女性がしゃべっているのか、女性をしゃべらせているのかの違いは大きい

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

女性がしゃべっているのか、女性をしゃべらせているのかの違いは大きい

って、お話をさせていただきます。

 

メールなどで、サシ飲みやデートにおいて
めっちゃ盛り上がったと報告を
いただくこともあります。

しかし、ワンナイトは成功しなかった、と。

 

確かに、サシ飲みにおいて、
女性が楽しそうにしゃべっている
ってのは、目指すべき状態の一つです。

しかし、女性がしゃべっているという
状況であっても、実は、2つのパターンが
あるのです。

 

そして、そのどちらの状態なのかによって
ワンナイトラブの成功率が変わってきます。

そんな話をば。

 

女性がしゃべっているのか、女性をしゃべらせているのか

さて、女性がしゃべっている状態の
パターンですが、以下の2種類あります。

 

  • 女性が自分のしゃべりたかったことをしゃべっているだけ
  • 女性がしゃべるつもりのなかったことをしゃべってしまっている

 

この二つ、

全然違います!

 

前者は、女性がただ自分の話したい内容を
あなたに気持ちよさそうに吐き出している
って感じですね。

愚痴や相談事などをするときは、
こちらのパターンになることが多いです。

と、いうか、ほとんどの場合は、
こっちのパターンになると思います。

 

と、申しますのも、もう一つのパターン

女性がしゃべるつもりのなかったことをしゃべってしまっている

は、男性側が意識的に、誘導しなければ
なし得ない状態だからです。

 

女性がしゃべるつもりのなかったことを
あなたに語り出す。

 

つまり、

相手女性の本音や本心を聞き出せているような状態

と言えます。

 

これって、別の言い方をすれば、

  • 女性があなたの支配下にある
  • 女性をあなたがコントロールできている

ということでもあります。

 

この状態になった女性は、無意識のうちに

「私は、特別な状態にある」

「私は、この人にコントロールされている」

と認識します。

 

つまり、

誘導がしやすい状態になっている

ってことです。

 

別に洗脳をしているわけではありませんが、
確実にワンナイトに近い状態に
仕上がっていると言えます。

そのため、サシ飲みやデート中に
是非、このような状態に持っていって
いただきたいのです。

 

女性がしゃべるつもりのなかったことをしゃべってしまっている状態にするには

では、女性をこのような状態に仕上げるには
どうすれば良いのでしょうか。

今回は、ざっくりとした方法を
お伝えさせていただきます。

 

ちなみになんとなく心理学者っぽい
雰囲気が漂ってしまうかもしれませんが、

私は無学なクソ野郎なので、
全く心理学など学んでいません。

 

あくまで、私が経験上に得た内容なので、

「アドラーと言ってることが違うじゃないか!」

と言われても困ります。

 

さて、それでは、

女性がしゃべるつもりのなかったことを
しゃべってしまっている状態にする
流れをご説明いたします。

 

それは、以下の3ステップです。

 

1   女性の本音を仮説立てる

2   仮説が答えとなるのような話の流れにする

3   女性が話し始めたらスマートに促す

 

それでは、それぞれについて
ご説明いたします。

 

1   女性の本音を仮説立てる

まず、大事なことは、

「女性の本音や本心がなんなのか?」

という仮説を立てるということです。

 

仮説とかいうと一気に数学Ⅱ・Bのような
雰囲気になってしまいますが、

難しく考える必要はなく、
例えば、

  • 彼氏に対して不信感を持っているのではないか?
  • もっと男性と遊びたいと考えているのではないか?
  • 真面目と思われているが実はポンコツであると自覚しているのではないか?

このように、普段のトークでは決して
表には出てこない女性の本音本心を
予測するのです。

 

これらは、ただ、自分の妄想で
考えるのではなく、

あくまで、女性とのトークの中から、
探し当てる必要があります。

 

例えば、トークの中で、

彼氏の話題を出すと、表情が曇ったり

男友達がいないという発言があったり

真面目と言われると反論してきたり

など、トーク中に、結構、
わかりやすいヒントが出てきます。

 

なので、このようなポイントを
押さえておきましょう。

 

2   仮説が答えとなるのような話の流れにする

さて、女性の本音本心について
仮説が立ったら、次は、

その仮説が答えとなるような話の流れに
持っていくという作業をします。

 

ここで重要なのは、仮説のヒントとなる
女性の発言があったとしても、

すぐには、この話題に話を持っていかない
ということです。

 

女性の本音本心についてヒントが出た後で
すぐにそれらしき話題に持っていって
しまうと、女性が警戒してしまうからです。

なので、女性からヒントが出たら、
いったん頭の中の一時保存ファイルに
入れておきましょう。

 

で、しばらくしてから、切り出します。

 

もちろん、何もないところからいきなり

「彼氏に対して、不信感もってるでしょー♪」

なんて言ったら馬鹿です。

 

なので、自然な形で、
例えば、彼氏への不信感が仮説なのであれば、

「なるほどねー、でも、それって彼氏さんはどー思ってたりするの?」

的に、それとなく話題に出していく
このことで、

「あいつは、そんなこと、全く気にもかけてないですよ」

などと、ほんのり女性の本音が漏れてくる。

そこから徐々に話を深めていくわけです。

 

3   女性が話し始めたらスマートに促す

さて、ここまできたら、後は、
女性の本音や本心の核心に迫っていきます。

と、いうより、

その仮説を表面化・顕在化させる

という感じです。

 

さきほどの彼氏への不信感を仮説立て、
どうもその仮説が正解であったとするならば

彼氏への不信感を吐露させ続ける
って状態にすることで、

女性自身に、この本音本心が、
はっきりと自覚するようになるのです。

 

例えば、彼氏への不信感についてであれば、

「なるほどねー、でも、それって彼氏さんはどー思ってたりするの?」

「あいつは、そんなこと、全く気にもかけてないですよ」

「いや、そんなことないんじゃない? 大事なことじゃん」

「いや、本当にそーゆーとこ使えないんですよ」

「うわ、結構、きつい言葉出たね」

「この前だって全部私がやったんですよ」

「えー、それは、ちょっとだね」

 

など、会話例は適当ですが、
あくまで、女性に語らせるために、
こちらは促しに徹する。

こーゆーことをしていくわけです。

 

このような作業によって、
女性は、無意識のうちに

「私は、特別な状態にある」

「私は、この人にコントロールされている」

と認識し始めるのです。

 

結果として、気がつくこともなく、
誘導されやすい状態に仕上がるというわけです。

 

 

ってなわけで、女性とサシ飲みに行くなど
する機会があれば、

  • 女性が自分のしゃべりたかったことをしゃべっているだけ
  • 女性がしゃべるつもりのなかったことをしゃべってしまっている

ってことをちょっと意識して
いただければなと思います。

 

きよぺー

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。