きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、突然ですが、

女性を褒めるって、難しいですよね。

 

ただ女性を褒めただけですと、

「あ、ありがとうございます」

と苦笑いされるだけ。

 

こんなもんです。

 

そう。

基本的には、褒められた女性は、
そんなに嬉しくないんです。

 

でも、これって、なんででしょうか?

普通、人間って褒められたら
嬉しいんじゃないのでしょうか?

 

少年少女時代、褒められたら
嬉しかったですよね。

いつの間に、こんな大人に
なってしまったのでしょうか。

 

そうなんです。

大人の女性を褒めるって難しいんです。

 

と、いうか、

正しく女性を褒めるのは、
技術が必要なのです。

 

そして、

正しく女性を褒められる男性は少ないため、

正しく女性を褒めることが出来れば
それだけで、

他の男性との差別化

モテ度アップ

セックス性交確率が爆増

なんてことにもなるのです・・・たぶん。

 

って、ことで、今回は、
正しく女性を褒める方法について
解説させていただきます。

 

女性は男性の嘘には敏感に反応する

実は、別の記事で、私は、

女性は嘘をつく

と言いました。

女性は超嘘をつく〜女性の発言を真に受ける男は絶対にモテない

 

逆に言うと、

女性は、嘘について非常に敏感

であり、

女性は男性よりも数倍数十倍、
真実を見抜く能力があると考えられます。

 

つまり、男性がつく嘘は
すぐに見抜かれます。

男性は、女性の嘘がわかりませんが、
女性は、男性の嘘がめちゃわかるのです。

 

もちろん、女性は同性である、
女性のついている嘘もわかります。

 

しかし、女性のつく嘘は、関係性を円滑に
するための嘘であることが多いので、
その嘘に乗っかることも多いのです。

 

何かを見て、

「これ可愛くない?」

「あー、まじ、超かわいー」

と。

 

内心は別として、女性は、
嘘を関係円滑化ツールであると、
認識しているので、

よほど醜悪極まりないものでない限りは、

「これ可愛くない?」

「あー、まじ、超かわいー」

でオッケーなんですね。

 

しかし、一方で、
女性は、男性の嘘には非常に敏感です。

 

男性が、

「これ、かわいーね」

なんて言おうものなら、

「ホントかなあ?」

って感じです。

 

さらに女性は、自身への褒め言葉
については、特に厳しいです。

 

安易に

「可愛いですね」

なんて言おうものなら、

「は? キモいんだよ!」

「嘘ぶっこいでんじゃねーよ!」

「殺すぞ、ゴミが!」

って感じです。

 

褒めて女性の気を引くどころか、
褒めて女性の殺気を引き出して
しまうわけです。

 

女性の正しい褒め方

では、褒め言葉に厳しい女性を
どのように褒めれば良いのでしょうか。

その方法は、2つしかありません。

 

正しい女性の褒め方1 女性が褒めて欲しいことを褒める

一つは、

女性が気づいて欲しいところに
気がつき、そこを褒めること

です。

 

女性が褒めて欲しいなって部分を
しっかりと見抜けないと、いけないのです。

 

例えば、女性が、あなたとのデートで、

  • いつもと違うメイクをしている
  • 普段着ない服を着ている
  • 初めてみるアクセサリーを付けている、

このような部分に気づき、褒める。

 

これが正しい褒め方なのです。

 

また、デートのみならず、
普段の会社などで、
女性が密かに頑張っていること。

 

例えば、

  • 朝早く出社して、机の上を拭いている
  • コピー用紙を補充している
  • デスク周りを整理整頓している
  • 効率的に仕事を終わらせることに注力している

など、密かに頑張っているところを
見抜いて褒めてあげる。

 

これは効果的です。

 

逆に、気づいてほしくない部分
について気づき、指摘してしまうと、

「何こいつ」

「気づくべきところに気づかず、気が付かなくていいところに気づきやがるなんて」

「殺すぞ、ゴミが」

です。

 

例えば、

  • 太ってきた
  • 顎の下がふくらんできた
  • 二の腕が分厚くなってきた
  • 鼻の下にニキビ

まあ、ここまでのデリカシーない方は
いないとおもいますが、

言いがちなのは、

「なんか、具合悪い?」

みたいなやつですね。

 

女性は輝いていない自分を
見られるのは嫌なもの。

 

なので、何か気になる点があっても、
気が付かないふりをしてあげましょう。

 

正しい女性の褒め方2 格が上であること

正しい女性の褒め方の二つ目は…

「え?」

と思われるかもしれませんが、
真実なので、お話ししましょう。

 

それは、

女性よりも格が上であることです。

 

ぶっちゃけ女性よりも格が上であれば、
どんなに些細な褒めであっても、
女性が心底喜びます。

 

例えば、ある女性が髪を切ったとしましょう。

 

その髪型について、

格上男性から褒められれば、

「嬉しい、切って良かった!」

と喜びますし、

逆に、格下男から褒められても、

「…はあ、こんな奴に褒められても嬉しくもなんともねーや」

って感じなのです。

 

褒める言葉ではないんです。

誰が褒めるかが重要なのです。

 

たまに、しょっちゅう褒める男から
褒められても嬉しくない、という女性が
いますが、

わかっていません!

 

真実は、

しょっちゅう褒めてくるような男性は、
格下男になりやすいため、
そのような男に褒められても、嬉しくない。

 

これが正解です。

 

なので、しょっちゅう、いろんな女性を
褒めまくるようなチャラ男であっても、

その女性が、格が上であると認識している
男性であれば、

その男性から褒められたら嬉しいのです。

 

格については、こちらの記事で
詳しく解説しております。

モテる男性とは「格が上の男性」である

 

ここまでの内容をまとめると、

女性を正しく褒めるには、

女性にとって価値のある男になり、
女性の褒めて欲しいところを褒める。

 

これが最高なのです。

 

本当に褒め上手な男性は、
何も難しいことはしていません。

 

格を高く保っておき、
女性の褒めて欲しいポイントを褒める。

これだけです。

 

褒め方も凝っていません。

自然です。

 

当サイトでの何度も言及していますが、
格は本当に大切な概念なので、

是非、身につけていただきたいと思います。

 

きよぺーでした。