魔法の言葉

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、女性を口説き慣れていない方は、
なにかと、

「魔法の言葉」

を求めがちです。

 

もちろん、私自信もそうでしたが、

「何か、一言で女性を口説き落とせるセリフがあるはず」

と、躍起になりました。

 

で、探し当てた魔法の言葉とやらを発動し、
一撃死。

 

過去の私の中でのワーストセリフは、

「君は僕のチェリーブロッサムだね」

です。

 

いやあ、一撃死ですね。

やばすぎます。

どんな状況下においても、
絶対に効果を発揮することでしょう。

 

まあ、これは、極端に酷い例ですが、
同じような気持ちにいる方も
多くいらっしゃるかと思います。

 

 

正しい口説きの流れを知ろう

「自分がモテないのは、効果的な言葉を知らないだけ」

そう信じきっている。

 

確かに正しい部分もあります。

 

確かに知らないのでしょう。

 

でも、それは、

「魔法の言葉」を知らないのではなく、

「正しい口説き方」を知らないのです。

 

女性を口説けない、

女性にモテないと嘆いている方は、

女性を口説く「流れ」を理解していません。

 

むしろ、間違った流れに洗脳されています。

 

その間違った流れとは、

「デートする」

→「告白する」

→ 「付き合う」

→ 「キスする」

→ 「セックスする」

という流れです。

 

この流れを見て、疑問がわかない方は、
これまでの人生において、

ご家族に、社会に、その他の誰かに、
間違った認識を刷り込まれています。

 

これは、正しい口説きの流れではありません。

 

確かに、これで上手くいくケースもあります。

 

しかし、それは、

女性側が

「こちらに好意や興味を持っている」

という条件が必要です。

 

当然のことながら、女性を口説く際に、
女性側から行為や興味を持ってもらっている

いわば「イージーモード」なことなんて
ほとんどありません。

 

さらには、当サイトの読者様に至っては、
後腐れのないセックスをしようという、
札付きの「悪い」男性ばかりのはず(笑)

となれば、後腐れのないセックスを
楽しむための流れを知る必要があります。

 

その流れとは、以下のようなものです。

 

「職場や学校などでの声かけ」

→ 「サシ飲みに誘う」

→ 「サシ飲みをする」

→ 「キス・ホテルに誘導」

 

これが正しい口説きの流れです。

 

 

告白は抱いた後にすればいい

で、付き合いたければ、抱いた後で
告白でもなんでもすればよいのです。

 

そう!

告白は後です!

 

でもって、

ワンナイトラブには告白は不要です!

 

関係性を曖昧にしているからこそ、
口説きが成功するのです。

 

デート!

 

告白!

 

などと、大看板を立てられると
女性は引きます。

 

ライトに、気軽るに誘い、口説く。

だからこそ、女性は、
心地良さを感じ、楽しさを感じるのです。

 

正しいサシ飲みへの誘い方

 

で、気がついたら、

「ちょっといいかな」

って思い始めるのです。

 

女性を口説くのには、
魔法の言葉はありません。

是非、正しい口説きの流れを身につけ、
実践してみてください。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内