きよぺー(@kiyopeecom)です。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

職場の女性への声かけのセンス

について、センスのかけらもない
私から偉そうにお話しさせて
いただきます。

 

やっぱ、あるんですよね。
声かけのセンスって。

 

その声かけによって、
最初の一言によって、

相手女性が笑ってくれたり、
こちらに興味関心を抱いてくれる。

 

または、
こちらに飽き飽きし、軽蔑し、警戒し

なるべく関わらないように
心の距離を置かれる。

 

極端ですが、このくらいの差は出ます。

そんな話をば。

 

センスのない声かけ

基本的に、私は、職場を主戦場と
しておりますので、これまで、

数多くの女子社員にお声をかけさせて
いただきました。

 

そんな生活をしているため、一方で、

他の男性社員がどのように女性に
声かけをしているのかも観察しています。

 

そんな中で、

「こいつセンスないなああ!!」

「そんなんじゃ、ぜって〜エッチできないわ!!」

と叫び出してしまいそうなシーンも
よく見ます。

 

ある程度、トークで女性を
楽しませられるようになった
私の目からして、

「こいつダメだな」

と思ってしまうランキング1位は、

「そういえば」

です。

 

すれ違いざまとかに、
たった今、瞬間的に、刹那的に、

聞きたいことが出来たので、
声かけしました、的な。

 

そんなマインドから出た言葉が

「そういえば」

なんだと思います。

 

まあ、内容はたいていクソです。

 

「そういえば、あの仕事の件、どうなったっけ?」

「そういえば、みんなで飲もうって話、どうなったっけ?」

「そういえば、この前貸したゲームどうだった?」

みたいな。

 

もう、センスがなさ過ぎて、
ミルメークを吹き出しそうになります。

 

こんな弱チンポな声かけを
しているようでは、

まず間違いなく、女性を
落とすことは出来ません。

 

なぜか?

 

「そういえば」

って、めちゃくちゃ男らしくないんですよ。

 

本当は、話しかけたいのに、
それをストレートで伝えるのが怖くて、

なので、突発的に、話しかける用事が
出来た、的な。

意図せず、話しかけなければ
ならない、的な。

 

「俺のせいじゃない」

って感じなんですよね。

 

クソが!

女々しいぜ!

 

女性に声を掛けたいのであれば、
堂々と、

「俺は、お前に興味があるから話しかけるぜ」

を全面に出さなければなりません。

 

真正面からぶつかるからこそ、
女性の感情も動くってもんです。

私であれば、上記のように
仕事を理由にして
話しかけるなんてことはしませんし、

みんなで飲み会なんてことも
企画しませんし、

ゲームなんて貸しません。
キモい。

 

もし、仮に、上記のような
状況があったとしても、

話しかける時は、そんなネタを
使わずに、新たな気持ちで
話しかけましょう。

 

センスの良い職場の女性に声かけ

「セイセイセイ!」

「じゃあ、てめーは、どんな素敵な声かけをしてくれるんだいっ!」

なんてお怒りの方もいらっしゃるかと
思いますので、

私の考える、センスの良い声かけを
お伝えいたします。

 

やっぱしですね、
原理原則は、

「俺は、あなたに興味がある」

ってのが伝わらないといけないと
思うんですよ。

 

さっきのセンスのない声かけ達、

「そういえば、あの仕事の件、どうなったっけ?」

「そういえば、みんなで飲もうって話、どうなったっけ?」

「そういえば、この前貸したゲームどうだった?」

これらって、相手女性に興味がある
って感じではないですよね。

 

もちろん、内心では興味マックス
だとは思いますが。

 

なので、こんなこと言われても、
女性の心の中は、無風状態なわけです。

 

私であれば、以下のような感じで、
興味関心を伝えます。

「なんか、いつもと雰囲気が違う」

「なんか、いつも笑ってますね」

「もしかして、なんかいいことありました?」

こんな感じです。

 

もちろん、適当です。

 

しかし、これらをい言われた女性は、
少なからず、感情が揺さぶられます。

で、その後のトークによって、
女性からの興味関心も沸かせてしまいます。

例えば、以下のような感じで。

 

【センスの良い声かけ1】

「なんか、いつもと雰囲気が違う」

「え、そーですか?」

「そうそう。なんだろ?」

「この前、髪切ったからですかね?」

「あ、自分で?」

「違いますよ(笑)」

 

【センスの良い声かけ2】

「なんか、いつも笑ってますね」

「えー、そーですか?」

「そう。いつも笑顔だなーって思ってました」

「えー、私、そんな笑顔ですかね?」

「いや、今、よく見たら、そーでもなかったです」

「なんなんですか(笑)」

 

【センスの良い声かけ3】

「もしかして、なんかいいことありました?」

「えー、何にも無いですよ」

「本当に?」

「むしろ、嫌なことばかりです」

「あれ。それじゃ、お祓いした方がいいですよ」

「えー」

「僕、お祓いできるんですよ」

「えー、まじですか?」

「アルコール使うんですけどね」

「(笑)」

 

こんな感じで、声かけから
トークの流れを作ります。

具体例のとおり、そのまま
サシ飲みに誘えるような感じにも出来ます。

 

たぶん、職場の女性に声かけできる機会って
結構貴重だと思います。

なので、その貴重なチャンスを
有効に使っていただきたいと思います。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーTwitter

きよぺー(@kiyopeecom)です。フォローするだけでいつのまにか女子を落とせるようになってしまう高濃度なワンナイトツイートはこちらです。

『夜のオファー具体例集』爆誕

夜のオファー

きよぺーがどのようにしてホテル誘導を成功させているのか?

13万文字以上に及ぶきよぺーと女性との夜の攻防の記録と解説。

「20人分のアプローチ具体例と解説」に加え「10の夜のオファー基本ルール」「確認すべき重要度別OKサイン」も同時掲載。

 

もう、あんな悔しく惨めな思いをするのは終わりです!

魅力的なあの子と暖かく甘い朝を迎えましょう!

 

※「10の夜のオファー基本ルール」と一部アプローチは無料で見ていただけますので是非お楽しみください

『夜のオファー具体例集』はこちらで詳しく解説しております

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらで詳しく解説しております

 

『サシ飲みの誘い方具体例集』

『サシ飲みの誘い方具体例集(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方具体例集』はこちらからで詳しく解説しております

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらで詳しく解説しております