ガキのままでも量産型カッコつけマンでもモテないぞ!

 

きよぺー(@kiyopeecom)です。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

ガキのままでも量産型カッコつけマンでもモテないぞ!

ってお話しをさせていただきます。

 

元々、元来、

男性よりも女性の方が精神年齢が高い

と思っております。

 

学生時代からこの認識は
変わっておりません。

 

小学生男子のバカさ加減は、
言わずもがな、

中学生男子になると、
ちょっと小利口になった分、
バカに屁理屈が加わり、さらに悪化

高校生男子に至っては、
異性を意識するようになり、

女子に振り向いてもらおうと、
目立とうとして超鬱陶しくなります。

 

それでも、多くの男性が、
大学生時代くらいから、

「あれ、待てよ?」

「ガキのままじゃモテないんじゃないか?」

「そうだよ。周囲の童貞はみな、コミュ障か、ガキみたいな精神年齢低い奴らばかりだし」

「大人になろう」

と、自省し、

少しづつ大人になっていきます。

 

非常に良いことです。

 

しかし、この

大人になる

という判断ができないまま
20歳30歳を迎える方も多く
いらっしゃいます。

 

いい年して、

  • 調子乗り
  • 自慢
  • 自分語り
  • 悪口陰口
  • 仲良い奴とだけハイテンション
  • 下ネタ
  • 多動
  • ちゃんと座ってられない
  • 爪噛む
  • 店員に横柄
  • すぐ拗ねる

などなど

 

するとどうなるか?

大人になってもなおガキのままの男性は、

大人の女性から常軌を逸するくらい呆れられます。

 

特に、ワンナイトラブの場合
恋愛と違って、

  • 経済力による諦め
  • 自身の年齢による諦め
  • 結婚というイベント自体への憧れ

このようなありがたい加点項目がありません。

 

すなわち、目の前の男と
ワンナイトラブを致すかどうかは、

オスとしてのレベル

のみで判断されることになるのです。

 

そのため、ガキな男性は大幅な減点。

ワンナイトラブは絶対に成功しません。

 

で、ここまでは、論外な男の話。

 

先ほど申し上げたように、多くの男性は、
20歳を超えた辺りから、

大人になろうと必死になります。

 

そのため、多くの男性は、

「俺、クールだぜ」

「俺、仕事もスマートにこなすぜ」

「俺、会社に評価されてるぜ」

ってなマインドの、

量産型カッコつけマン

になってしまいます。

 

こここそが、差別化の鍵です。

 

ほとんどの男性が、
量産型カッコつけマンだからこそ、

「俺、童貞だからねー」

「凄い頭いいね。偏差値12の俺とは違うね」

「そんなこと言って、本当はあんましわかってないでしょ?」

なんて発言が出来る、

自虐余裕なユニークで自信溢れるちょいS

な男性が無限にモテるのです。

 

モテたいのであれば、

ガキのままでは絶対に無理で、
量産型カッコつけマンでも駄目です。

 

日々の修練を積み上げていき、

自虐余裕なユニークで自信溢れるちょいS

を目指して頑張ってください。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーTwitter

きよぺー(@kiyopeecom)です。フォローするだけでいつのまにか女子を落とせるようになってしまう高濃度なワンナイトツイートはこちらです。

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方23パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方23パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。