きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

さて、当サイトをご覧の皆さまの
多くは、社会人の方のようです。

と、いうことは、

「会社にいる女性を抱きたい!」

という悪い男性が多いということ(笑)

 

そんな中、当サイトでお伝えしている
様々なノウハウを使い、

社内の若い巨乳ちゃんを食べちゃった
という方もいらっしゃれば、

社内の女性にアプローチしたはいいが、
こっぴどく「シカト」されている方も
いらっしゃるよう。

 

ただ、これまでの私の経験上から
申し上げると、

「社内の女性を口説くのは、
 難しいことではありません!」

むしろ、ごくごく自然に
かなり接近した位置にいれるため、
口説きには非常に良い環境と言えます。

 

とはいえ、失敗している方が
多いことも事実。

 

どうして?

 

なぜ?

 

WHY?

 

社内恋愛を成功させている男性と、
瞬殺される男性。

一体何が違うのか?

 

実は、あります。

理由があるんです。

 

その理由。

たった一つ。

多くの男性が社内恋愛で失敗する理由は、
たった一つなのです。

 

この壁を乗り越えられないがために、
職場の女性を口説き落とすことが
できないでいるのです。

 

むしろ、

この壁を乗り越えられないがために、
女性にお近づきになることすら
できないでいるのです。

 

では、その壁とは何か?

 

それは、

 

「女性にリスクを感じさせていること」

 

これに尽きます。

 

リスクです。

 

女性は、社内で近づいてくる男性に対して
いや、社内で男性が近づいて来ると、

超絶大音量のアラームを鳴らします。

 

「あっ、今後会社内で気まずいことになる」

「あっ、変な噂が流れる」

「あっ、退社を余儀なくされる」

 

女性は、男性と異なり、
周囲とのコミュニティを大切にします。

まさに命がけで。

 

これは、本能に依るもの。

 

原始時代を想像してください。

 

男性たちがマンモスを追っかけに
村を出た後、

女性は、他の女性たちと協力して、
男性なき後の村や家を守ります。

 

そう。

協力してです。

 

もちろん、原始時代は、現代のように
周囲に社会資源が豊富にあるわけではありません。

 

コンビニもない。

病院もない。

下手したら、家もない。

 

つまり、周囲の人間と、
協力しなければ、死んでしまいます。

 

この原始からの強力な記憶。

人類としての記憶が、
現代の女性にも色濃く残っているのです。

 

それが強烈に発揮されるのが、
まさに「会社内」なのです。

 

これは大げさではなくマジです。

 

女性は、社内で孤立したり、
気まずい雰囲気になることを超絶避けます。

だって、死んじゃうって本能が脅すから。

 

そのため、このルールを知らない、

女性にリスクを感じさせてしまう男性が
近づいて来ると、

女性は本能的アラームを鳴らし、
その男性を避けようとします。

 

これが社内恋愛を「スーパーハードモード」に
してしまっている原因なのです。

 

 

では、女性にリスクを感じさせてしまう
男性とは、どのような男性なのか。

それは、以下のような男性です。

・好きな女性に優しく接する

・飲み会などで盛り上げ役になる

・仕事出来るアピールをする

これらに一つでも当てはまっている方は、
女性の本能アラームを鳴らしてしまっている
可能性が高いです。

 

かつての私などは、この全てに
当てはまっており、会社内では

「歩くアラーム作動装置」

と化していました。

 

「え? こんなことで社内恋愛が失敗するの?」

と疑問に思われるのも無理はありません。

 

なぜなら、どれも、

女性を口説くために、

女性にアピールをするために、

良かれと思ってやってらっしゃることだからです。

 

しかし、それゆえなのです。

 

実は上記のような方法は、
「社内」の女性に対しての
「正しいアプローチ」ではないのです。

 

つまり、女性への「アピール」の方法が
間違っているからこそ、

女性は、あなたを拒否してしまうのです。

 

ここが社内恋愛の難しいところ。

悲しいところです。

 

しかし。

 

しかしです。

 

逆に言えば、この女性の感じる

「リスク」さえ、

消し去ってあげれれば、

察知させなければ、

 

社内は

女性と会話する機会が多く、

接する機会も多く、

誘う機会も多いのです。

 

つまり、

会社は、気になる女性を口説くための
最高の環境と言えるのです。

 

私もこれまで何度となく、職場の女性と
楽しい夜を過ごさせていただきました。

 

なぜか?

 

なぜ、私のようなゴミ人間が、
社内の女性をパックンチョできているのか。

 

実は、そのための「秘密の方法」については、
こちらの記事で解説をしている武器によって、
手に入れました。

 

我々男性にとって、社会人として
生きる時間は、とても長いもの。

そして、毎年可愛い新人ちゃんが
入社してくるという嬉しくも悲しい事実。

 

是非、早い段階で、社内恋愛に
勝利する方法を身につけていただき、
社内の魅力的な女性を総なめに、

いや、総ナメナメしちゃってください。

 

きよぺーでした。