忙しいから誘う

 

きよぺーです。

 

あいつよりもてるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

こんなメールをいただきました。

「職場で狙っていた女性が転職してしまいました。ラインだけは交換していたのが幸いです。まず、どのような文章を送れば良いでしょうか?」

 

こんなメールをいただいたこともあります。

「バイト先の女子に彼氏が出来そうです。休憩室では仲良く喋れただけに悔しいです。別れるまで待つべきでしょうか」

 

こんなメールも。

「同じ係の後輩が気になってしょうがありません。普通に話はできるのですが、なかなか誘うことができません。何か良い方法はあるのでしょうか‘

 

うんうん。

 

うぎぎぎぎぎぎぎぎぎ…

 

ぎゃああああああああ!!!!!!

 

 

…ごほん。

すいません。

発狂してしまいました。

 

いや、誤解をしてほしくないのですが、
これらのお悩み。

よくあることです。

 

もちろん、私もそうでしたし。

 

でもですね。

 

気になる女性がいて、

時間が過ぎていき、

気がついたら、ハードモードに突入。

 

こんな方って多いです。

 

いや、

多すぎます。

 

 

ご相談のメールの返信では、
こんなことは書けないので、

ここで言わせてもらいますが、

 

あの時、行けなかったのに、

この先、行けるんですか?

 

あの時、誘えなかったのに、

この先、誘えるのですか?

 

ハッキリ言いましょう。

 

たぶん、無理です。

 

あの時、動けなかった方は、
この先も、動けないでしょう。

 

 

想像してください。

 

気になる女性を目の前にして、
話しかけることができなかったあなた。

 

気になる女性を目の前にして、
誘うことができなかったあなた。

 

女性へのアプローチは、
脳内で処理するものではありません。

リアルに目の前で起こることです。

 

あなたの目の前には、

 

あの時と同じように、

リアルにその女性がいるのです。

 

リアルなその女性を目の前にして、

 

動けず、

口が開けず、

何も出来なかった。

 

じゃあ、

 

この先も、

未来も、

 

やっぱり動けません。

 

そうなんです。

 

動けないんです。

 

だって、あなたは、

大人になってしまったから。

 

大人は変わらない。

 

大人は変われないんです。

 

 

じゃあ、子供は?

 

子供は変われます。

 

子供は変われるんです。

 

 

初めて自転車にまたがった時、

何度も何度も転んで、

泣きながら、

怪我をしながら、

さらに何度も何度も転んで、

ようやく自転車に乗れるようになります。

 

これが変わるってことです。

 

職場や学校や、バイト先で、

気になる女性がいた。

 

その時に、

 

初めて自転車に挑戦したときの、

あれほどの勇気があれば、

きっと、誘えましたよ。

 

それが、成功するか、失敗するか、
そんなものは問題ではないのです。

 

勇気を出して、

気になる女性に

 

声をかける。

 

飲みに誘う。

 

それが大事なんです。

 

それが、とんでもなく素敵なんです。

 

 

気になる女性がいて、

声がかけられなかった。

誘うことができなかった。

 

そんな時、

あなたは、自分に、

どんな言い訳をしたんですか?

 

「なんか忙しそうだな」

「周りに人がいるしな」

「そういえばメンクイだったな」

「よく見れば、そんなに可愛くないな」

「彼女にバレたら大変だ」

「会社にバレたら、面倒臭いな」

「これってセクハラじゃね?」

「今日は体調が悪いし」

「あいつの飲みにいくっぽいな」

「雇用形態が自分と違うし」

「最近、金欠で」

「仕事の進捗がイマイチだしなあ」

「こんな時間じゃ無理かな」

「天候が良くないからやめとくか」

「スーツがよれよれだ」

「明日大会だし、無理したらだめだな」

「出張中はまずいでしょ」

「筋肉痛だぜ」

「昨日オナニーしちゃったし」

「朝の占いが最悪だったなあ」

「きよぺーの誘い方忘れた」

 

うう

 

ううううう

 

うぎゃああああああああ!!!!!!

 

 

何百種類言い訳を持ってるんですか?

 

言い訳の泉ですか?

そんだけクリエイティブに言い訳が
思いつくなら、

女性とのトークなんて、簡単です。

 

 

ちっと、

残酷なことを申し上げると、

 

普通に生きていれば、

今が一番モテるんです!

 

だって、若いんだから。

 

今が、あなたの人生で、最も若いんです。

 

今が、あなたの人生で、最も積極的になれるんです。

 

今、行けないなら、

この先も行けません。

 

行ける道理がありません。

 

覆水盆に返らず。

 

動かないと、

 

イージーモードがノーマルモードになり、

 

ノーマルモードがハードモードになり、

 

ハードモードになって、
もうめちゃくちゃに難易度が上がった頃に、

 

ようやく、

さて、アプローチしてみるか。

 

ああ、でも、こんな難しい状況じゃ、
無理だなあ。

 

って、諦める。

 

諦める理由を得る。

 

またここでも、言い訳です。

 

 

 

ちょっと、聞きますが、

女性にチャラチャラと
アプローチする男性って、

かっこ悪いですか?

 

情けないですか?

 

どうですか?

 

悩みますか?

 

嘘でしょ!

 

かっこいいに決まってますよ!!!

 

彼氏になるわけでもなく、

結婚をするわけでもない。

 

経済力や、

家庭力なんて、

まったく関係ない。

 

己の男としても魅力。

それのみで女性を口説く。

ワンナイトラブを成功させる。

 

そのために、

気になる女性に、

声をかけ、

笑いをとり、

勇気を出して、

飲みに誘い、

そして、断られる。

 

これって、かっこ悪いですか?

 

 

そんなことはない。

超かっこいいです。

 

 

 

もし、

あり得ないですが、

 

世界中の、

人類全てが、

 

女性にアプローチして、フラれたあなたを

かっこ悪いって言っても、

かっこ悪いって思っても、

 

私だけは、

女性にアプローチして、

見事にフラれたあなたを

カッコいいと言いましょう。

 

最高だと拍手を送りましょう。

 

 

もし、今、

あなたが、気になる女性に、

アプローチをすれば、

 

さまざまな女性に、

アプローチを続ければ、

 

あなたの経験値は上がっていき、

 

どんどん成長していき、

 

数ヶ月後には、

 

数年後には、

 

生まれ変わったあなたになっているハズ。

 

 

私だけの経験値で申し訳ありませんが、

 

40歳寸前になった今、

まったく動じることはありません。

 

20代の女性に、

平然とアプローチします。

 

しかして、

 

別にディスるつもりはさらさらないですが、

 

女性を求めるのを辞めてしまった
私と同じ世代の男性。

もうまったく別物です。

 

今のままじゃ、

 

女性を手に入れられる可能性は、

 

ゼロっす。

 

勉強しないで、

大学受験するようなもんす。

 

無理っす。

 

でも、

今この瞬間、

動ければ、

 

「あっ、○○ちゃんだ!」

 

この瞬間に、

足を動かし、歩を進め、

 

手が震えてもいい。

声が震えてもいい。

 

「○○さん」

 

名前が呼べればいい。

 

それさえできれば、

 

そのような経験を積み重ねれば、

 

数ヶ月後、

数年後、

 

あなたは今とは比べものにならない、

ちょう楽しい人生を送っているハズ。

 

そう。

 

楽しいんです。

 

 

数年前まで、

 

気になる女性を、

飲みに誘うのに、

 

苦しみ、

悶絶し、

 

心の中で絶叫し、

 

結局動けなかった私ですが、

 

今や、

女性を飲みに誘うのみ、

迷いはありません。

 

だって、

誘い事態も楽しいですから、

 

「○○さん」

「最近寒いね」

「かき氷食べに行こうか?」

「まじ、忙しいの?」

「凍ったよ、俺」

 

断られてもこんな感じです。

 

ただのユニークトークです。

 

 

女性が苦手で、

女性に話しかけることに慣れてない方が、

 

このような状態になるまでには、

たしかに、時間が必要でしょう。

 

 

でも、

大学生時代に、コンビニで買い物も
出来なかった私が、

魔法が使えるくらいまで、
童貞だった私が、

 

「○○さん」

「コーヒー好きなんだ」

「じゃあ、めちゃ不味いコーヒー飲みに行く?」

 

このようなトークができるようになりました。

 

だから、

きっとあなただって大丈夫。

 

とにかく。

動きましょう。

 

「正しい声かけがわからない」

「上手なトークができない」

 

いいんですよ。

 

私のサイトに書いてある、
誘い方、口説き方を覚えるより、

 

何でもいいんで、

女性に話しかける。

女性を誘ってみる。

 

調べるより、

勉強するより、

 

実戦した方が、

飛び込んだ方が、

数百倍成長が早いです。

 

 

あなたの人生は、
あなたのもの。

あなたがどんな人生を歩むかは、
今のあなた次第。

 

もう一度いいます。

 

「今の」あなた次第です。

 

おつでした。

 

きよぺー

 

きよぺーからのご案内