女性との会話が質問責めにならないように適度に「決めつけ表現」を入れよう

 

きよぺー(@kiyopeecom)です。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、女性との会話中に、
質問ばかりになってしまいがちな方のために

適度に決めつけ表現を入れよう

というお話しをさせていただきます。

 

これにより、質問責めのような形に
なることを防ぎ

と、同時に、こちらの格を高める
という効果もあります。

 

やり方は非常に簡単ですので、
ざっと読んでおいて、損はなかとです。

 

質問責め→尋問を避けよう

さて、女性との関係を深めるためには、
当然のことならが、楽しい会話を
してくることが必要です。

 

しかし、まだ、会って間もない
間柄であったり、

あなたが女性慣れしていないような場合、

どうしても、会話が質問ばかりに
なってしまいがちです。

 

こちらの記事でも解説しておりますが、

私は、男性側が質問ばかりするトークを
Q &Aトークと定義づけ、
会話の初期段階と見ています。

 

どうしても、最初のうちは、
質問が中心になってしまうのは
仕方のないことです。

 

しかし、質問ばかりですと、
どうしても、尋問のような形になってしまい、
女性が心地よくトークすることができません。

例えば、以下のようなトークです。

 

「そういえば、○○さんって、普段どんなお仕事されてるんですか?」

「私は、営業がメインですね」

「じゃあ、しょっちゅう外に出てるんですか?」

「はい、日中はほとんど外に出てますね」

「僕、営業部って行ったことないんですけど、何が一番大変ですか?」

「うーん、やっぱり、売り上げが出ないと、私がいる意味がないって思っちゃいますね」

「他には何かありますか?」

「(なんだか面接みたいだな)そーですねー…帰ってから事務仕事やんないといけないので、残業は絶対発生しちゃいますねー」

「事務ってどんなことやってるんですか?」

「(もう、こいつと話したくねーなー)まあ、普通です」

「普通って?」

「あの、すいませんけど、質問すれば何でも答えてくれると思ってません?」

「あ、え?」

「私、あなたのお母さんじゃないんですけど?」

「あ、ごめんなさい」

「お前は生まれてから何度、そのセリフを吐いた?」

「ざわ…」

「つまり…もう終わりだ!」

 

質問ばかりを防ぐために適度に決めつけを入れよう

さて、上記のように、質問ばかりになると
女性がウンザリしてきて、途中で
利根川さんのようになってしまいます。

 

「そんなこと言っても、気の利いたトークなんてできないんだよー」

とお思いの方もいらっしゃると思います。

 

そんな、トーク下手の方でも簡単に
使えるのが、今回お話しさせていただく、

決めつけ表現

というスキルです。

 

質問ではなく、決めつけるのです。

 

と、言われても、よくわからないと
思いますので、具体例をお示しいたします。

 

「そういえば、○○さんって、普段どんなお仕事されてるんですか?」

「私は、営業がメインですね」

「じゃあ、外回りが多いんだ」

「そーですね。日中はほとんど会社にいないですね」

「もしかして、一人で回ってるの?」

「今、3年目なんですけど、今年から一人で回るようになりました」

「じゃあ、スタバとか寄れるね」

「実は、寄りますね」

「でも、今は、スタバとかでも事務仕事出来るから、便利だよね」

「そうなんですよ。今、ノートパソコンとか小さいし、軽いじゃないですか」

「あおげるってCMやってるしね」

「やってる(笑)そう。昔はどうやって仕事してたのかなーって思っちゃう」

「やっぱ、昔は、マンモスとか追っかけてたんじゃない?」

「昔過ぎでしょ(笑)」

「じゃあ、山で芝刈りとか」

「私は、川で洗濯とか」

「でも、洗濯は彼氏に任せてるんでしょ?」

「一緒に住んでないし」

「ああ、呼び出して、洗濯させないの?」

「私、そんなに鬼に見えますか?」

「もしかして、まだ桃太郎の話したい?」

 

と、こんな感じで、質問ばかりになるのを
防ぐために、決めつけをいれることで、
尋問的な雰囲気を消すことができます。

 

でも、やってることは質問と同じです。

 

上記の会話例で言えば、

「じゃあ、外回りが多いんだ」

という決めつけは、

「じゃあ、外回りが多いんですか?」

と同じ意味です。

 

疑問形を断定形に変えただけです。

 

しかも、断定しているとは言え、
違えば違うで会話が膨らみますし、
使って損はない方法です。

 

また、会話途中で出した、

「でも、洗濯は彼氏に任せてるんでしょ?」

も決めつけ表現の一つです。

 

相手に彼氏がいるかどうかを
確認するときにも決めつけ表現は、
非常に効果的です。

 

彼氏がいるか確認する方法~恋人の有無を言いたくない女心

 

しかも、冒頭申し上げましたが、
決めつけというのは、使うことで
立場を高める効果もあります。

そのため、適度に決めつけを入れることで、
女性との関係形を高い状態で
いることができます。

 

女性との会話が面接官っぽくなってしまう方は、

決めつけ表現

是非、意識してみてください。

 

きよぺー

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

第1弾『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから

第2弾『サシ飲みの誘い方具体例集』

『サシ飲みの誘い方具体例集(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方具体例集』はこちらから

第3弾『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから

第4弾『夜のオファー具体例集』

夜のオファー

きよぺーがどのようにしてホテル誘導を成功させているのか?

13万文字以上に及ぶきよぺーと女性との夜の攻防の記録と解説。

「20人分のアプローチ具体例と解説」に加え「確認すべき重要度別OKサイン」も同時掲載。

もう、あんな悔しく惨めな思いをするのは終わりです!

魅力的なあの子と暖かく甘い朝を迎えましょう!

『夜のオファー具体例集』はこちらから

第5弾『恋バナ&夜のオファー会話具体例集』

恋バナ&夜のオファー会話具体例集

ホテル誘導を成功させるために必要な恋バナとは!?

サシ飲みでの恋バナからホテル誘導までの具体的会話例

約8万文字以上の大ボリュームで恋バナからのワンナイトラブを完全インストール

なぜ、あなたの夜のオファーは不発に終わったのか?

会話例と解説で成功体験を手に入れましょう!

『恋バナ&夜のオファー会話具体例集』はこちらから