きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

先程から、某ドトール様にて、
ぼーっと、エロいことを考えていたのですが、

私の正面に、ぎこちない感じのカップルが。

 

トーク頑張れ、男子

狭い店内なので、トークがそこそこ
聞こえてくるのですが、どうやら、
初デート?

って、感じの男女でございます。

 

男性の方が、ちょっと若いかな。

私と同様、のび太風のメンズです。

 

女性は、黒のロングがステキな
大人しめな女性。

 

で、先ほどから、会話を聞いていると、

「うおおおおおおおおお!」

「頑張れ、のび太君!」

「空気砲、スモールライト、ヒラリマント!」

 

いやあ、初々しい二人の会話って、
どうしてこう、ドキドキするんでしょうかね。

たぶん、二人のドキドキが
伝わってくるんでしょうね。

どちらかというと、のび太君の方が、
緊張しているようで、3分に1回くらい
水のおかわりに席を立っております。

 

会話の構成としては、
基本的に、のび太君が、質問して、
女性が答える、といった感じ。

ただ、のび太君の引き出しが少ないようで、
度々、女性からのフォローの質問が
出るよう。

 

しかし、改めて気がついたのですが、
会話って奥深いですよね。

最近ほんとそう思います。

 

ただ、質問だけ繰り返すのでは、
関係性って深まっていきませんし、

かといって、黙っていれば、
沈黙が襲いかかってくる。

 

会話は格闘技

あれですよ。

会話って、「格闘技」ですよ。

まさに、駆け引き、戦いですよね。

 

なので、そこには、戦略というか、
スキルや意図、持っておくべきストックなど、
様々なものが必要になっていくんですね。

 

先程、唐突に、のび太君が、
しずかさんに対して、年齢を聞くという
暴挙に出て、

「それを言っちゃあおしまいだよ、のび太君」

的な、壊滅的状況に陥ったのですが、
今はなんとか、リカバリーできているようです。

 

このように、現場を破壊するような
トークになってしまうような、
会話がちょっと苦手な方もいる一方で、

相手を死ぬほど笑わせる。
感情を揺さぶる。
自分の意図する方向へ誘導する。

このような「会話上手」な方も
いらっしゃいます。

 

勝敗はカードの数で決まる

で、この会話上手な方って、
会話下手の方と何が違うのか。

ちょっと、真剣にかんがえてみると、
やっぱり、持っている

「カードの数」

が違うんですよね。

 

私が考えるカードとは、

・ネタの数(情報量)

・スキル

・会話の経験値

ざっくりいうと、こんなところでしょうか。

 

まず、ネタの数や情報量は、
会話の基礎ともいうべきもの。

石炭や石油みたいなものですね。

最低限の情報がないと、
なかなか会話って盛り上げられません。

 

理想的なのは、莫大な情報量を持ちつつ、
相手に話を促す。

で、要所要所で、小出しにする。

こんな感じがいいですね。

これにより、相手女性にこちらの
器の深さ、底の深さが示せます。

 

次に大切なのが、スキルです。

 

会話には様々なスキルがあるかと思いますが、

例えば、沈黙なった時の切り返しなど。

 

私などは、沈黙時に、

「なんか面白い話してよ」

なんて、言っちゃいますが、
相手によっては考えものですね。

 

今、のび太君としゃべっている
大人しめなしずかさんに
こんなこと言ったら、
より、深い沈黙が訪れるでしょう。

「ババ様、耳が痛い」的な。

 

後は、会話を膨らますスキル。

 

一問一答式や、FAQみないな会話では、
お互いに疲れてしまいますし、
盛り上がっていきません。

一つのネタに対して、それを
どこまで広げられるかが重要になります。

その広がりの中で、新たなお互いの
共通点などが見つかり、さらに、
盛り上がりが加速する、
なんてことは結構ありますしね。

 

応用的なスキルとしては、
つっこみですね。

 

相手の言ったことに対して、

「あれ、今噛んだ?」

「話題変えたねー」

「それさっき聞いたよ」

などなど。

もちろん、相手女性のキャラクターや、
自分との関係性を考慮することが大切です。

 

で、一番大事なのは、やっぱり、
会話の経験値ですよね。

 

会話って、流動的で、生き物みたいなものです。

なので、方程式に従って、
決められた解が出るとは限らないのです。

 

なので、

「この流れだと、こうなる」

「ここから、こう切り返すか」

「あ、こう来たか、じゃあ、こっちだ」

など、会話の動き、流れなど
経験として持っていることで、

上手にトークを進めていくことが
できたりします。

 

一般的には、学校や会社など、強制的に、
会話せざるを得ない状況によって、
経験値は徐々に増えていきます。

しかし、これだと決まった相手とばかり
会話することになり、バリエーション豊かな
経験が積めません。

 

まだ、話したことのない方にも
勇気を持って、話しかけてみる。

こんなことって、結構重要です。

 

別に、気になる女性だけではなく、
仕事で関わらない職場の方など、
「実験台(笑)」はたくさんいるはずです。

 

と、こんな偉そうに語っている私ですが、
私自身、会話の基礎力については、
こちらのコンテンツによって、
会得することができました。

これのおかげで、トーク力が、
さらに加速度的に向上しております。

 

やはり、口説き用のトークだけでは、
攻略出来ない状況がたくさんあるわけです。

会話技術は、一旦手に入れてしまえば、
無人島に行かない限り、
減るものではありません。

 

のび太君としずかさんは
先程、店を出られました。

誠実そうで、ステキなのび太くんでした。

今頃は、ホテル誘導に
成功していることでしょう。

 

ドラえもんの道具で何が欲しいかですって?

「もしもボックス」ですね。

 

ではまた。

きよぺー

 

きよぺーからのご案内