きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、あなたは、職場や学校で
気になる女性に

「早い段階で」

アプローチをしていますか。

 

と、いうのも、気になる女性が
できても、

「どうやってアプローチしていこうかな」

なんて、考えて、悩んで、
で、気がついたら年度末。

 

異動します。

退職します。

結婚します。

 

などなど、悲しいイベント発生で、
アプローチする前に、
アプローチ終了なんてことありませんか?

数年前までの私がそうでした。

 

「あっ、あの子いいなああああ!」

なんて、思ってはいるものの、
なんのアプローチもせず、
声かけもせず、

で、気がついたら、結婚してました。
妊娠しました、などなど。

 

遅いんですよね、行動が!

 

 

実は、このような状況になる
原因があります。

 

それは、

アプローチの全体像が見えないから。

 

「声かけをしても、その先どうやってアプローチしていけばいいんだ?」

こんな不安が頭をよぎり、

声かけが億劫になったり、
めんどくさくなったり。

 

あなたにもありませんか?

処理方法がわからずに途方にくれ、
とりあえず机の端にどけてある業務。

やろうやろうと思っていても、
手がつけられないもの。

 

そうなんです。

人間って、解決方法がわからないと、
見えないと、動けないんですよね。

先が見通せないと、途端に、
めんどくさくなる、だるくなる。

 

女性へのアプローチなんて、
まさにそうです。

 

声かけしても、その先、

「どのようにアプローチすればいいのか?」

「いつサシ飲みに誘うのか?」

なんていろいろ考えていたら、

「まあ、後でいいか」

と、後回しにしてしまう。

 

で、何もできないまま会えなくなる。

これが現状。

 

 

でも、しかし、

声かけ前から、口説きの全体像が
見えていることの方が少ないです。

私も見えてないです。

 

私が持ってるのは、

サシ飲みに誘う方法

ホテルに誘導する方法

など、単発のスキルを
いくつか持っている程度。

 

口説きが全てわかっている
わけではないんです。

 

それでも、アプローチします。

それでも、大丈夫なんです。

なぜなら、その女性との関係性は、
二人で作っていくものだから。

 

例えば、職場の気になる女性に、
声かけをして、

思いのほか会話が盛り上がり、
そのまま飲みに誘えることもありますし、

全く口説きの隙が見つからず、
アプローチを断念することもあります。

 

そうなんです。

声かけから先、どうなるかなんて、
わからないんですよ。

 

あと、その女性がどんなタイプか
という以前に、

声かけした時に、その女性が

機嫌が良かった、悪かった

生理だった、鬱だった

いいことがあった、などなど、

瞬間的、刹那的な要因もあり、

声かけ前に、アプローチ全体を
把握することなんて不可能なんです。

 

なので、

「ああ、あの子、どんなタイプかなあ?」

なんて、不安に思ってるくらいなら、
声かけしちゃいましょうよ。

 

そしたら、意外に趣味が合い、
性格が合い、出身地が合い、

また、以前からお話ししたかったと
言われたり、などなど、

思いのほか、良い方向に、
流れていくことも多いです。

 

もちろん、そんなにいい事
ばかりではありませんが、

だからこそ、

複数人の女性に同時進行で
アプローチをすることが重要なのです。

 

そうすることで、中には、
アプローチが良い方向に
進む子が出てきます。

そしたら、その子に集中します。

 

私はこれを「撒き餌法」と
呼んでいますが、

小さな成功体験を積み上げるためには、
非常に有効な方法です。

こちらの記事で解説しておりますので、
興味があったら、どうぞ。

 

きよぺーでした。