卑屈禁止

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、結構多くの男性が
やってしまっていること。

卑屈

これについて、お話したいと思います。

 

卑屈って超非モテ

女性にアプローチをしていると、

女性を口説いていると、

やっぱりうまくいかないことも多いです。

 

誘ったのに、はぐらかされた。

一緒にいても、楽しそうじゃない。

LINEは既読のままスルー。

 

「うわああああああああああああああああああああ、くそがああああああああああああああ!!!!!!!」

 

って、なるかもしれません。

 

いや、なりますよ。

 

だって、こっちは、

 

一生懸命頑張って、

心を砕いて、

砕きまくって、

勇気を出して、

女性に声をかけて、

優しくして、

ついに誘って、

で、断られるんですから。

 

でもですね。

そんなのは当たり前なんです。

 

こちらの記事でお話ししているように、

女性は拒否するのが仕事、男性は誘うのが仕事

 

男性は誘うのが仕事。

そして、

女性は断るのが仕事です。

 

やっていることが違うんです。

 

だから、

相互に、自分のやるべきことを
やっているだけなんです。

 

真面目にやってるんです。

 

で、このような中、
絶対にやってはいけないことがあります。

 

それが、

卑屈

です。

 

これをや っちゃあ、おしまいだよ、
のび太くん。

 

いいですか?

 

女性から断られたり、

女性へのアプローチが
上手くいかなくなっても、

卑屈にはならないでください。

 

これをやっちゃあ、おしまいだぞ、
のび太きゅん。

 

「きよぺー、てめー、卑屈卑屈って、うるせーんだよ!」

「ちっとも具体的じゃねーから、何もイメージわかねーよ!」

 

すいません、ジャイアン。

 

卑屈ってのはですね、
以下のようなものです。

 

(卑屈1)

他の男とは楽しそうに話すのに、
自分とは会話が盛り上がらない状況で、

「まあ、俺なんて、トークつまんないから」

なんて言ってしまう。

 

(卑屈2)

女性を飲みに誘って、断られてしまった状況で、

「わかってるって。俺と飲みに行きたくないんでしょ」

なんて言ってしまう。

 

(卑屈3) 

ホテル誘導に失敗して、

「やっぱ、イケメンじゃないとダメだよねー」

なんて言ってしまう。

 

これらです。

 

どうですか?

やってませんか?

 

これらを言っちゃうと、

…終わりです。

 

絶対に、この先、その女性を
口説くことはできません。

 

女性からすると、

「は? 私はただ断っただけなのに、何?」

「私が悪いわけ?」

「超キモイんですけど!」

「超小物!」

「ないわー、生理的に無理」

このくらいのことは思われてますよ。

 

卑屈は自分を守る手段

じゃあですね。

どうして、こんなこと、

卑屈なことを言ってしまうのか?

 

それは、自分を守るためです。

 

相手から拒否をされた、その理由を、
相手から言われたくない。

相手に言われるくらいなら、
自分から言ってしまおう。

 

他人から、殴られるよりも
自分で自分を殴った方が、
ダメージが少ない。

これが卑屈のメカニズムです。

つまり、

超かっこ悪いことなのです!

 

だめです!

卑屈にならないでください!

 

間違ってます!

卑屈になっている方は、
間違っているのです!

 

男として、気になっている
抱きたい女性に声をかける。

やりたい女性を飲みに誘う。

これって、かっこ悪いことですか?

 

いやいや、違います。

超かっこいいことです。

 

だって、女性を金で買うわけではないんですよ。

 

無です。

 

あなたという存在そのものだけで、

自分というコンテンツだけで、

その女性の時間を奪おうとする。

その女性の身体を得ようとする。

 

ハンターじゃないですか!

ハンターハンターですよ!

超旅団です!

 

これって、男でしょ?

 

「飲みに行こうぜ」

「セックスしようぜ」

 

言い方は違えど、魅力的な女性を
抱くために、堂々と誘う、口説く。

男らしいですよ。

 

こんなかっこいいことはないです。

 

だから、卑屈になる必要がないんです。

 

女性から断られたら、
別の女性に切り替えればいいじゃないですか。

 

あるいは、自分の魅力を向上させて、
再度、アプローチすればいいじゃないですか。

 

ただ、それだけ。

ただ、それだけのことなのです。

 

猟師が、空飛ぶ鳥に、銃を撃つ。

これがアプローチです。

 

普通に玉が外れることもありますよね。

 

卑屈な男性は、これをもってして、

「俺はダメだよねえ、鳥さん」

って、言ってるようなものです。

 

そんな猟師がいますか?

 

いいんですよ。

外したら、他の鳥を狙えば。

 

それか、もう一発撃てばいいんです。

腕を上げて、再度撃てばいいんです。

 

だんだんと、当たる確率も
上がってくるってもんです。

 

いいですか?

 

他の男は、そんなに積極的に、
女性を口説いていません。

女性も、そんなに積極的に
男性に口説かれていません。

 

だからこそ、

堂々と、女性を口説ける

堂々と、女性を誘える

あなたは、かっこいいんです。

 

女性を飲みに誘って、
あまりいい感じにならなければ、

「ざんねーん、他の女に行こう」

「他の女を抱いた後で、また誘ってみよう」

「俺、イケてるな。超メンタルつえー」

これでいいんですよ。

 

女性にアプロ―チしている、
あなたはかっこいいです。

 

誘いましょう。

 

そのうち、成功のスパイラルに
入ります。

 

そうなったら、卑屈になっていた
自分を馬鹿らしく思いますよ。

 

「何だったんだ、俺?」

「だからモテなかったんだろうな」

って。

 

「俺なんて、トークつまんないから」

「わかってる。俺と飲みに行きたくないんでしょ」

「やっぱ、イケメンじゃないとダメだよねー」

 

こんな非モテな奴とはおさらばです。

 

きよぺー

 

きよぺーからのご案内