きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、私は、日々、
全女性を幸せにするため、

そして、そのついでに、
男性たちの幸せも叶えてしまうという、
素敵な(笑)活動をしているわけですが、

女性にアプローチするにあたり、
ほんの少しだけ、気に留めておいて
いただきたいことがあるのです。

 

それは、世の中には、

「性的少数者」の方が
いらっしゃるということ。

 

LGBTとは

さて、あなたは、

「LGBT」

って、聞いたことがありますか?

 

これは、

レズビアン(女性同性愛者)の「L」

ゲイ(男性同性愛者)の「G」

バイ セクシュアル(両性愛者)の「B」

トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)の「T」

の頭文字をとった
セクシュアルマイノリティ(性的少数者)
の総称として使われている言葉です。

 

そう。

 

世の中には、性的に少数派の方々が
いらっしゃるのです。

 

これは、非常にナイーブで、
重要で、軽々しく扱えない話題です。

なので、今回、私から
偉そうな講釈を垂れるつもりは
一切ありません。

 

ただ、

あたなが口説けずにいるその女性が、
もしかしたら、LGBTかもしれない。

と、いうことを申し上げようと
思うのです。

 

このLGBTについては、様々な機関が、
いろいろと調査をしているところですが、

概ね、5%ほどの方が、このLGBTに
当てはまるといわれています。

 

この数字。

私は、結構大きな数字であると
感じました。

 

5%ということは、
20人に一人ということ。

学校のクラスが40人とすれば、
2人ほどLGBTの方がいらっしゃるということ。

決して、無視できるような割合では
無いわけです。

 

このように、私たちの周囲には、
必ずLGBTの方がいらっしゃいます。

 

つまり、あなたの口説いている女性。

おそらくは、口説けていない女性は、
もしかしたら、

レズビアン や トランスジェンダー の
方である可能性もあるということです。

 

気になる女性ができ、
その女性に話しかけてみるものの、
全く、進展しないことってありますよね。

 

おかしいなあ。

男がいるようには見えないのだが…

 

こんな時、女性慣れしていない方ですと、
しつこく好みの男性のタイプを聞いたり、
これまでの恋愛について聞いたり
してしまう方がいます。

 

しかし、LGBTという概念について
気に留めていれば、

このような質問が、その女性にとって、
非常に辛いものであることが
わかるかと思います。

 

意中の女性が口説けない場合、
たいていは、こちらのモテレベルが
低いことが原因ですが、

その他の、原因もあるといういこと。

そして、その場合、相手女性は、
そのことをカミングアウトすることは
まずありません。

 

現在、LGBTについては、
女性を口説き落としたい男性にとって、
必須の知識にもなっていると思います。

常に、目の前の女性の幸せを考えて
いただければと思います。

 

きよぺー

きよぺーからのご案内