きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

先日、前の職場の先輩と
飲みに行ったときのこと。

 

お子さんもいらっしゃる育メンパパである
先輩は、(おそらく)私に感化され、

ワンナイトラブを成功させるべく、
日々頑張っておられます。

 

で、久しぶりに会って、
お互いの近況報告をしたというわけです。

 

「先輩、最近どうですか? 抱いてます?」

「飲みには行けるんだけどなあ。その後、ホテルに入るのは絶対無理だわ」

「まあ、難しいですよね。でも、何度か飲んでれば、チャンスがあるんじゃないですか?」

「いやあ、2回目誘っても、ダメなんだよ」

 

どうやら、どの女性も飲みは一回だけ。

次誘っても、うまくはぐらかされるようです。

 

飲みの状況など、詳細を聞いていくと、
まあ、突っ込みどころが多々あり、

ワンナイトラブ成功は、
もう少し先の話になりそうです。

 

しかし、1点。

すぐにでも改めてもらいたい点がありました。

 

それは…

 

割り勘!

 

「せ、先輩! 割り勘してるんですか?」

「あ、ああ。だって、相手女性も出すって言ってるし、気を遣わせてもいけないかなって」

「…」

「あ、でも、ちゃんと、端数は俺が出すんだぜ」

「…」

「それにさ、奢る=下心あり、と思われるのも嫌じゃん」

 

この方は、とてもお世話になった先輩。

なので、先輩に言えなかったことを
皆さんにはお伝えしたいと思います。

 

「割り勘」は最悪です!

 

特に、会計時の

「割り勘の提案」

は、ワンナイトラブ界最高の「大罪」と
言っても過言ではありません。

 

結果、女性がどうしても、
死ぬほど割り勘にしたい。

このような状況であれば、
結果、割り勘になってしまうのは
致し方ありません。

しかしながら、こちらから
割り勘の提案をしてはいけません。

 

なぜなら

「筋違い」

だからです。

 

だって、そのサシ飲みは、
こちらが企画し、
こちらがオファーしたもの。

ならば、女性からすると、
サシ飲みは、突発的に発生した

「意図していなかったイベント」

な訳です。

 

これに、お金を要求するって?

ありえません。絶対に。

 

女性は、男性のオファーにOKをしただけ。

受け身なんですよ。

このような状態の女性に、
お金を出させてはいけません。

 

もう1点。

 

それは、

あなたとのサシ飲みによって、
女性は、自分の貴重な時間を
消費しているということ。

 

むしろ、サシ飲みに来てくれて
ありがとう。

これは謝礼です。

と、お金を渡しても良いくらいなものです。

まあ、もちろん、こんなことはしませんが。

 

時間は貴重です。

その時間を奪っているわけですから、
奪ってあとで、お金まで奪うなど、

「泣きっ面に蜂」もいいとこです。

 

例え、飲みが盛り上がらなくても、
結果、キスすらできなかったとしても、

スマートにお金は払いましょう。

 

ネットなどを検索すると、
デートの支払いについて
様々なノウハウがあふれています。

・割り勘をするが、ちょっと多めに払う

・1000円だけ出してもらう

などなど。

 

しかし、これまでの
私の経験則上。

そして、失敗した方の
事例から結論づけるに、

女性にお金を払わせるのは、NGです。

 

これまで、多くの女性と
話をしてきましたが、

「割り勘オファーでシラけた」

って話は、しょっちゅう聞きました。

 

しらけるんです!

 

割り勘の提案は!

 

そんな男性に、抱かれたいなんて
思う女性はいません。

 

ビジネスのみの関係だったり、
その他、特殊な関係にある
女性と飲みや食事に行く場合は、
その場の判断にお任せします。

 

しかし、こと

ワンナイトラブ

を成功させたいのであれば、

その日、その女性を
抱きたいのであれば、

割り勘は、あり得ないレベルの罪である。

このことをしっかりと
認識していただきたいと思います。

 

今回のようなお会計についてなど、
サシ飲みの終わり際の攻防については、
こちらの記事で、詳しく解説をしておりので、
参考にしてみてください。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内