ワンナイトラブ翌日ってどんな感じ?

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

突然ですが、

 

「ワンナイトラブ!」

成功していますか?

 

彼女でも奥さんでもない女性と
一夜を過ごすという、
魅惑の時間。

非常に、充実して、
濃密な時間。

男性として生まれたからには、
経験しないなんてあり得ない。

至高の時間。

やめられません。

しかし、最近、
さらなる高みにたどりつきました。

 

 

ワンナイトラブ翌日の女性の反応を楽しむ

それは、ワンナイトラブの次の日。

まだ、慣れていない内は、

「うわー、抱いちゃったけど、明日以降、どの面下げて会えばいいんだー」

「恥ずかしー」

なんて緊張しておりましたが、
最近はそんなことは

「全く」

と言っていいほどなくなりました。

 

「いやー、 昨夜は楽しかったなあ」

なんて思いにあふれています。

 

以前の繊細で
壊れやすい私はどこへ?

経験が増えるごとに
感性が鈍化しているのでしょうか。

寂しさも感じます。

 

 

しかし、そんな私が
最近楽しんでいることがあります。

それは、ワンナイトラブ翌日の
「相手女性」の反応です。

 

我々も当然、
ワンナイトラブの次の日は、
緊張するものですが、
それは女性も同じ。

特に、彼氏以外には
抱かれたことのない、

ワンナイトラブ未経験な
女性の反応は非常に
興味深いものがあります。

 

普段は、天真爛漫な
明るいキャラな女性が、

おどおどし、
挙動不審な行動をとっていたり。

一見、平常に見えるが、
視点が定まっていなかったり。

必ず、普段とは違う点が
見つかるものです。

 

「ああ、俺とのセックスが、この女性の行動 を混乱させているのだ」

と思うと、ちょっと
嬉しかったりします(悪)

 

とはいえ、こちらが全く緊張感の
欠片もない状態というのでは、
女性に対して失礼にあたるかな、

と思い、

女性と目が合えば、
ちょっと苦笑いを含んだ軽い会釈、
みたいなことを演じたりします。

女性は男性から

「遊ばれる」

って状態を嫌がりますしね。

こんな私でも、
ちゃんと考えているわけです。

 

 

ワンナイトラブ翌日に修道女(シスター)化?

そんな中、今までで一番驚いたのは、
ワンナイトラブの次の日に、
まるで

「修道女(シスター)」

のような恰好で
現れた女性がいたことです。

 

結構胸の大きな女性で、
普段は、どちらかというと
その武器を周囲に知らしめるような
派手目な恰好をしていたのですが、

ある日、突然、
シスターで登場。

「俺とのセックスって懺悔の対象か!」

 

ざわめく周囲。
この時ばかりは焦りましたね。

何か、カミングアウトを
するつもりなのでは?

と。

 

しかし、次の日以降、
普通に戻りましたので、
一安心。

 

後日聞いたら、

「とんでもなく気まずくて、通常の思考状態ではなくなっていた」

と言っていました。

意外でした。

 

見た目が派手でも、
内面はわかんないものですね。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ