殴って下さい

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、あなたは女性にお願いごとをすることはできますか。

 

女性にお願い事をしてみよう

モテの初心者の方の中には、女性に優しくするばかりで、女性に対してお願いごとをすることができない方が多いようです。

 

しかし、今後、女性を飲みに誘う。

そして、最終的にはホテルなどに誘導するということを考えれば、

日頃から女性に対して何らかの「オファー」をすることも経験としては必要となってきます。

 

私などは、たまに、アプローチ途中の女性に

「コンビニいくからお金貸してー」

なんてオファーをしてみます。

 

「お金借りるなんてできねーよ」

と、お考えのかたもいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ある程度の仲が構築されていれば、特に嫌がられません。

「えー、まじですか?」

とか言いながら、財布に手を伸ばしてくれるのです。

 

ただし、今回の話は、世間でよく聞く、

「小さなYESを積み重ねよう」

と、いうような心理テクニックではありません。

 

当サイトでもたびたび出てくる

「非日常感」

を漂わせるためです。

 

つまり、ポイントは、突然お金を借りてしまうというような

「ちょっと信じられないオファー」

なんです。

 

味のあるオファーと終わってるオファー

例えば、

「そこにあるペン取って」

など、あなたにとって何の困難も伴わないオファーですと、

「え?何でそんなことしなきゃいけないの?何か勘違いしてるな、こいつ」

などと思われ、ただの「痛い奴」に扱われてしまいます。

 

つまり、オファーにも、

女性の感情を揺さぶる「味のあるオファー」と、

怒りしか生み出さない「終わってるオファー」があるのです。

 

 

小間使いや奴隷みたいな印象を与えてしまうようなオファーは止めてくださいね。

また、やりすぎは禁物です。

やるなら、サシ飲みまでに、1〜2回程度で良いでしょう。

 

とはいえ、私がするオファーは「お金貸して」くらいですが。

「お金貸してよ」は、相手女性との関係性次第では、「ありがと、今度おごるよ」など、今後の誘いにスムーズにつなげやすいのも良いところですね。

 

女性に優しいばかりではなく、たまにはいたずらっ子のような気持ちでお金でも借りてみてください。

 

ただし、数万円単位の大金はダメですよ。

冗談ならいいですが、本気ならマジで引かれます。

そこは常識範囲内でお願いいたします。

 

最後に、

「俺は、お金の貸し借りは一切しない!」

という方は、もちろんそれでOKです。

それが人として正しいです。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内