ザイオンス効果

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、世の中には恋愛心理テクニック
なるものがあります。

 

同じ動きをすればモテる
ミラーリング

ドキドキを恋のドキドキだと思わせる
吊り橋効果

 

など。

超適当ですが、こんなものがあります。

 

あなたも一回は聞いたことがあると思います。

 

その中でも、なかなか罪深い
心理テクニックがあります。

それが、今回お話する

「ザイオンス効果」

ってやつです。

 

 

ザイオンス効果とは?

さて、このザイオンス効果なのですが、

アメリカの社会心理学者の
ロバート・ボレスワフ・ザイアンスさん
が提唱したもので、

単純接触効果とも呼ばれています。

 

で、これが恋愛界においては、

「会えば会うほど、好きになってもらえる」

「なので、接触回数を増やしましょう」

という、いわゆるモテテクニックの
一つとして、知られています。

 

これを知った方の中には、

「なるへそ! 会えば会うほど仲良くなれるんだー!」

と、興奮し、そして積極的に
会う、飲むを繰り返し、

 

そして、

憤死している方が多数おられます。

 

ザイオンス効果。

そう単純ではありません。

 

ザイオンス効果って、モテたい男性に
とっては非常に魅力的なんですよね。

だった、単純に会うだけで
モテるってんですから。

 

難しく考える必要なんてありません。

会いまくればいいだけなんですから。

 

でも、

そう単純ではありません。

 

例えば、こんな経験ありませんか?

 

アルバイトなどで、気になる女性ができた。

出会ってから1年ほどが経ち、
多少は会話できるようになってきた。

しかしながら、入ってきたばかりの
新人アルバイト君が、あっという間に、
自分よりも、この女性と仲良くなり、
一緒に飲みに行く関係になってしまった。

 

悲しいですね。

もっと悲しい例えですと、

 

職場で自分の部下の女性を
口説きたいと思っている。

で、何度も飲みに誘って、
実際にサシ飲みに行っている。

でも、全く口説ける気配がない。

 

そんな中、最近この部下が他の男性と
飲みに行ったらしい。

そこで、自分にしょっちゅう誘われて
鬱陶しいと愚痴を言っていたそう。

 

悲しいですね。

でも、こんなこと多いです。

 

「あれえええ? 会えば会うほど好かれるじゃねーのかよー!」

「結局、ザイオンス効果って何なんだあ!?」

 

わかりました。

それでは、今回は、
このザイオンス効果について
考えてみたいと思います。

 

最初に申し上げておくと、
私はザイオンス効果をディスるつもりは、
1ミクロンもありません。

また、ザイオンスさんは、
単純接触効果以外にも、
多くの主題を提唱されており、
非常に興味深いものばかりです。

今回は、あくまで、女性を口説く上での
注意点として、読んでいただければと思います。

 

 

ザイオンス効果検証1 あなたの接触はプラス?マイナス?

まず、ザイオンス効果を考える上で、
最も重要な部分をお話しします。

それは、接触によって、発生する
あなたとの距離感・好感度などは、

そもそも、あなたの接触のポイントが、
プラスなのかマイナスなのかで
決まるということです。

 

例えば、あなたの声かけが、
その女性にとって、

「マイナス1ポイント」

なのであれば、声をかければかけるほど、
マイナスが積み上がることになります。

 

10回話かければ、マイナス10点
というわけです。

つまり、接触するたびに、
好感度が下がっていくのです。

 

逆に、あなたの声かけが

「プラス1ポイント」

なのであれば、声をかければかけるほど、
プラスが積み上がることになります。

 

10回話かければ、プラス10点
ということになり、

つまり、接触するたびに、
好感度が上がっていきます。

 

これこそが、本来、期待すべき
ザイオンス効果ですね。

 

そう。

あなたの接触がプラスなのかマイナスなのか。

全てはここにかかっているんです。

 

 

ザイオンス効果検証2 切れ味が重要

そして、もちろん、

こちらの声かけが非常に魅力的であったなら。

 

1回の声かけが100点なら、
数回声かけしただけで、もう

「この人、面白いな。飲みにいきたいな」

って、思ってもらえるわけです。

 

先ほどのアルバイトでの例えで行くと、

こちらの接触ポイントが
マイナスではないにせよ、

例えば1点くらいである場合。

 

新人アルバイト君の接触ポイントが
100点であれば、あっという間に
出し抜かれてしまうのもうなずけます。

 

そう。

一回あたりのポイントが
非常に重要になるのです。

 

1点を積み重ねていっても、途中で
100点の男の出現によって、

相対的に瞬殺されてしまうわけです。

 

つまり、1回あたりの接触の

「切れ味」

が非常に重要になると言うこと。

 

単純に、

「接触回数を多くすればいいんだなあ!」

って思っていると、自分の声かけや
トークを工夫しようとしません。

 

つまり、

口説きの「刃」を研ごうとしないのです。

 

 

ザイオンス効果検証3 鮮度低下

さて、この刃ですが、実はずっと
1ポイントを維持するわけではありません。

刃こぼれします。

 

なので、実際は、何も考えずに、
接触を繰り返していると、

1ポイントどころか、0ポイント。

気づけば、あなたの接触が
マイナスポイントになっていることも
ありえます。

 

何度も飲みに行っているのに、
全く口説けそうにない。

それどころか、最初のうちは、
手がつなげたり、キスができたりしたのに、

最近では、飲みに誘うのも一苦労。

こんな方も多くいらっしゃるはず。

 

これは、つまり、

あなたの接触のポイントが
徐々に下がっているということ。

 

刃こぼれしているんですね。

 

私は当サイトでよく、

「鮮度が大事ですよ」

と、申し上げているのですが、
それは、このあたりにつながっていきます。

 

刃を研ぐのは、容易ではありません。

一般的には刃こぼれ必至なのですね。

 

よって、切れ味が鋭いうちに、
誘い、口説いてしまうことが重要なのです。

 

私の接触ポイントが、あなたにとって
マイナスでないことを願います。

きよぺー

 

きよぺーからのご案内