りまくってました。

 

世の中、便利になったもので、

今は、クレジットカードで簡単に、
本当に簡単に現金を手に入れることができます。

それこそコンビニのATMで簡単に。

 

当時は、クレジットカードを
3枚持っていまして、

常に、クレジットの借入残高の
満額まで引き出してましたね。

もはや、借入残高が
「自分の預金」のような感覚でした。

 

で、給料が出て、クレジットの
返済が終わったら、また借入残高が
増えてますので、再度限界まで借りる。

そのお金を持って、女性を口説く。

こんなことを繰り返してました。

 

キャッシングを含め、カードの支払いが
できていないと、カード会社様から
お電話がかかってきます。

3社同時に返済が出来なかったこともあり、
毎日電話が掛かってくるみたいなこともザラでした。

 

いやー、迷惑掛けまくりでしたね。

申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

しかし、この時は、こんな自分を
馬鹿な奴などとは思いませんでした。

単純に「自分に投資している」という感覚。

 

いや、そんな感覚もなかったかもしれません。

とにかく、女性と遊ぶためには
何でも利用する、といった感じですかね。

私は、筋金入りの「女好き」なのかもしれません。

 

 

職場の女子をサシ飲みに誘えたはいいが、
クレジットではもう借りられない、
なんてこともありました。

その時は、仲の良かった
先輩社員にお金を借りましたね。

 

正直に理由も話しました。

「○○さんと、サシ飲みに行くのでお金を貸して下さい」

と。

 

いやあ、相当ウザかったと思いますよ。

そんな後輩。

 

職場の若い子を抱いてしまうかも
しれない奴に、お金を貸すなんて。

私には、出来ない気がします。

感謝です。

 

そんな私でも、ギャンブルには
手を出さなかったので、

そこは自分で自分を
褒めなければなりません(笑)

 

借金をポジティブに乗り越えよう

しかし、ある意味、これほど、
女性を口説くことに対して
「ストイック」になれたからこそ、
今の自分がいるとも思っています。

脳内も、なぜか楽観的というか、
ポジティブというか。

謎の前向き感がありました。

 

「これは自分への投資だ」

「使える時にお金を使わないでどうする?」

「借金をすればするほど、女に強くなっていく」

 

いやあ、ポジティブですね。

別名、ただのクズかもしれませんが。

 

結局、最大借金時は●百万円まで
膨れ上がりましたが、

労働基準法無視の超ブラック企業で、
超残業するなどして、返済しました。

 

まあ、残業代出してくれる時点で、
ブラックではなかったのかもしれませんが。

世の中には探せば、お金を稼がせてくれる
場所があるものです。

 

借金って、辛くて、惨めで、
死にたくなりますが、大丈夫。

なんか、借金が返せないという状態って、

「ああ、人様からお借りしたお金を返せないなんて、俺ってなんてクズなんだ」

と思ってしまいますが…まあ、
それはそうなんですが、
ちょっと考え方を変えれば、

借金も、キャッシングも、
貸し手からするとビジネスなんですよね。

 

お金を貸して、利息を得る。

お金を貸して、返済してもらう。

これを期待し、判断しているわけです。

 

だから、貸した相手がお金を払えないのは、

「判断ミス」

って考え方もできるわけです。

 

どこかでそんな割り切りも必要かと思います。

 

また、どんなに借入金が高くなろうが、
それは、ただの数字でしかなく、
ただ、お金を借りている状態でしかありません。

 

借金しているからと言って、

一歩歩くごとにダメージを受けるわけでもなく、

行動を制限されるわけでもなく、

女性に声かけできないわけでもありません。

 

借金なんて、幻想です。

空想で、エアーです。

 

そんなものにストレスを
感じる必要はありません。

ただ、日々の仕事を通じて得た収入で、
たんたんと返済すれば良いのです。

 

借金がなければ、もっと楽しい毎日が!

借金がなければ、もっと幸せだろうな!

 

そう思ってしまいますが、
借金がなければないで、

そんなに幸せではありません。

 

借金が無くても、

貯金がたくさんあっても、

女性にモテなきゃ、つまらん毎日です。

お金を使わなきゃ、無味乾燥な人生です。

 

借金は心を、マインドを超絶強くします。

借金ストレスを乗り越えられるようであれば、
女性を口説くなんて訳ないですよ。

余裕です。

 

お金がなければ、ドトールでコーヒー飲んで、
カラオケボックスでいちゃいちゃすればいいです。

 

不真面目に、前向きに行きましょう!

 

きよぺー

 

きよぺーからのご案内